運動中の息切れが気になるのは体の異常?

  • 作成日:2014.08.11
  • 更新日:2015.12.04
健康

ランニングやウォーキングなど、体を動かせば息が上がります。しかし、久しぶりの運動とはいえ異常に息が上がるとなると、それは体の問題のサインなのでしょうか?

30代男性の相談:「ランニングとウォーキング時の負担について」

肉体改造とダイエットのためにランニングを始め、呼吸が苦しくなるため心配だという30代男性からの相談です。

社内の野球チームに所属することになった為、肉体改善とダイエットも兼ねて、毎朝1時間のランニングを始めました。久しぶりの運動だからか、息が妙に上がってしまい、呼吸が苦しくなります。1週間ランニングした後、現在はウォーキングに変えているのですが、それでも異常な程息が上がってしまいます。
単純に運動不足なら体が慣れてきてもいい頃だと思うので、体に異変が起きていないかどうかが心配です。こういったケースは過去にありますでしょうか。考えられる原因でも構いませんので、教えてください。

息切れが病気のサインである場合はどんなとき?

息切れは、運動以外でも病気が原因で起こることがあります。そのため、運動量を減らしても息切れが激しい場合は、医師に診てもらいましょう。

息切れを起こすのは、息切れが起きやすい病気を持っているか、健康だけど激しい運動が原因である場合が考えられます。1時間を短縮して、40分ほどにしてもまだ呼吸が苦しくなれば、一度循環器内科受診をお勧めします。(看護師)

心臓の病気や、貧血でも息切れを起こします。また、呼吸器疾患で肺に病気があると、酸素を吸って二酸化炭素を出すという空気の出し入れがうまくできなくなり、息切れを感じるようになります。たばこが原因であることも少なくありません。(看護師)

病的な場合は、息切れの原因の病気を突き止め、それに応じた対策をすることが大切になります。(看護師)

運動量による息切れは、徐々に体を慣らすことで解消

運動量が体に合っていないと、息切れは激しくなります。徐々に運動に体を慣らしていき、息切れしないように運動量を調整しましょう。

ランニングとウォーキングのコースは平坦地でしょうか?坂の多い道や階段の多い道などは、心臓の負担も多くなります。(看護師)

運動時、体はたくさんのエネルギーを必要とするので多くの酸素を取り入れようとします。そのため呼吸が激しくなり息切れを起こします。普段の生活で問題を感じないようなら、ただ単に運動のペースが激しく、身体の負担になっているのかもしれません。(看護師)

ウォーキングからはじめ、慣れてきたら早歩きやジョギングに切り替えていくのが良いと思います。(看護師)

有酸素運動は、心拍数がだいたい110回/分以上に上がりすぎずに息切れしない程度で、20分以上かけて続けることが効果的です。ランニングやウォーキングの途中で、脈を測りながらペースを自己調整できれば良いのですが。親指の付け根に動脈があり、ドクドクと拍動しているのを感じる事ができると思います。それを反対の手の人差し指、中指、薬指の3本で触ります。腕時計で15秒間に25拍動を超えないように調整しながら行ってみて下さい。15秒間25拍動で、1分間の心拍数は100回ということになります。(看護師)

呼吸も鼻から吸って口から吐きますが、フッと勢いよく吐くと自然に吸えます。そのため吐く事に意識を向けて運動してみて下さい。(看護師)

運動の強さは自分の能力の5割程度で軽く汗ばむぐらいが良いとされています。脂肪を効果的に燃焼させるならば、20分以上、週に3回以上息切れしない程度に行いましょう。(看護師)

起床後と食事後は1時間以上あけてから運動を行い、汗をかいたら必ず水分を補給することが大切です。(看護師)

運動によって体調に異変を感じたら、運動量を調整して息切れしすぎない運動から始めましょう。体が慣れてくれば、少しずつ運動量を増やしていくとよいでしょう。病的な原因も考えられなくはありませんので、異変を感じた場合は循環器内科を受診してみるとよいでしょう。

最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!