病院はイヤ!という人を説得する看護師ならではのテクニックとは

  • 作成日:2014.09.09
  • 更新日:2015.07.27
健康

夫や父親など身近な人が前立腺肥大などの病気にかかったら、心配ですよね。泌尿器科の受診が必要にもかかわらず病院にいくのを嫌がる方を、症状が悪化する前に診てもらうために、どうすれば受診への抵抗を減らすことができるのでしょうか。

60代の男性への相談:「泌尿器科の受診を嫌がる人への対処法を教えてください」

60代の父親が前立腺肥大であるにもかかわらず、泌尿器科への受診を頑なに拒んでいるため、どうすれば受診してくれるかというご相談です。

64歳の父についての質問です。父はいつも夜は11時頃に就寝するのですが、それから3時頃、5時頃と毎晩1回~2回程度トイレに行きます。この状態が少なくとも1年以上続いています。健康診断でも前立腺肥大を指摘され、泌尿器科への受診を勧められていますが本人は「まだ大丈夫。支障が出ていない」と言い訳をして未治療です。家族としては支障が出ては遅い、大事になる前に治療してもらいたいと言っているのですがなかなか聞き入れてくれません。どのように話せば受診してくれるか、看護士さんからのアドバイスをよろしくお願いいたします。

泌尿器科への抵抗が理由?

男性であれば泌尿器科で診てもらうこと自体に抵抗ある方もいます。そのため、泌尿器科で診てもらう際の抵抗を和らげるための情報を伝えるのも一つです。

お父様は、もともと病院嫌い、医者嫌いなのでしょうか。健康診断を受けているくらいなので、そこまでではないのか、会社で強制的に受けさせられているのか……。まずは、何か嫌なのか男性同士でお聞きになってみるとよいかと思います。(看護師)

私であれば、早めに治療を始めたほうが体への負担も小さいみたいだよと必要性を伝えてみます。それでも受診を拒否するのは泌尿器科という科が恥ずかしいイメージで嫌なのかなとも思います。クリニックで内科と泌尿器科など複数の診療科目を掲げているクリニックを探して受診を勧めてみると少し抵抗がなくなるかもしれません。(看護師)

単に泌尿器科が嫌なのであれば、かかりつけ医や内科でもある程度対応してもらえると思います。身体の部位的に人に見られるのが嫌なのであれば、男性の医師であることを確認できたところを勧めてみるとか。(看護師)

症状が悪化した際のことを伝えるなど伝え方自体を工夫する

悪化してからでは遅い、ということを具体的に伝えるために症例を挙げるなど、伝え方自体を工夫して相手が納得しやすいように説明するのも重要です。

前立腺肥大が進むと排尿しにくくなり、手術するようになれば大変なので早めに泌尿科受診をしなければならないこと説明し、納得した上で一緒に受診しましょう。(看護師)

説明の仕方ですが、人間の心理として目の前にいる人が言うことより伝聞、つまり『誰々がこう言っていたよ』という話を信じる傾向にあります。親戚のおじさんや、質問者様の知人高齢男性、近所の男性などで同じ症状に悩んでいる人の体験談などあれば、お父様にお話ししてみてはいかがでしょう。(看護師)

人は口で聞くより紙に書いてある文章を信じやすいという傾向もあります。健康雑誌とか、本とか、ネットの印刷でも良いです。前立腺肥大というのがどういう病気で、どのような治療が必要なのかなど、まとまっている物を見せるのもひとつの方法です。(看護師)

男性ならではの恥じらいもあるため、そういった気持ちを汲んだ上で説得するのがよいようです。手遅れになる前に、相手の気持ちを考慮して力になってあげられるとよいですね。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!