モテる男のLINEの使い方!女性が魅力的に感じるLINEテクニック!

  • 作成日:2018.02.02
  • 更新日:2018.02.15
コラム

どんな時代でも、男なら誰だって女性にモテたいと思うものです。

一方、SNSの発達により、電話や電子メールを利用していた従来の男女関係の構築方法に、今現在劇的な変化が生じています。

つまり、女性にモテるための手段はドンドン進化しているのです。

特にLINE(ライン)の普及が、モテる男になれるかどうかに大きな影響を与えており、「LINEを制する者が女性を制する」という状態です。

このサイトでは、モテたいあなたに、LINEを利用してモテる男になるためのコツを伝授したいと思います。

スポンサーリンク

モテる男のLINE(ライン)テクニック11選

さっそくモテるためのLINEテクについて語りたいところですが、まずその前に、相手の女性との関係がその時点でどの程度かについて把握しておく必要があります。

なぜならば、ただの知り合いから恋愛関係一歩手前など、相手女性との親密度や関係性の差によって、あなたが取るべき対応も変わってくることがあるからです。

以下に説明する11のテクニックは、この親密度合いによって差が出ることが多く、必要に応じてケースごとに説明する場合があります。

LINEテクニック①返信のスピード

まず悩むのは返信のスピードではないでしょうか。

早くした方が良いのか、はたまた意識的にちょっと遅らせた方が良いのか、悩んでしまうこともあるでしょう。

結論から言えば、基本的に早目を意識することが重要です。

やはり、自分の発した内容にはすぐに反応してもらいたいというのが、男女問わず本音だからです。

一方友達未満の関係では、あまりにも早い返信は「いつも監視されている」という印象を与えかねませんから、最速でも5分程度おいてからの方が良いかもしれません。

かなり親密になってからなら、返信はマメにすべきです。

また、当然ですが会話しているチャット状態であれば、どんな関係であっても返信は早ければ早い方が良いでしょう。

LINEテクニック②送る頻度

こちらは、自ら書き込んで送信する場合の問題です。

あなたと相手女性の関係に応じて、色々変わってくる典型的パターンと言えます。

友達未満の場合

単なる知り合い程度なら、まずは相手に自分の名前を軽く覚えてもらうぐらいの感覚の方が良いでしょう。

重要なのは、「必要事項があるから連絡している」という設定を意識することで、女性や女の子として意識しているという部分は完全に隠しておきます。

友達程度の場合

女友達レベルまで親しくなったら、連絡する頻度を上げていきます。

朝の「おはよう」と睡眠前の「おやすみ」は、ルーティーンワークとして確実にしておきたいところです。

これ以上のレベルの関係性になったら、他のLINEを送る時間帯もある程度一定にしておくと、相手のあなたへの意識も高まってくるでしょう。

さらに、日々の生活で何か面白いことや心を動かされることがあれば、その都度送ってみるのも重要なところです(「LINEテクニック⑤モテる話題」)。

あなたの人柄が相手に伝わりやすくなるかもしれません。

とは言え、いちいち小さなことで毎回送り続けていると、ウザいと思われがちですから、チャット状態以外では1日5回前後にしておきましょう。

友達以上恋人未満の場合

ここまで来ると、相互に恋愛対象としての意識が芽生え始めているので、恋愛関係になるためのステップとして、ある程度積極的になっても良いでしょう。

相手が忙しかったり睡眠中以外は、何かあればその度に送信しても良いと思いますが、多くても10回前後にしておきます。

また、場合によってはたまに敢えて忙しい時間帯にも送って、非日常を演出してみるのも良いかもしれません(「LINEテクニック⑪いつもと違う時間帯に送信する」

LINEテクニック③文章の長さ

どの程度の文章量にすれば良いかというのも悩みどころです。まず基本として、簡潔な内容が好まれることを挙げたいと思います。

話を「聞く」こと以上に、「読む」ということは作業感が強いため、できるだけ短くするという努力が必要なのです。

一方で、適当に文章を書いているという印象を持たれることは、返信の場合などは特によくありません。あくまで、必要なことを盛り込んだ上での短文ですから、そこは注意しましょう。

