病院の処方薬を飲んだら体中に湿疹が…これって本当に薬疹?

  • 作成日:2014.08.19
  • 更新日:2015.07.17
健康

薬疹とは薬を飲んだり、注射したりすることで起きる発疹のことを言います。薬に対するアレルギー反応であるものがほとんどです。

今回の相談者の男性は急な発熱で病院を受診し、お薬を処方されました。翌日になり解熱したものの、体中に赤い発疹が出来てしまいました。この赤い発疹は何で、どのような対応をとればよいのでしょうか?

40代男性からの相談:「本当に薬疹なのでしょうか」

相談者の男性、病院で薬疹と診断されましたが、お薬をやめても症状はひどくなるばかりで困っています。薬疹ではなく、今流行中の風疹ではないのかと疑っています。

先日急に高熱が出たため、病院を受診しました。病院で風邪と診断され、薬を処方されました。ところが翌日、熱は下がったのですが、体中に赤い湿疹が出てきました。気になったので再度病院を受診したところ、薬疹ではないかと診断され、解熱しているので薬を飲むのをやめるように言われました。ところが湿疹はますますひどく、かゆみも出てきました。私は今まで薬疹と診断されたことはありません。今風疹が大流行しているため、実は風疹ではないのかと不安に思っています。医師の誤診ではないでしょうか。再度同じ病院にかかったほうが良いのでしょうか。

湿疹が出るには何らか原因が。疑われるべき可能性のひとつが薬疹です

風邪のときに処方される抗生剤、解熱剤は薬疹をひきおこしやすい薬剤です。

湿疹が出たということは何か原因があるはずです。その可能性のひとつが薬であり、原因を明らかにするために薬を中止するのは一般的な判断です。しかし本当に薬が原因なのかどうかは、中止して症状が改善されるかを見てみないとわからず、もし症状が改善されない場合には他に原因がある可能性を考慮しなくてはなりません(看護師)

症状が悪化しているため早急に受診が必要

薬疹であっても重症の場合は薬を中止するだけでは症状が改善されず、ステロイド療法などの治療が必要になる場合があります。相談者の男性の場合は症状が悪化しているため早急に受診することが重要です。

湿疹がひかず、悪化しているということであれば、原因は薬剤でなく、何か別のものである可能性があります。早急に受診したほうがよいと思います。別の病院に受診する際は、最初の病院でもらった薬が何か、服用した期間を伝えてください(看護師)

今回は風邪で処方薬を内服した後に身体中に発疹が出来たという男性の相談でした。薬疹と診断され薬を中止したものの改善せず、症状は悪化するばかりです。このような場合は再度受診する必要があります。専門である皮膚科を受診するのが良いです。お薬手帳を持参し、内服状況を医師に伝える必要があります。相談者の男性が疑っている風疹に関しても皮膚科であれば診断できます。

最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!