血圧サージの意味とは?危険度チェックとタオルでの対策方法を解説!

  • 作成日:2017.12.08
  • 更新日:2017.12.08
健康

血圧は体の状態を図るためのバロメーターと言っても過言ではない重要なものです。
正常値を維持していれば病気などのリスクも少なく健康に生活できますが、高血圧の場合は特に注意が必要でしょう。
しかし正常値だからと安心していると危ないのが「血圧サージ」と呼ばれる血圧が急上昇するじょうたいです。

血圧サージとは何か、その状態になるとどのように危険が伴うのかを知っておかないと、何時自分の身に降りかかるか分かりません。
対策方法も知ることで、血圧サージのリスクを軽減することが出来ます。

スポンサーリンク

血圧サージとは?その危険性を解説!


血圧には正常値があり高い方が120~129、低い方が80~84であれば問題ないと言われています。
これより低い場合は低血圧、高い場合は高血圧と判断され、特に危険を伴うのが高い方が140を超えた場合です。
140を超えると血液の流れなども大きく変化し、血圧が常に高いままだと様々な病気を発症するリスクが高まります。

では血圧が正常であれば問題なく生活できるのかと言えば決してそうではなく、あるタイミングで血圧が急上昇する「血圧サージ」に注意しないと、突然命の危険に瀕することもあります。
血圧サージは正常値の人でもなる可能性があるため、全ての人が注意しなくてはいけない症状です。
血圧は常に一定ではなく、1日の中で常に変動しておりそれが顕著に表れるのが早朝や夜となります。

この時間帯は交感神経が活発になる時間帯や副交感神経に切り替わる時間帯なので、それが影響して血圧が変動します。
これ以外にも緊張した際急激に血圧が上昇することもあり、交感神経が活発化するタイミングで大きな波が訪れることが分かっています。
NHKスペシャルでも血圧サージの危険性を特集しているほど、注意が必要な問題と言えるでしょう。

血圧サージが引き起こされると何が危険なのかと言えば、急激に血液の流れが変化する為、血管にかかる負担が非常に大きくなります。
毎日それが繰り返されると血管は弱くなりますし、それにより脳卒中心筋梗塞心臓病などのリスクも大幅に上昇してしまうわけです。
脳卒中や心筋梗塞が起きてしまうと場合によっては死に至ることもありますので、血圧サージはとても危険であり注意しなくてはいけない症状だと認識しなくてはいけません。

血圧サージをチェックする方法はあるの?


自分に血圧サージが起きているかどうか気づいている人はほとんどいないと考えて良いでしょう。
何故なら高血圧になっても体の表面上には特に大きな変化が起きないためです。
そのため知らず知らずのうちに高血圧になっていたり、毎日血圧サージが起きてそれが繰り返されている可能性があります。

NHKでは血圧サージの特集と共に、チェックするための項目も用意しています。
自分で血圧サージかどうかを確認するには、危険性を知るためのチェック項目を確認してみると良いでしょう。
項目に当てはまる数が多いほど血圧サージの可能性が高くなります。

【血圧サージチェック項目】

・あなたの年齢は65歳以上or65歳以下?

年齢が65歳以上の高齢になると血圧サージの危険性が高まります。
65歳以下と比べてもその割合は高いため、年齢にも注意が必要です。

・あなたのBMI(体格指数)は?

BMI(体格指数)が正常値以上の場合、それは肥満を意味しています。
BMIが高く肥満傾向にある人ほど高血圧になりやすく、血圧サージの危険性もアップしてしまいます。

・深夜にトイレに行く?

深夜トイレに行く回数が多いほど血圧サージの可能性が高くなります。
トイレは室内との寒暖差も多く、力むこともあるので血圧に変化が起きやすいと考えたほうが良いでしょう。

・日中眠くなることは?

日中眠くなることが多い場合、夜の睡眠が不十分か睡眠の質が悪い可能性があります。
睡眠に影響が出ているとストレスにもなりますし、不十分な睡眠が交感神経に作用し血圧を押し上げてしまいます。

・味の濃いものが好き?

味の濃いものが好きな人は塩分の取り過ぎが血圧サージに関係します。
塩分の取りすぎは高血圧になる原因ですし、それが慢性的に続いていると血圧サージになるリスクが正常な場合と比べて大きく上昇することも分かっています。

・果物を食べる?

果物を食べない人は血圧サージになっている可能性が高いと考えられます。
果物には血圧を下げる効果があるカリウムやビタミンなどが豊富に含まれており、特にバナナやリンゴ、柿などは効果が高いと言われています。
習慣的に果物を食べているかどうかで高血圧を予防できているかどうかにも違いが生じます。

・お酒を飲む習慣は?(1日1合以上を週4日以上)

1日1合以上のお酒を週4日以上飲んでいる人ほど血圧サージのリスクが高まります。
これはお酒の飲み過ぎは血圧を上昇させることが分かっているためです。
アルコール30mlの摂取で血圧が3mmHg上昇する研究結果もあり、これはお酒1合に相当します。

週4日1合以上を飲んでいる人は、高血圧の可能性があり血圧サージの危険性も高くなると考えましょう。

・タバコを吸う?

