カッコよく写るための自撮りのコツ11選!男もアプリや角度を上手く使え!

  • 作成日:2018.02.05
  • 更新日:2018.02.19
コラム

ひと昔前までなら、「男がメイクやコスメにこだわるなんて情けない!」と思っていた人も多いはずです。

しかし、そんな考えは今や過去の遺物と化し、男性がフェイスパックや眉毛を整えたりするのは当たり前になっています。

そして同様のことが自撮りにも言えます。

「自撮りなんてするのはイケメン芸能人か女性だけ!」なんて思っていた男性側も、スマホの急激な普及によって、若年層中心に自撮りしてSNSに上げるのが当たり前の時代になっているのです。

さらに、自撮りによるプロフィール写真などの写り方次第で、女子との出会いが増えてモテ男になれたり、場合によっては仕事にも影響したりするというのですから、履歴書の証明写真と似た現象が起きていると言えます。

ここでは、自撮り嫌いで時代に取り残される男にならないように、男性の自撮りにおけるおすすめのテクニック・コツやお役立ち情報について解説していきます。

スポンサーリンク

自撮りを上手く撮るためのコツ11選

さっそく自撮りで成功するためのコツについて説明していきましょう。

全部で11項目ありますので、最後までマスターさえすれば、あなたの自撮りもプロレベル?になるかもしれません。

1.スマホにアプリをインストールする

まず注目すべきは、スマホならではのアプリの活用です。

スマホにあるカメラ機能をそのまま利用して撮影するのも悪くはないですが、どうせスマホで自撮りするなら、アプリを活用して上手く「盛る」方がお得です。

もちろんいかにも「加工・修正した!」顔写真という感じではない、自然の盛り方ができることが大前提ですね。

自撮りに適した、そんな人気のおすすめアプリを2つ紹介したいと思います。

BeautyPlus

世界で利用されるとともに、テレビでも紹介されるほどの人気アプリです。

人気の理由は以下のポイントです。

  • フィルター加工や美肌・肌色加工に加え、目元のクマ消去・歯のホワイトニング加工・顔や身体のライン修正が可能
  • 自動光補正機能と高度な顔認識機能で、撮影場所の光量に左右されない
  • ペンで書き加えたりデコる画像編集が可能
  • シャッター音消去可能の無音機能あり

公式サイト:BeautyPlus

カメラ360

こちらも海外で大人気で、なんとトータル5億人!のユーザーに支持されているカメラアプリです。

人気の理由は以下のポイントです。

  • 小顔や歯のホワイトニング加工に加え、唇や鼻という細かい所にもこだわったメイク加工や修正が可能
  • 100種類以上の写真用フィルターがあり、背景などのアート調の画像処理も自由自在

2.斜め上から撮る

「どこから撮っても同じではないか?」というあなたは、とんでもない思い違いをしています。
キーポイントは斜め上から撮ることで、自撮り棒(セルカ棒)などを使うのも当然ありです。

