交通事故に遭遇!倒れた人の身体は動かした方がいい?

  • 作成日:2014.09.09
  • 更新日:2015.12.08
健康

交通事故で倒れた人の身体に振動を与えると、症状が悪化する可能性があります。では、車道の真ん中で倒れた人がいる場合、その人をそのまま置いておかなければならないのでしょうか?

20代男性の相談:「倒れた人はまったく触らないほうがいいの?」

交通事故にあった人を助ける場合、身体をどの程度動かしてもいいのかという20代男性からの相談です。

学生時代に免許を取ったとき、教習所で救急教習を受けました。この間、友人が交通事故にあって救急車に乗ったという話を聞き、講習の内容を思い返してみたところ、ひとつ気になったことがありました。講習では急に倒れた人は揺さぶったり動かしたりせずに、すぐに救急車を呼ぶように習いました。
そのとき聞けなかったのですが、実際どの程度までだったら体を動かしても大丈夫なんでしょうか? たとえば、道の真ん中で急に倒れた場合、そのまま放置しておくのは難しいと思うのです。それでも、指一本全く触らずに、救急車を呼ぶのが正解なのでしょうか。

救急車がすぐに来る場合は動かさない。

身体を動かせば症状が悪化する可能性があるため、道の真ん中で倒れていても救急車が早く到着するのであれば、身体を動かさずに安全を確保できるようにしましょう。

時と場合によりますが、道の真ん中で倒れた場合は、道の縁に動かさなければ
自動車など通るので確かに危険です。とはいえ、脳血管障害の場合は、原則として動かしません。そのため、一人で判断せずに警察や救急隊員に任せることが大切です。(看護師)

救急車がすぐ来るのであれば、交通整理をしたり発煙筒を焚いて轢かれないようにした方が良いでしょう。身体が冷えないよう、新聞紙でもタオルでも掛けてあげて下さい。ちなみに意識の確認のとき、ドラマのように肩を揺さぶったり、顔を叩いたりしてはいけません。頭部に振動を与えるからです。医療職であれば、確認法はあるのですが、一般の方がなさるなら呼びかけと、頭部から離れたところをつねるようにしてください。(看護師)

協力者がいる場合は、なるべく振動を与えずに移動させる。

救急車がすぐに到着しなかったり、その場に協力者がいる場合は、なるべく安全な場所に移動させるのがいいでしょう。ただし、倒れた人の身体をできるだけ動かさないように注意が必要です。

道の真ん中で倒れた場合、交通量や見通しにもよりますが まず誰か協力者を呼びましょう。そして意識があるか確認して、意識があれば交通の具合を見ながら本人にも協力してもらって脇へ移動します。(看護師)

意識が無い場合が問題ですが、意識の無い完全に脱力した人を一人で動かすのは、思っているよりとても大変なものです。それに質問者様が講習で習った通り、下手に動かすと病状を悪化させる恐れがあります。協力者が充分(大人4人くらい)いて、そして警察や救急車がすぐこないのであれば、なるべく振動を与えないよう、そろっと移動させます。持ち上げる時も、降ろす時もそろっとです。一人が頭部、一人が足、一人が腰からおしり、一人が背中といった感じです。(看護師)

気をつけなければいけないのは、首の骨です。倒れる時頭を強打して首の骨に影響がある場合、首を捻る動きをすることで後の良し悪しを決定しかねません。一人は頭側から首が動かないように固定して持ち、一本の丸太のように5~6人で抱えて動かします。道路の真ん中に倒れている人も同じです。転倒者、協力者とも安全な場所に、ゆっくり移動します。(看護師)

意識はないが呼吸はある場合や、どちらもある場合は、首を保護しながら安全な場所へゆっくり移動して救急車の到着を待ちます。必ず協力者を呼び、複数で対処をお願いします。(看護師)

症状を悪化させないためにも、倒れた人の身体はできるだけ動かさないようにするのがよいようです。しかし、救急者のに時間がかかり、かつ協力者が十分にいるのであれば、倒れた人になるべく振動を与えないで安全な場所に移動させましょう。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!