ただし、親しくなってきた段階で、悩みの相談などの重要、あるいは深刻な話をされた場合には、やはり一定の長文が必要になることもあります。

LINEテクニック④絵文字やスタンプ、顔文字

多くの人が使っている絵文字・スタンプ・顔文字ですが、文章を彩る上でも使い勝手が良いもので、積極的に活用したい方法です。

ちょっとした自分の感情を、相手が重くならないように上手く伝えたい時に効果的です。

また、動物やキャラ系のスタンプや絵文字タイプは、女性受けも良いので上手く使いましょう。

使用頻度ですが、絵文字・スタンプ・顔文字も1回当たり1~2つ程度にとどめておく方が無難です。これについては、「LINEで嫌われるやってはいけないこと6選」でも触れたいと思います。

LINEテクニック⑤モテる話題

今度はラインに書いておくと、女性にウケが良い話題について見てみましょう。

おおむね通常のトーク・コミュニケーションと変わりませんが、これが1番悩みどころですので、具体的にいくつか挙げてみたいと思います。

食事や遊び、買い物に行ったこと

基本中の基本で、1人や友達と行った外出先の話題についてです。

相手が知らない場所であれ知っている場所であれ、話が広がりやすいパターンです。また、買い物では何を買ったか、外食時には何を食べたかなども触れておきましょう。

なお、当たり前のことですが、グループ行動でもない限り、女性と行った場合には話題にすることは避けておきます。

ネットや世間で話題のニュースや流行

こちらも、相手との親密度に左右されないで盛り上がれる話題の1つで、雑談中に上手く織り交ぜると盛り上がります。

おもしろ画像などを貼り付けるのも良いかもしれません。

ただし、価値観の違いが出やすい政治関係の話題などは、相手をよく知らない時には避けるべきです。

相手女性と共通の話

相手女性が職場の同僚だったり、学校のクラスメイトだったりサークル仲間だったり、生活の一部を共有している場合に大変効果的です。

注意すべき点は1つで、できる限りマイナス要素の話、具体的には人の悪口などは避けるべきでしょう。

もちろん、ちょっとした上司などの悪口は盛り上がる要素ですが、人間性を疑われるようなタイプのものは、親密度によらず当然止めるべきです。

以上の3つは、男女に限らずどんな相手であっても、あるいはどんな関係性であっても使える、非常にオーソドックスで有効な話題です。

一方で以下の話題については、親密度や頻度によっては、相手に悪い印象を与える可能性があるので、若干注意が必要かもしれません。

当日自分に起きた出来事

「食事や遊び、買い物に行ったこと」と共通点が多い話題ですが、今日、自分が直接見たことや感じたことなどについての話題です。

ちょっとした面白い話やハプニング、あるいはアクシデントなどを話題にすると、話が展開しやすくなるでしょう。

ただ、こちらも一般的に見て興味を引くようなことでないと、単なる「自分語り」ととらえられやすく、「かまってちゃん」扱いされる可能性があります。

かなり親密な関係になるまでは、一般的に見てどうでも良いことは扱わないようにします。

昔の自分の話

社会人なら学生時代の話や、大学生なら高校や子供時代の話が典型例で、「当日自分に起きた出来事」と同様に「自分語り」とも呼ばれる話題です。

オチが付くような面白い話は、基本的にどんな相手であっても、モテるためのLINEテクとして有効です。

しかしながら、深刻な話や自分語りが過ぎれば、恋人一歩手前の相手でも「かまってちゃん」扱いされかねません。

また、武勇伝的なネタや過去の恋愛話も、女性からするとウザがられやすいので、かなり親密になるまでは絶対に止めておきましょう。

仕事

社会人同士の会話ならよくあるパターンです。

あくまで一般的な「仕事あるある」ネタや、仕事上ちょっとしたアイデアやアドバイスを必要としている時に、質問や話題を振ることは友達未満でも十分に可能です。

ただ、友達未満の相手に、本格的な愚痴やかなりディープな仕事の話をされても、多くの人は対応に困ってしまうので避けましょう。

趣味の話題

自分の趣味や好きなスポーツ(チーム)の話題などは、相手が同じような知識や嗜好を持っている場合には、親密度を深める可能性の高いLINE術の1つです。

しかし、よく知らないことを一方的に熱っぽく語られても、相手は間違いなく困ってしまいますし、あなたをつまらない人物だと思うでしょう。

これは友達レベル以上の相手であってもあまり良い傾向ではないだけに、ちょっとした友達関係程度ならなおさら避けるべき話題です。

一方で相手女性の趣味などについては、あなたが特に興味がなくても触れることで話を広げる可能性がありますから利用するのも手です。

インテリ風な話題やトリビア的知識

女性は物知りの男性を基本的に好みますから、ちょっとした知識などをさりげなく披露するのは、相手に好印象を与えることに役立ちます。

しかし、「そんなことも知らないの?」といった上から目線だったり、必要以上に知識をひけらかすようだと、逆効果になることは当たり前のことです。

基本的には、知識を直接披露するためにそれ自体を話題にするより、別の話における流れの中で気付いたら触れる程度が理想的です。

LINEテクニック⑥プロフィール画像

いわゆるアイコンに使うもので、トプ画(トップ画像)とも言われる画像のことです。LINE上におけるその人のシンボルとも言えるので、かなり重要なものといえます。

よくあるパターンとしては、以下のモノが挙げられます。

自分の写真(自撮り)や顔のイラスト

パット見て「この人!」というわかりやすさが重要ですから、自分の写真などは選択として決して悪くはないのですが、人によっては「目立ちたがり屋」と感じることもあるかもしれません。

