足から強烈な臭い。手術が必要?それとも日々のケアで対策できるの?

  • 作成日:2014.08.08
  • 更新日:2015.07.14
体臭

40代になると、人によっては靴や靴下が臭うようになります。きれいに洗ったり、消臭スプレーで臭いを消そうとしますが、なかなか臭いがおさまらない・・・。そんな経験をお持ちではありませんか?今回の相談者は、足から強烈な臭いがし始め対策に困り果てています。

40代男性からの相談:「足の臭いについて」

足にも腋臭のような病気があるのでしょうか?相談者は、手術の可能性まで検討しています。

30代までは気にならなかったのですが、40代に入ってから急に靴を脱いだ後、靴下や足の指から強烈な臭いを発するようになりました。これではまずいと思い、毎日足や足の指を丁寧に洗ったり、靴に除菌消臭剤をスプレーしたりしているのですが、若干臭いがおさまる程度で、自分でも気づくぐらいの臭いを発します。
必要以上に清潔にしているつもりなのですが、それでも臭いがおさまらないという事は、足にも腋臭のような症状があるのでしょうか。あまりひどい様だと、やはり手術などが必要なのでしょうか。

まずは足の臭いのメカニズムを理解しましょう

臭いの原因は主に2つの汗腺によるものです。そして、足の臭いは、腋臭症ではなく全身の汗の臭い発生と同じメカニズムです。そのため、日常生活に支障をきたすような足底多汗症でなければ、手術などを受ける必要はなさそうです。

また、病的な原因としては水虫が考えられます。この場合はまずは病院で検査をし、水虫かどうか確かめることをお勧めします。

汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺との2種類があり、全身に分布し体温調節に関与しているのがエクリン汗腺です。一般的に汗と言えばエクリン汗腺からの分泌物を指しています。足のにおいはエクリン汗や角質などが皮膚常在菌の餌となりその分解物がにおいを発しますので、全身の汗のにおいの発生と同じメカニズムになります。(看護師)

腋臭症に関与しているのがアポクリン汗腺であり、腋の下や陰部、乳輪などに分布しています。(看護師)

足の裏の汗の量が日常生活に支障をきたす程多い足底多汗症でなければ、多汗を抑えるような施術を受けることはないと思います。(看護師)

臭いを発する原因に多いのが何らかの菌によるものが多いです。足で考えられるのが、やはり水虫ですね。水虫は白癬菌なのですが、これがあると臭いにおいもあります。皮膚科ですぐに検査できますので、検査をしたことがなければ一度受診してみてください。(看護師)

足の臭い対策は、日々の足のケアから始めましょう

洗浄や除菌消臭剤の使用は適切な処置のようです。継続して行うとよいでしょう。また、原因である足の汗とそれによる蒸れは、普段の靴を意識してみることで改善できるかもしれません。

靴はいつも履くものですから、週に2~3足に増やして綺麗にするだけでなく、中を乾燥させることも大切なので、交互に使用してください。(薬剤師)

洗浄や除菌消臭剤を使用することは適切な対処法だと思います。また、毎日同じ靴を履き続けずに靴を休ませ、乾燥させることもポイントになります。(看護師)

靴はサイズがピッタリのものをお勧めします。サイズが合っていれば、歩いている時に靴の中の空気の換気が起こるのですが、小さ過ぎても大き過ぎても靴の中の空気が靴の外に出て行きにくいのです。(看護師)

足の臭いは全身の汗の臭いのメカニズムと同じということが分かりました。また、足は1日でコップ1杯分の汗をかくともいわれています。これは生理現象のためおかしいことではなく、また防ぎようがありません。

足の臭いを押さえるには普段の洗浄、殺菌、消臭のケアのほか、靴を2、3足準備し、交互に使用しながらしっかり乾燥させる必要がありそうです。また意外とサイズも重要なので、靴を選ぶときはしっかりとサイズを合わせて購入しましょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!