夏にひどくなる!なんとかしたい股下のかゆみ

  • 作成日:2014.08.19
  • 更新日:2015.07.23
多汗症

陰部周辺のお肌のトラブルは恥ずかしさから病院に行きづらく、ますます症状を悪化させてしまうこともしばしばあります。今回は数年前から股下のかゆみがつらい男性からの相談です。夏になると症状が強くなり、睡眠中に掻き壊してしまうこともあるほど。この辛い症状、改善するにはどうすればよいのでしょうか。

30代男性からの相談:「股下のかゆみを治したいです」

股下のかゆみが気になる相談者の男性。市販薬で対応していますが、症状は良くなっていません。

数年前より夏になると股下にかゆみを生じるようになりました。はじめはタムシの一種かと思い水虫薬を使用していましたが治りませんでした。最近では蒸れが原因のかゆみに対する薬も市販され始めたので、そちらの薬でかゆみを抑えるようにしていますが、完治に至らず、ここ2,3年は年中かゆみに襲われます。寝ていてもかゆみで目が覚めるほどです。無意識に掻いてしまい掻き壊すこともしばしばあります。病院に行こうにも掻き壊している手前、行きづらいというのも正直なところです。このようなかゆみに対して、治すための有効な方法を教えてください。

かゆみの原因が分からないため市販薬で対応するのは難しい。症状のひどい夏に受診を

股間周囲のかゆみには様々な原因があります。外用薬も自分の病気に合ったものを使用しないと良くなりません。掻けば掻くほどかゆみは強くなりますので、原因を突き止めてから対処しましょう。かゆみには外用薬だけでなく内服薬も併用して効果が出る場合があります。

一般的に「いんきんたむし」と呼ばれているものは水虫菌ですが、他にもカンジダ菌による感染などがあり、薬が合っていないと治りません(看護師)

長期に及んでいる場合は、飲み薬との併用が必要な場合があります。皮膚科を受診し、状況に合った治療が必要です。症状のひどい夏に行くのが良いです(看護師)

衣類の刺激や汗が蒸れることでかゆみを増強している可能性も

股間周囲は汗がたまりやすく蒸れやすい場所です。吸水性や通気性の良い肌着に代えることで、対処できるかもしれません。

下着などの繊維と汗が反応しかゆみがでている場合があります。綿などの肌に優しく、吸収性や通気性の良いものに変える事で対処できます(看護師)

今回のケースでは市販薬も効果が薄く、掻き壊すほど掻いてしまっているため、セルフケアでの対処は難しそうです。その場合は、皮膚科を受診しましょう。汗の影響か、特に夏に症状が悪化するようなので、症状が悪化したタイミングで見てもらうようにしましょう。また、通気性が良く、肌に優しい綿などの下着をつけることで汗、衣類による刺激を防ぐことが出来ます。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!