ですから、自分の写真をそのまま使用する場合には、わざと不細工にする必要もありませんが、モテようと必要以上加工せずに、ある程度シンプルなものにしましょう。

自分の好きだったり尊敬したりしてる人の写真や顔のイラスト

これもトプ画の典型例ですが、好きなアイドルの画像やアニメキャラなどは、オタク臭が強いので止めた方が良いかもしれません。

一方で逆にそれを売りにしていたり、周囲によく知られているような場合には、敢えて使用するのも1つの手段です。

自分の好きなモノの写真やイラスト

今度は人ではなくモノです。

愛車や趣味に関係するモノ、好きなロゴなどが考えられますが、女性にモテるという観点からは、かわいい動物や癒やし系ペットなどの画像を利用するという手があります。

自分も含めた集合写真

交友関係の広さや友達や知人を大切にしているというアピールになり、割と女性にも好印象を持たれるパターンの1つです。

言うまでもなく、あざとい仲良しアピールは逆効果になるので、さりげない程度にとどめましょう。

行ったことのある場所や綺麗な風景など

誰にも不快感を与えない点において非常に無難で、何をトプ画にすれば良いか迷った時には有効かもしれません。

なお、全体を通して注意すべきことがあります。

自分で撮影・作成した写真や画像以外の場合、著作権法に触れる可能性があり、思わぬトラブルに巻き込まれかねないので、画像参照元にはくれぐれも気を付けましょう。

LINEテクニック⑦疑問形で終わらせる

戦術的で実践的なテクニックの1つです。

例えば、「これについて教えてくれる?」とか、「~についてはどう?」などと書かれて送られてくると、相手は返信せざるを得ない展開になります。

これにより、会話が広がることは間違いありませんが、必要以上に多用すれば相手に面倒な人物だと思われるので、ぜひとも返信が欲しい時にのみ使いましょう。

LINEテクニック⑧既読スルーを上手く使う

こちらは高度なテクニックといえます。

いつもはきちんと返信をくれるあなたが、稀に既読スルーした場合、相手は非常に気になってくるはずです。

その女性心理を利用して、あなたに関心が強く向くように仕向けるという、1種の恋愛テクニック的な駆け引きとも言える方法なのです。

ただし、タイミングを間違ったり頻度が多いと、嫌われる要素もかなり強いですから、安易に使うことは避けるべき方法でもあります。

これについては、後述する「LINEで嫌われるやってはいけないこと6選」でも触れたいと思います。

LINEテクニック⑨相手の話も上手く取り入れる

話を振る場合に、自分のことだけを一方的に書くのではなく、相手についても書くと相手が返信しやすくなりますし、相手のことを気にしているとさり気なく伝えられます。

少々わかりづらいので、具体的に会社の同期に宛てた形式のものを例文として挙げてみましょう。

「今日は朝からプレゼンの書類作らないとイケナイから、数日間は忙しいかもしれない、◯◯さんは先週まで取引先回りで忙しかったみたいだけど、今週はどうなの?」

「今日は夜に餃子食べに、□□軒に行ったんだけど、今日は焼き餃子だけ食べた。確か◯◯さんは、□□軒によく行ってるってこの前言ってたけど、水餃子も美味しい?」

といったようなパターンが考えられます。

最初の1行で終わらせるより、相手はあなたと会話しやすくなるはずです。

ちなみに最初の例文は「仕事」を扱った話題。次の例文は「食事や遊び、買い物に行ったこと」「相手女性と共通の話題」の2つを扱った話題で、共に「疑問形で終わらせる」方法を組み合わせた文です。

できれば相手に寄り添った形で触れたり、気遣ったりするのが理想的ですが、こちらもあまり親密ではない状態でやり過ぎると、ストーカーのように気味悪く思われるおそれがありますから注意しましょう。

