頭頂部のボリュームが気になる。薄毛の対策はどうすれば?

  • 作成日:2014.08.14
  • 更新日:2017.06.16
薄毛

シャンプーをしていると、なんとなく頭頂部の髪のボリュームがなくなっている…、男性の薄毛は頭頂部から進行するケースも多いため、このような経験がある人も多いのではないでしょうか。


今回はボリュームがなくなったため、何かしら対策を行おうと検討している方から質問を頂いています。

30代男性からの相談:「頭頂部の薄毛について」

30過ぎから頭頂部の薄毛が気になりだし、病院に行くべきかあるいは市販の育毛剤を使うべきか、悩んでいるようです。

30歳を過ぎてから後頭部のほうをシャンプー後に触るとなんとなく髪のボリュームがなくなっていることに気づき始めました。
それから2年くらいですが市販の育毛剤やシャンプーなども専用のものをドラッグストアで購入していますが効果はよく分かりません。あまり進行はしてないと思いますが手遅れになる前にお医者さんに行こうか迷っています。
どんな症状だと病院に行く、または市販の発毛剤を試すかの選択をすれば良いでしょうか。また、市販の発毛剤を30歳過ぎの私が使うのは早すぎるのでしょうか。

「髪のボリュームがなくなった」そう感じたタイミングから対策を

頭頂部の髪のボリュームが減っている場合は、男性型脱毛症(AGA)の可能性があります。詳しくは受診をしなければわかりませんが、その場合は対策を行うのに早すぎるということはないようです。

男性型脱毛症(AGA)ではこめかみの上から額にかけての生え際が後退する場合と、頭頂部から薄くなっていく場合と、両方が同時に起こることがあります。
AGAが進行する際には、毛髪が細くなるにつれて薄く感じられるようになります。その後脱毛が進み、本数が少なくなっていきます。
ですから、詳しくは受診されてみないとわかりませんが、脱毛症状があるようでしたら治療や市販の発毛剤を使うのに早すぎるということは無いように思われます。(看護師)

医療機関での治療と市販の育毛剤の違い

市販の育毛剤は確かに手軽ですが、医療機関治療はより効果を期待できそうです。特に、上記のような脱毛症状を感じ始めている場合は、医療機関へ行くべきかもしれませんね。

市販の発毛剤と医療機関の違いは、市販の薬が頭皮からの働きかけであるのに対し、医療機関では内服薬や頭皮への注射であるということです。脱毛症状もあり、より確実な効果を期待するなら医療機関です。(看護師)

手軽に試せるという点では市販の育毛剤でしょうし、脱毛症状がなく、予防的にという感じでしたら、市販薬から試してみても良いかもしれません。(看護師)

髪のボリュームについては、食生活も少なからず影響あり

食生活も髪のボリュームを維持したり、抜け毛が増える際の要因の一つになりそうです。特に脂っぽい食事や過食は抜け毛を促進する原因になる可能性があります。

髪の毛に必要な栄養素はお肉やお魚などに含まれているたんぱく質、貝類に多く含まれる亜鉛、ビタミンが必要です。(管理栄養士)

脂っこい食事が多いと、頭皮の皮脂の分泌が多くなり、抜け毛が増えます。また、油物が多いと血流も悪くなるため、髪の毛の生成に必要な酸素や栄養素が頭皮に届きにくくなります。(管理栄養士)

満腹まで食べる習慣があると髪に良くない影響を与えます。過食は内臓に負担がかかるため、消化吸収機能が低下すると、いくら食事をしても栄養素が吸収されず、頭皮まで行き渡りません。(管理栄養士)

髪のボリュームの維持は、早い段階から取り組んでおいて問題なさそうです。気になり始めたタイミングで積極的に取り組むと良いでしょう。

対策の仕方は医療機関での治療、市販の育毛剤のほか、効果はわかりませんが食生活の改善、なども考えられます。手軽にできる市販の育毛剤や食生活の改善から始め、進行が続く場合は一度病院で相談すると良いでしょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!