その理由として、目が大きく写り、アゴのラインが目立たなくなることが挙げられます。

特に丸顔やエラが張っている人、アゴに肉が付いてる人に有効な方法で、斜め45度ぐらい上の位置から撮るとベストと言われています。

3.アゴを斜めに下げて撮る

カメラの位置を上げるのではなく、逆にアゴを斜めに下げることで角度的に斜め上から撮ることと同じ効果を狙うものです。

斜め上から撮るよりはカメラの位置が通常通りのため、自然に見える確率が高まります。

さらに、カメラ位置を軽く上げつつアゴを軽く下げ、トータルで45度ぐらいの角度にするとより自然かもしれません。

4.自分のベストアングルを探る

上記2つのように、基本的には斜め上がキーポイントになりますが、右サイドからが良いのか左サイドからが良いのかも、人によって変わってきます。

また、場合によっては左右以前に、斜め上よりももっと良い角度が存在するかもしれません。

ベストアングルを求めて、まずは色々撮ってみることも重要です。

5.目線を外す

自撮りする時に、レンズを俗に言う「ガン見」するというカメラ目線ではなく、軽く外すのが理想的です。

カメラ目線はどうしても不自然で、かなり白々しい印象を与えがちなためです。

ただ、大きく外しすぎればそれはそれで意識していることがバレやすかったり、ナルシストっぽい印象を与えかねないので注意が必要かもしれません。

6.光や照明に注意する

自撮りに限りませんが、撮影にとって重要なのが光で肌の質感がこれによってかなり違ってきます。

カンカン照りの太陽の下や蛍光灯の真下などでは、肌の質感が直接的に写真に反映してしまうので、美肌自慢でもない限りはアラが目立ちます。

理想の光量は、昼間のやや曇り気味の窓際、夜なら間接照明などの柔らかい光で、それを斜め上から当てる形がベストです。

フラッシュは使わない方が良いです。

7.背景に気を付ける

また背景も重要になってきます。

写真館でのプロによる撮影などで、レフ板と呼ばれる白い板を用いているのを見たことがあるでしょう。白は光を反射して肌質を綺麗に見せる効果があります。

当然レフ板まで使う必要はありませんが、室内なら白系の壁などを利用するのがベストです。

8.ファッションに気を付ける

これには2つの意味があります。

当たり前のことですが、身だしなみをキチンとしておくことは、自撮りを綺麗に見せることに直結するからです。

そしてもう1つ重要なことは、服装の色です。

黒系と意外なことに白系も良くないのは、顔が暗めに写ってしまうためと言われています。パステルカラーなどの淡めの中間色を使用しましょう。

9.メガネやサングラスをかける

顔の大きさを気にしている人が、小顔に見せたい時に使うと良いアイテムです。できれば大きめのサイズのモノを利用すると、さらに効果的です。

また、知的に見せたい時にもメガネは有効ですし、目にコンプレックスのある人もサングラスで上手くフォローできます。

10.ストールやマフラーを利用する

こちらも寒くなってきた時期に利用すると、小顔に見えやすくなります。

また、アゴのラインなどが気になる人にも大変有効な方法です。

11.マスクを使ってみる

目から下が完全に隠れるマスクですが、2つの効果が見込めます。

1つ目はメガネやストール同様に小顔に写る効果で、大きめのマスクを使用するとアゴのラインが完全に隠れてより効果的です。

2つ目はマスクによって口元や鼻が隠れることで、これらにコンプレックスを持っている人には有効ということです。

ただし、不自然な印象は否定できませんので、小顔目的ならマスクを下にずらして「外してから撮った」という形にすると良いかもしれません。

ただし、女性は自撮りをする男性をこう思っている

ここまで男性の自撮りをより効果的にする方法について説明してきました。

一方で、やはり男性の自撮りを快く思ってない人達も基本的に多く、中でも女性ウケが良くない傾向が見えます。

「気持ち悪い(キモい)」「イケメンでもないのに」などという感想もあるようです。自意識過剰や承認欲求が強いという印象を与えることが理由です。

特にどんなパターンの男性の自撮りにマイナスイメージがあるのか、具体的に挙げてみましょう。

顔のアップ

イケメン芸能人でもこれをやりすぎて「引かれる」場合があり、一般男性がこれをやってしまうと完全にナルシストと思われがちです。

できれば、顔以外の上半身などを入れておきましょう。

ポーズ・目線・角度が不自然

モデルばりにキメ顔だったり、カッコつけたポーズだったり、目線や角度を意識し過ぎるのも悪い印象を与えてしまいます。

目線外しや斜め上からの角度を自撮りを上手く写すコツとして紹介しましたが、多用し過ぎるのは止めた方が良いでしょう。

鏡を利用した自撮り

こちらも女性や芸能人がよくする自撮りのパターンですが、一般男性がやるとナルシスト色が強くなって特に不評のようです。

基本的に、SNSなどに自撮り写真を上げる時は、頻度やパターンを考慮しながらということがキーポイントになります。

また、背景を中心にしたり知人・友人などと一緒に写るというのも、自撮りによる「自意識過剰臭」の緩和に有効でしょう。

男性の自撮りのコツとまとめ

男性も自撮りの効果を無視して良い時代ではなく、見栄えよく写る意識や技術が重要な時代になってきました。

一方で、男性の自撮りにマイナスイメージを持つ人も女性中心に多く、その点を無視すれば逆効果になってしまうという現実もあります。

ポイントは自撮りの「頻度」「程度」で、ほどよく自撮りを使いこなすことが、あなたのイメージを向上させることにつながるのです。

ぜひ効果的な自撮りのコツをマスターして、周囲にさりげなくアピールしてみてください。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!