LINEテクニック⑩質問を有効活用する

「疑問形で終わらせる」というテクニックを先に紹介しましたが、これも含め相手について色々と質問してみるというのも、距離を縮める方法として有効です。

相手に自分が関心を持っていることが伝わりますし、当然相手をより知ることにもつながります。

言うまでもなく、根掘り葉掘り聞くことは避け、さりげなくそして焦らずに少しずつ聞き出すことが肝心です。

これは、相手と親密になっていても守るべきセオリーと言えます。

LINEテクニック⑪いつもと違う時間帯に送信する

既読スルー同様、いつもと違うことをすることで、女性心理に揺さぶりをかけるLINE術です。

もちろん、日常的に一定の時間に送信する傾向があるという前提が必要です。

相手が寝ている時間や忙しい時間に送ることで演出しますが、ある意味非常識な方法ですから、こちらも頻度や送信する内容には注意しましょう。

あまりにもどうでも良い話題は避けておく方が無難です。

以上の11のテクニックを紹介しましたが、最も重要なことは「さり気なさ」を意識することでしょう。

いかにも「モテようと小細工している」と思われた段階で、モテる男ではなく「小賢しい男」「ウザい男」となってしまいかねません。

LINEで嫌われるやってはいけないこと6選


ここまでは、女性にモテるために「やるべきこと」を見てきましたが、逆に「やってはいけないこと」についても見ていきたいと思います。

既読スルー

誰でもLINEでメッセージを送信する時、他の人の反応を得たい・知りたいと思って送っているケースが大半です。

単に読むだけで足りるようなことであっても、短文であれ何らかのリアクションをしてあげることが、相手の承認欲求を満たすことにつながります。

既読スルーを駆け引きの手段として利用できるのは、あくまで通常はしっかりと対応している前提です

相手に返信を要求したり既読スルーについて説明を求める

これは自分の書き込みが何らかの理由で無視された(ように見える)場合に、相手にリアクションを求めたり責めたりすることです。

面倒な奴だと思われる典型的パターンですので、思うところがあってもノーリアクションで我慢します。

スタンプや絵文字、顔文字の多用

使い過ぎとカワイイ系のモノを選び過ぎることは、女性に「ウザい」とか「かまってちゃん」だと思われることがあります。

あくまで男性が、ちょっと可愛げのあるところを見せる程度の感覚で使いましょう。

さらに、友達未満の関係ではちょっと使うだけでも「馴れ馴れしい」という印象を与える可能性があり、使わないでおいた方が良いかもしれません。

何度も送る

「LINEテクニック②送る頻度」でも説明したように、あまりにも何度も送信していると相手に呆れられてしまいます。

恋人になってラブラブ状態でもない限りは、限度を意識しましょう。

自分のことばかり書き込む

多くの女性は、話を聞くよりも聞いてもらいたい傾向があります。

「俺が俺が」は嫌われる原因になりかねず、モテたいならば自分の話をする場合でも、相手女性を上手く絡めましょう。

ただし、相手のことばかりしつこく質問するのは止めるべきです。

女性が心許したきざしや瞬間が見えるのはこんな時

LINEを駆使して女心を捕まえようとしていた努力が実っても、その判断が付かなければ、せっかくのチャンスを逃しかねません。

そんなことが無いように、相手の女性があなたに興味を持ち始めたと思われる送信内容の特徴を見てみましょう。

自分の単なる近況や状況について、マメにLINEが届く

