飲みすぎはよくない? コーヒーと高尿酸と私。

  • 作成日:2014.09.04
  • 更新日:2015.12.08
健康

ビールや発泡酒、魚介類(エビ、イワシ、カツオなどの魚介類の一部)などよく口にするものに多く含まれているプリン体。知らず知らずのうちにとり過ぎていて、血液検査で尿酸値の異常を指摘される人も多いのだとか。尿酸値を減らす為、医者の指導を受けつつ、自分でも尿酸値を減らすための情報収集をしている方からの質問です。高尿酸血症(尿酸の血中濃度が異常に高い状態)に対してコーヒーを飲む事は、良い事なのか、それとも悪い事なのでしょうか。

高尿酸の治療とコーヒーの関わりについて悩んでいる方からの相談:「高尿酸とコーヒーの利尿作用について」

コーヒーの利尿作用が高尿酸に良いという情報と、逆に悪いという情報…2つの情報の狭間でどちらが正しいのか正確な情報を求めている方からの相談です。

コーヒーの利尿作用は尿の排泄を促し、腎臓や膀胱にたまりつつある結晶を排泄してくれるので、高尿酸の人にはお勧め、という記事を読んだことがあります。一方で、コーヒーは利尿作用があるため血液濃度が濃くなり、尿酸値も高まるので減らしたほうがいいという指導を受けたことがあります。結局、どうなんでしょう?

どちらか一方の選択ではなく、両方とも正しいという考えに基づいたコーヒーの飲み方をすることで納得の一杯に…

どちらが正しくてどちらが間違っていると決めつけないで、両方の見解を満たす事で高尿酸を気にせずにコーヒーを楽しむ事ができるようです。両方の見解の必要な部分、重要な部分だけをいいとこ取りをすればよいのです。

結論として言えるのは、コーヒーと一緒に水分をこまめに摂取する必要があるということ。(看護師)

泌尿器科的にはシュウ酸カルシウム結石のもととなるので(食べ合わせにもよりますが)コーヒー一杯に対し、同量の水をおすすめしています。(看護師)

コーヒー以外でも、利尿作用のある物を摂取した時の上手な水分の取り方の研究を

食後のコーヒーはとても美味しいものです。コーヒーで締めた後、お腹がいっぱいの時にさらに水分を摂らなければならないのはちょっと気が重くなりがちですが、よく考えてみれば食後の薬をお水で飲んだり、知らず知らずのうちにコーヒーと同量くらいの水分を摂っているので、あまり神経質にならなくてもよいようです。

コーヒーの過剰摂取は避け、他の水分を取り入れつつ、尿量・飲水量のバランスを保つことをお勧めします。(看護師)

緑茶もそうですが、QOL(クオリティ・オブ・ライフ:生活の質)をおとさずに楽しむために、結石の既往のあるかたには、日頃からの水分の摂取を指導しています。(看護師)

コーヒーなどの利尿作用がある物の摂取については、あまり摂りすぎないように気をつけるように心がけるのがよいようです。また、「出したら飲む」習慣をつけたいですね。美味しくコーヒーを楽しむ為の、自分ルールを作ってみるのもよいかもしれません。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!