エッチの時に女性が感じる男性からの「言葉責め」4選

  • 作成日:2017.12.21
  • 更新日:2017.12.19
コラム

エッチを盛り上げる一つの要素として重要な言葉責め。
後で思い返すと恥ずかしいものですが、その時だけは良い気持ちになることができますよね。
女性は、気持ちいい部分を触られるのも好きですが、言葉で責められるのも大好きです。

今回は、女性が男性に言われたい言葉責めについてお伝えします!

(1)「こんなに濡れてるよ」

これは王道のセリフですね。
AVを見過ぎて、つい言ってしまった男性もいるのではないでしょうか。

女性にとって、濡れるということは、それだけ感じているという事。
それをいい事に男は、濡れやすい女性をエロイ女認定します。
このセリフを言う事で、女性もエロイ自分が急に恥ずかしくなり、さらに濡れてしまうという悪循環です。

最強のセリフなので、ぜひ言ってあげましょう。

(2)「見せて」

女性のはずかしい所を男に見せるという行為。
恥ずかしいですよね。
見せるという事は、非日常にあたる事なので、つい興奮してしまいますね。

たまに男性に見せたがるような人もいますが、基本的には恥ずかしい事。
しかし、それを求められるという事は、男性が見たいと思っているからですよね。
サービス精神が旺盛な女性は、嬉しさのあまり感じてしまうのです。

(3)「どこにどうしてほしいか言ってごらん?」

これもAVの見すぎだと思われるセリフですね。
特に、いかにも下ネタが苦手そうな女性に対し、男性は求めてきます。
一種の支配欲のようなものですね。

このように、恥ずかしいセリフを女性が言う事により、男性はさらに頑張ります。
気持ちいい行為をするためにも、エロく男性に伝えてやりましょう。
口にするだけで、さらに感じてしまいます。

(4)「離れんなよ」

セックスの際、挿れっぱなしにしたい人っていますよね。
まさにお互いが繋がっている感覚。
女性は特に、男とずっと繋がっていたいと思うものです。

そんな女性の気持ちをしっかりと理解し
「離れんなよ」
と言える男は、女を虜にします。

苦しい体勢になっていたとしても、それはお互い様。
耳元でそっとささやきましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
女は意外とエッチだという事が分かりますね。

「こんなセリフ責め、AVだけの話でしょ」
そう思う人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。
女は体だけでなく、心も感じたいものなのです。

初めてエッチをするときは、テンションが上がってこういう恥ずかしいセリフもすんなりと言えるかもしれません。
女性を楽しませるためにも、良いタイミングで言葉責めができるといいですね!

(文/オトコクラス編集部)

この記事を「いいね!」する

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。