あなたは「いつまで」続けますか? 薄毛対策の意外な盲点とは。[PR]

  • 作成日:2017.02.14
  • 更新日:2017.09.28
Pick UP

近頃は、男性の薄毛の悩みを解決する為の「育毛剤」や「AGAクリニック」のテレビCMや交通広告などを良く目にするようになりました。

薄毛で悩んでいる方の中には、既に「育毛剤を使っている」「クリニックに通っている」方もいるのではないでしょうか??

その際に必然的に考えてしまうのはやはり『コスト』の部分。

今回はそんな「コスト面での意外な盲点」をピックアップします。

まず、一般的な育毛剤やAGA治療。その効果は?

育毛剤について

コスト面でもより手軽で、馴染み深い薄毛対策として育毛剤によるケアがあげられます。

こちらに関して、専門家はこのように述べています。

そうした大衆薬には、育毛に有効な生薬などの成分が入っていますが、認められたのがかなり昔のことなんです。さらには人間への臨床実験無しに認められてしまったため、実際効果のほどははっきりしていません。私からすると、髪の毛は復活しないという見方です。(医師)

■参考
日刊SPA ~【薄毛治療の真実】市販の薬に効果は無い!~
https://nikkan-spa.jp/976631

AGA治療(投薬治療)について

AGA治療薬といえば
プロペシア」「ミノキシジル」などが一般的です。

なんとなく、
「薬なんだから、これを飲めば髪が生えてくるのでは?」
というように考えてしまいがちですが、実はこれらの薬も、直接的な発毛効果があるわけではないようです。

プロペシアは『悪玉テストステロン』の働きを阻害し、ヘアサイクルを改善します。それに加え、『リアップ』(大正製薬)などに含まれている成分『ミノキシジル』の存在も大きいですね。ミノキシジルは髪の成長を促し、強く太くする効果が期待できます。プロペシアと併用すれば、ヘアサイクルを改善しながら髪を太くする治療が可能です」(医師)

■参考
JCASTニュース
http://www.j-cast.com/2015/11/30249301.html?p=all

このことを簡単にまとめると、現代の医療技術の中では、
髪が成長しにくくなる原因にアプローチするものの、髪そのものを生やす効果があるわけではない
ということになります。

さらに、薄毛改善を実感するまでには様々な薄毛治療クリニックのHPで確認してみると、半年前後は継続的な投薬が必要と書いてあります。また、薬のメカニズム上、実際に薄毛を改善できたとしても、投薬をやめることで、症状が再発する可能性もあると考えられます。

結局、AGA治療や育毛剤は薄毛に対する「対症療法」でしかなく、
「継続的」にコストがかかってくることになります。

『自毛植毛手術』という手も。

今度は植毛手術について考えてみようと思います。
まずは、その特徴を簡単にまとめてみました。

■メリット

  • 確実性が高い(特にヘアサイクルが終わっている生え際などに向いている)

■デメリット

  • 費用が高額
  • 仕上がりは医師の技術などにより左右される。

特に費用について調べてみると、
クリニックや植毛の種類・規模にもよりますが、

『2000クラフト移植した場合→平均約145万円
なお、「クラフト」とは、植毛を行う毛穴の単位です。1クラフトは1つの毛穴を指します。個人差もありますが、2000クラフトだとおおよそ手のひらサイズ程度の面積になります。

ちなみに、ミノキシジル・プロペシアなどの薬によるAGA治療を、1年間継続した場合、
費用は大体24万円前後(月2万円計算)になるようです。

植毛手術は外科的な手術になるので、
費用が高かったり、クリニック選びが難しかったりなど、
敷居が高い印象がありますね。

結局、コスパが良いのはどれ?

30272_1

さて、育毛剤・AGA治療・自毛植毛について、その特徴をみてきましたが、どの方法がコストパフォーマンス的に良いのでしょうか。

結論から言うと
絶対的な正解はないと考えています。

費用の安さだけで判断しがちな薄毛対策ですが、
実は、それぞれの対策の確実性などによっては、
トータルコストが高くなってしまうことも。

ここが意外な盲点です。

では、どのような基準で選べばいいのでしょうか?

それを知るためには、
「あなたがどうして薄毛を改善したいのか?」
「どれぐらい改善すれば満足できるのか?」

これらのことを、よく考えてみる必要があります。

どうして、薄毛を改善したいの?

30272_2

そもそも、どうして薄毛を改善しようと思ったのか、そのキッカケを考えたことはありますか?

「髪が薄いと老けてみえる」
「髪型が決まらなくてイヤだ」
など、外見的な問題から対策をする人も多いかもしれません。

しかし口コミを調べてみると、「薄毛の悩み」の、もう一つの側面がみえてきました。

  • 同年代の人もハゲてきたので、自分もあまり気にならなくなった
  • ハゲに悩み、パートナーが出来るか不安だったが、無事結婚をして子供もできた。

このような意見から、
薄毛の悩みは周囲の環境・ネガティブな思い込みなど、「メンタル面」からくる要素も大きいのではないかと思います。

そして、自分にとって「外見」「メンタル面」、どちらがより重大なのかによって、
ベストな選択も変わってきます。

外見的な問題が大きいのであれば、
継続する必要のあるやり方よりも、
自毛植毛をする方が、トータルの費用を抑えられるかもしれません。

一方、メンタル面の理由が大きい場合は、
具体的な対策の前に、
どうすれば薄毛が気にならなくなるのか、よく考えることが大切です。

薄毛の進行を抑えられれば良いのか、確実に毛量を増やせる方が良いのか。
はっきりと目標を定めてからの選択が、育毛にかかるコストの削減につながっていきます。

一人で悩むよりは、信頼できる専門家に相談

ただ、これらを一人で行うには限界もあると思います。

そこで、専門家に相談してみる、という方法を考えてみるのはどうでしょう?

知識のある人に的確なアドバイスをもらうことで、

「どこまで改善すれば薄毛卒業といえるのか?」
「そのために、どのような方法を、どれぐらい行えばいいのか」

これらのことを明確にしやすくなり、トータルの費用も把握しやすくなるメリットがあります。

信頼できる専門家を見つけ、二人三脚で薄毛と向き合うこと。
その上で、自分にとって最適なやり方を見つけること。

一見、コストとは関係なさそうなことですが、
実はとても深いつながりがあったのですね。

そこで、関東と関西それぞれで患者さんの満足度が高いクリニックをいくつか紹介していきたいと思います。

■関東圏にお住まいの方

●銀座総合美容クリニック(銀クリ)

関東圏でのおススメは『患者第一』で評判の『銀クリ』です。東京の新橋駅徒歩0分の好立地にクリニックを構えており、AGA専門クリニックならではの専門知識ときめ細やかな患者への対応が好評で、様々なメディアにも取り上げられています。

公式サイト

●池袋AGAクリニック

30272_4

患者に対して薬の治療だけでなく、心理学的なアプローチも得意としている病院です。診療日は週4日と少ないですが、患者さんの人気が高いクリニックです。

公式サイト

■関西にお住まいの方

●脇坂クリニック大阪
30272_5

スカルプDの開発に携わっているヘアメディカルグループの病院です。大阪駅から徒歩5分なので、アクセスも良好です。

公式サイト

●神戸中央クリニック
30272_6

内服薬治療やHARG治療など患者の状態に合わせて、多種多様な治療方法をそろえているクリニックです。

公式サイト

この記事を「いいね!」する