自転車通勤を始めたら膝に痛みが…身体に負担をかけないコツ!

  • 作成日:2014.08.07
  • 更新日:2015.12.03
健康

運動不足を解消するために自転車で通勤する人も多いのではないでしょうか。朝からちょうどよい運動になり、気分もリフレッシュできますね。


ただし、だからといっていきなり長距離をこぐと、体に痛みが出ることも。今回は自転車通勤をしていると、突然ひざに痛みが出始めた方からの質問です。

40代男性の相談:「自転車通勤を始めてからひざに痛みが…」

運動不足解消のために、自転車で通勤を始めた40代男性の方からの相談です。

45歳男性です。もともと運動することは好きでしたが、なかなか体を動かすきっかけも少なかったため、自転車ブームもあり引越しを機に通勤で自転車を使用し始めました。通勤時間は大体自転車で20分で、そこまで苦になる距離ではありません。
しかし、休日に自転車で長い距離を走ってみようと2時間くらい乗ったところ、坐骨に痛みが出始めました。距離が伸びるとだんだんに痛くなったので、普段は気付きませんでした。
痛み対策のグッズも出ているようですが、自分の場合必ず右側から痛みが出始めます。 これは何か原因があるのでしょうか?

いきなりの長距離運動は禁物!

運動不足気味のからいきなり長距離を自転車でこぐと、体に影響が出てもおかしくはありません。まずは運動に体を慣らすことが大切です。

休日に、いきなり2時間も自転車に乗るとどこか痛みは出て来るはずです。平日20分なら休日も徐々に時間を延長されたらいかがでしょうか。(看護師)

少し急に頑張りすぎたのかもしれませんね。もう少し時間を短くして、徐々に増やしていくようにしましょう。(看護師)

サドルカバーも、クッションつきのものがありますので、使用されたほうが良いと思います。(看護師)

左右に入れる力のバランスも原因の可能性

ペダルを踏むバランスが左右でばらつきがあると、片方の足に負担がかかりやすくなります。バランスよくペダルをこぐのが大事です。

ペタルを踏む時、右側に力を入れていることはありませんか。左右バランスよくペタルを踏むとも大切です。(看護師)

左右差は右の方がこぐ力が強かったり、右側のおしりに体重がかかっているのかもしれません。(看護師)

運動不足の場合は、負荷がかかればかかるほど身体に影響が出ます。徐々に身体を慣らしていくことが重要ですね。自転車の場合は、漕ぎ方や重心のかかり方で疲労や痛みがでる場所が変わります。少しでも左右に違った影響が出ている場合は、意識して変えてみてはいかがでしょうか?

最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!