50歳でED治療。病院での診察はどんなことをするのか。

  • 作成日:2014.08.31
  • 更新日:2016.04.01
ED

EDは神経に何らかの異変があり陰茎に刺激が正しく伝達されなかったり、血液が十分に流れなかったりする、疾患の一つです。治療すべきものですが、恥ずかしさなどもあり病院受診をためらう人も多いです。今回は50歳でEDに悩んでいる男性からの相談です。

50歳男性からの相談:「EDに悩んでいます」

できれば病院ではなく、自分で改善したいと考えているようです。

50歳男性です。ここ一年くらいの間なのですが、EDに悩んでいます。最初はある程度の時間、行為が可能なときもありましたが最近は全くできません。誰にも相談できずにドラッグストアでそれらしいサプリメントを何種類か試してみましたが効果はありませんでした。若い世代なら子供が欲しいとかの理由がありますので病院で受診も可能でしょうが、この歳になって受診するのは、なにかためらいがあります。かりに受診したとするとどのような検査をするのでしょうか?診察室で先生と看護師さんの前でさらけだして触診とかされるのでしょうか?通販で買うことができる薬があれば教えていただければありがたいと思います。

EDの原因は疾患や生活習慣など、様々なところに潜んでいます

EDの原因は様々なところに潜んでいます。そのため、この原因が特定されない限りはなかなか自身で解決するのは難しいでしょう。

EDの原因は加齢以外にも糖尿病や高血圧などの疾患やストレスや喫煙・飲酒・肥満の生活習慣などが挙げられます。場合によっては、原因を追求し、生活習慣を見直すことも必要になってくるかもしれません。(看護師)

ここ一年の間に大きなストレスや体調、環境の変化がありましたか?他に持病はありますか?健康診断や人間ドッグは受けられていますか?他の疾患が隠れている場合もあるので、やはり、受診して相談されるのをお勧めします。(看護師)

原因によって治療法は様々。思い当たる場合は各診療科へ。

原因が様々であるため、まずは病院で診断をしてもらわなければなりません。病院では検査をもとに内服治療を行います。他の疾患やメンタル的な理由で発症している可能性もあるため、健康診断の結果によっては内科へ行くことも検討しましょう。

診察についてですが、一般的にはまず問診し、血圧測定や採血・心電図検査などを行い、問題がなければ内服薬での治療を開始します。ただし、心疾患や高血圧、肝疾患などの既往歴があると、内服薬の治療ができない場合があります。通販や市販薬は効果的に治療ができるとは限りませんので、医師から処方された薬での治療をお勧めします。(看護師)

受診する科は、EDについて相談するのは泌尿器科になるかと思います。診察の内容は私も勉強不足でお伝え出来ず申訳ありませんが、診察の際には、看護師は席を外したり、プライバシーの配慮があると思いますよ。問診票を書く際に、診察の際女性には見られたくないと記入することも可能です。(看護師)

大きなストレスや環境の変化があったと自覚があるならば、カウンセリングを受けてみるのも良いと思います。持病があったり、健康診断を受けてみて気になる事があるようでしたら内科受診をお勧めします。(看護師)

原因をもとに適切な治療を行うようにしたいですね。通販などで治療薬の購入ができる場合もありますが、原因にあった治療でなければ改善が難しいでしょう。
最近ではED専門のクリニックもあり、そういったクリニックは男性だけで運営している場合もあります。診察に来る患者への配慮もしっかりとしているので、恥ずかしからずに行ってみてはいかがでしょうか。

最新】精力UPサプリランキング
間違いなし!36ヶ月売り上げNo.1の人気商品!
>>詳細はこちら
信頼の指定医薬部外品!お試しパック有り!
>>詳細はこちら
口コミで大人気!トリプル有効成分が効く!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

ED・中折れで悩む方におすすめ!

【厳選】精力剤おすすめランキング!効果の高い商品はコレ!

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきます!

精力剤でEDや中折れは改善できる?効果・成分を徹底調査!

EDや中折れ、勃起力の低下など年齢を重ねるごとに精力が落ちてきた…。そんな方におすすめの精力剤を解説します!