レーザーや注射など。腋臭の治療法は様々あり!

  • 作成日:2014.08.21
  • 更新日:2015.07.17
体臭

腋臭は立派な病気であり、治療費には健康保険が適用される場合もあります。周囲の人を嫌な気にさせてしまうものでもあるので、臭いがひどい場合は病院での治療を検討するべきかもしれません。

今回の相談は、腋の臭いが気になっているため、手術が必要か悩んでいる男性からです。

30代男性からの相談:「治療レベルの腋臭でしょうか?」

腋臭を治療する際は入院が必要になるのでしょうか?また費用もどれぐらいかかるのでしょうか?

どうもこのところ、自分は腋臭なのかと悩むことが増えました。夏場は汗を大量にかくこともあって、Tシャツはいくら洗っても臭いがとれないと妻がよく嘆いています。猛烈に暑かった日に帰宅した際は妻に「一キロ離れててもあなたの臭いってわかりそう」とまで言われるほどでした。
会社でも自分の臭いで不快にさせているのかもしれないと思うと、これはやはり腋臭治療を考えるのですが、この手術をもしすることとなったら、入院は必要なのでしょうか?あと料金も具体的にどれぐらいかかるのか知りたいです。

手術を受ける場合

治療法には手術と、それ以外の対処法があります。また治療についても、症状が腋臭なのか、健康保険が適用されるかどうかは調べておかなければなりません。

手術の内容によっては、日帰りかどうかやダウンタイムなどが変わるようです。

美容外科に勤めております。保険診療・自由診療両方の経験があります。手術の場合、多くは入院は必要ありません。日帰りで行えます。(看護師)

手術は汗よりもニオイをターゲットにしての処置で、汗も減ります。10万円~50万円くらいはするかもしれません。健康保険と同じ手術をするところもあれば、傷は1cm以下で行うところもあります。そういったところは大抵レーザー等をあてて汗腺を破壊する方法をとっています。レーザーの種類により値段に差があります。(看護師)

健康保険を利用する場合、まず腋臭症(ワキガの病名)であるかどうかがポイントとなります。自分では気になるけど病気ではない場合は保健は使えません。手術+薬+処置(抜糸など)全部合わせると5万円前後でしょうか。(昔の記憶ですので、現在は違うかもしれません。問い合わせてください)(看護師)

健康保険を利用する場合、皮膚科または形成外科または外科での手術となります。注意点はワキを術後圧迫することで、一週間は重たい荷物を持ったり腕の上下運動(荷物の上げ下ろしなど)ができません。(看護師)

健康保険だと麻酔の方法が局所麻酔(ワキに麻酔を注射)から静脈麻酔(寝ている間に終わる)まで、施設によっては追加料金で選べます。一番確実なのは健康保険と同じ方法ですが、傷を小さくしたければレーザーを照射する方法もオススメです。圧迫は美容外科では24h~3日というところもありますが、一週間は安静にすることをオススメします。(看護師)

手術以外での治療について

手術以外の治療方法もあります。その場合、手術とは治療内容や治療費はそれぞれ異なります。

汗が気になる場合、または汗によってニオイが気になる場合には、自由療法のボツリヌス毒素治療というものが一番手ごろです。ボツリヌストキシンをワキに注射することにより、ワキの汗を抑えられます。これは通常3日~10日程度で効果が現れ、4~6ヶ月で効果が切れることが多いです。(看護師)

ボツリヌス毒素治療のメリットは注射だけなので傷跡が残らないこと、ニオイが気にならなくても汗の量も減らせることです。デメリットは効果が永久ではないので何度も受ける必要があること、抗体ができるとその後同様の処置を受けても効果がないことです。抗体ができにくい商品もありますが、高価ですし、扱っている施設が限られています。(看護師)

ボツリヌス毒素治療は、自由診療なので施設により価格差が大きく、2万円~10万円というところでしょうか。高いところはもっとするかもしれません。(看護師)

ミラドライという処置もあります。マイクロ波をワキに照射することにより、汗腺を破壊するという方法です。汗・ニオイどちらもターゲットにしています。新しい技術で、安くても35万円からと比較的高価ですが、ダウンタイムは短く翌日には仕事に戻れます。(ダウンタイム=日常生活に戻れるまでの時間)(看護師)

ミラドライは手術のような圧迫は必要なく、実際私も受けてみましたが処置後24時間をピークに痛みは減っていきました。ただし、こちらは2回処置をすることを前提としており、1回での満足度はあまり高くないようです。(看護師)

ミラドライは業者との協定があり、地域に施設は何件までという制限がありますので、どこでもやっているわけではありません。(看護師)

体臭がひどい場合は、腋臭症の治療を検討されても良いかもしれません。腋臭症だった場合は保険適用が可能となります。

治療法には手術やそのほか、注射によって臭いを抑える治療法などもあります。自由診療と保険診療、手術とそうでない治療法などが混在しているため、いろいろなクリニックの情報を見て検討するとよいでしょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。