相手女性があなたに、自分の状況を伝えたいという心理が強く働いているパターンです。

マメに送られてくるようだと気があると見て良いでしょう。

具体的には以下のようなパターンがあります。

「風邪気味で講義休んじゃった。しばらく無理そうで悲しい」

「最近仕事が忙しくて、なかなか映画行けなかったけど、少し暇になってやっと行けそう!面白そうなのある?」

特に、ヒマだったり空いている時間があることを強調したモノが多いと、デートの誘いがかけられている可能性があります。

あなたについて質問が多かったり状況を確認してくる

モテるためのテクニックで、あなたが女性に対してすべきことのまさに真逆のパターンです。

「◯◯さんは、最近英会話学校に通ってるって話してたけど、授業はどんな感じ?難しい?」

「◯◯君は、プロ野球が好きで、よく試合を見に行ってるんだよね?」

このような内容がよく来るようになったら「脈あり」で、タイプの女性についての質問などが入ってくると可能性大と言えます。

また、会話のラリーが相手主導でチャット状態になることが多い場合も、同様の見方ができるでしょう。

自撮り画像が送られてくる

自撮り画像付きのLINEが送られて来た場合にも、あなたに自分を意識してもらいたい女性心理が出てきた瞬間かもしれません。

特に頻繁に送られてくるようだと、それが確実に言えます。

稀にただの「自分大好き」タイプもいますが、その場合にはLINEの書き込み自体も自分中心の内容になっているはずです。

あなたのことにも多く触れられていれば、すでに気になる存在になっていることは間違いありません。

かわいい絵文字やスタンプなどの多用

注意が必要なのは、女性でも特に年齢の若い「女の子」の場合、元々こういう傾向のLINEを送るタイプが多いということです。

ですから、それまでの書き込みから、そういう変化がはっきりと出た場合に限定されます。

ハートマークなどの多用が出てきたケースなどは、もっともわかりやすいところでしょう。

あなたの書き込みに強く共感してくれる

相手女性への送信内容に対し、「スゴイ!」や「ありがとう!」などの、感情あふれる返信が返ってくれば、あなたに心を許した瞬間かもしれません。

上で説明した絵文字やスタンプと共に帰ってくると、なお良い傾向です。

当然ですが、それ以降におけるLINEの内容の傾向も含めて考える必要があります。

LINEでモテるためのテクニックは従来の方法の延長線上にある!

最後まで見ていただきありがとうございました。

さて、今さらですが、LINEでモテるためのテクニックと言いつつ、実はこれまでの恋愛テクニックと基本的に同じだとお気づきになった方も多いと思います。

そうです!LINEでモテる男になるための基本テクニックとは、相手女性へのさりげない気遣いと、それを前提にしたちょっとした押し引きや駆け引きで、これはSNS全盛時代以前と何ら変わりません。

あくまでその基礎知識を、LINEという新しい手段にどう適応させていくかがキーポイントなのです。

結論としては、LINEだからとあまり難しく考えず、あなたの常識や一般的な感覚をフルに活用しつつ、時に臨機応変に振る舞えば良いのです。

そして、意中の女性に対しては、あなたの真剣な思いを地道に伝えていくことこそが、テクニックより何より重要と言えます。

紹介したテクニックを基準にしながら、あなたなりのモテ男になる方法を編み出していただければ幸いです。

↓モテる男について知りたいならコチラ!

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!