ひざから異音が…身体を鍛えて異音を克服!

  • 作成日:2014.09.11
  • 更新日:2015.07.27
健康

若い方でも運動をしていなければ当然身体は弱ってしまいます。身体が衰えるとちょっとしたアクシデントで大怪我につながったり、怪我ではなくとも違和感を感じることが多くなるかもしれません。なるべく継続的に運動をすることは心がけたいですね。
今回はもともと運動が得意ではなく、そのうえ普段の生活で身体に異変が起こり対処に困っている男性からの相談です。

20代男性からのご相談:「ひざの異音」

身体を鍛えたほうが良いというアドバイスをもらったが、どんな運動をしたらよいか分からず、相談してきたようです。

21歳の大学生です。以前、階段を上っている途中、ひざから「バキッ!」という音がしました。痛みはそれほどではなかったのですが、違和感があったので整形外科に行きました。
その時には、レントゲンでも異常はなく、痛みがなければ様子を見るように言われました。もともとあまり運動は得意でなく、「背が高いわりには筋肉があまり多くないので、身体を鍛えたほうがいい」とのことでした。 運動をしようにも、またひざが「バキッ!」といったらどうしよう…と思うと心配です。どんな運動をしたら良いのでしょうか。

ひざの異音を解消するための運動

運動してひざを鍛えれば、ひざの異音も解消されるでしょう。ただしいきなり負荷をかけるのは良くないため、負荷が小さい運動から始め徐々に負荷をかけていくほうが良いです。

ひざを支えるひざ周囲の筋肉強化を重点的にされたらいいのではないかと思いますが、ひざへの負担が心配ですよね。まずは、浮力で関節に負荷のかかりにくいプールエクササイズを始めてみられては如何でしょうか?(看護師)

水中ウォーキング、アクアビクスの他に、ビート版を使ってバタ足練習をするだけでも下肢の筋力アップが望めます。小さな動きから始めて、徐々に大きな動きで筋力を付けていくといいでしょう。プールエクササイズはご自分の体力に合わせて動きや内容を調整しやすいのでおすすめですよ。(看護師)

筋力トレーニングを取り入れるのであれば、動きはゆっくりと、ひざを曲げすぎない(90度以上に曲げない)ようにしましょう。頑張ってくださいね。(看護師)

定期的な運動をしていたり、年齢が若い場合は問題ありませんが、いきなり激しい運動は身体を痛める原因ともなります。
普段からあまり運動をしていない場合は負荷の軽い運動から始めて、徐々に負荷をかけるようにしましょう。


<こちらの記事は、看護師・薬剤師・管理栄養士等の専門家(以下、「専門家」)が回答するQ&Aサイト「なるカラ」の回答を元に作成されております。本記事における専門家のコメントはあくまで「なるカラ」で回答した各専門家個人の意見であることをご理解の上、お読みいただければ幸いです。>
【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!