喫煙習慣がある人は、吸わない人に比べて血圧サージの危険性が高いと言えます。
タバコにはニコチンなどが含まれており、それが血管を収縮させ固くしてしまうためです。
血管に問題が生じれば高血圧になりやすく、血圧サージを引き起こすリスクも大幅に上昇してしまいます。

血圧サージを対策するには?予防する3つの方法を伝授!


血圧サージを対策するには日々の生活習慣を見直すことも必要ですし、意識的に血圧を上昇させないようにすることも重要です。
予防するために効果的な方法を3つご紹介しますので、日々の生活に取り入れ血圧サージ対策をすると良いでしょう。
対策をすることでリスク回避も可能ですので、3つの方法を理解しておきましょう。

タオル一つで血圧サージ予防可能!

急激な血圧上昇で引き起こされる血圧サージは、タオル一つで予防することが出来ます。
これは「タオルグリップ法」と呼ばれる方法で、丸めたタオルを握るだけの簡単な対策法です。
何故タオルを握るだけで血圧サージ予防になるのかと言えば、タオルを握ることで手首から肘の血圧に変化が起こります。

これは握ると言う動作により筋肉が収縮し、その際に血流にも変化が起きるためです。
タオルを握る動作を繰り返していると脳は腕の血圧が上昇していると判断します。
すると交感神経に信号を送りその働きを弱めようとするのです。

交感神経の働きが弱まれば血圧も下がることになり、血圧サージの危険性を軽減できます。
握るだけならば何でもいいのでは?と考える人もいるかもしれませんが、この動作で重要なのは3割程度の力で握ると言うことです。
その際に最も握りやすく効果が高いのがタオルだったというわけです。

タオルであればどの家庭にもありますので血圧サージ予防には最適ですし、使い方も簡単なので誰でもすぐに実践できる点も優れていると言えるでしょう。
やり方は丸めたタオルを全力の3割程度の力で約2分間握ります。
その際には握った手の親指と他の指がくっつかない程度の太さにタオルを丸めておくのがポイントです。

片方2分ですので両手で4分程度を目安にし、1日おきに4週間タオルグリップ法を続けることで、血圧サージの危険性を大幅に軽減できるでしょう。

飲み物や食べ物で血圧サージを予防しよう

食べ物や飲み物に注意するだけでも血圧サージの危険性を大幅に軽減できます。
特にコーヒーや果物には血圧を下げる効果があり、血圧サージを予防するのにも最適です。
何故コーヒーや果物を摂取するのが効果的なのかを正しく知り、生活に取り入れると良いでしょう。

・コーヒー

コーヒーには「クロロゲン酸」と呼ばれるポリフェノールが豊富に含まれています。
このクロロゲン酸には抗酸化作用があり体の老化や酸化を防いでくれる効果があります。
体の酸化を防止することで血管の状態も正常に保つことが出来、それが動脈硬化予防にも繋がります。

血管が正常であれば血流を改善でき高血圧を防止できますので、それが血圧サージ予防にも繋がります。
コーヒーを飲む場合は1日4杯までを目安にして摂取することで、高血圧予防を効果的に行えます。
食後のコーヒー習慣を身につければ、無理なく対策が出来るでしょう。

・果物

果物には豊富なビタミンやミネラルが含まれていますので、日々の食事に取り入れることで体の改善が出来ます。
高血圧の原因となる塩分を輩出してくれるカリウムや、水溶性の食物繊維も豊富でそれが血液中のコレステロール排出をサポートしてくれます。

塩分やコレステロールが減れば血圧も正常値に近づけることが出来、血圧サージの予防も出来ます。

筋トレで血圧サージを予防しよう!

急激な運動や負荷の高い筋トレは血圧を上昇させると考えている人も多いでしょう。
確かに筋トレ中は血流が変動する為血圧が上昇しますが、平常時の血圧を下げる効果があることが分かっています。
筋トレをすることで筋肉に負荷をかけより強い状態にすることが出来ますが、これは筋肉が増えるのと同時に基礎代謝アップにも繋がり、血流を改善する効果が得られます。

筋トレにより血流が改善することでスムーズに血液を流すことが出来、それが血圧を正常にする効果に繋がります。
有酸素運動を組み合わせて筋トレを行なえば更に効果的で、体の脂肪を燃焼させル効果と基礎代謝アップによる血流改善が出来るでしょう。
それを続けることで血圧サージ予防にもなります。
ただし無理な筋トレや運動は逆効果になることもあるので、自分で出来る範囲で筋トレを行ないましょう。

血圧サージを引き起こす原因は何?


血圧サージが引き起こされる場合、そこには必ず何らかの原因があります。
その原因となるのは交感神経が活発になる動作や状況ですので、そういった原因を知り避けることが重要です。
特に注意が必要なのが急に動く、走るといった動作・怒りやストレス・朝飛び起きる・寒暖差のある場所への移動・力仕事や力みなどです。

これらの動作や感情は交感神経を活発化し血圧を急激に上昇させることに繋がります。
出来るだけストレスを溜めないことにより交感神経を鎮静化出来ますし、急に動くといった動作にも注意して生活するだけでも血圧サージは防げます。
日々のほんの些細な動作や感情などが気が付かない間に血圧サージのリスクを高めているのだと理解して行動しましょう。

日々の血圧サージの予防・対策を徹底しましょう!


血圧サージは全ての人に起こり得る症状であり、いつどのようなタイミングで起こるかも予測できません。
自分は血圧が正常値だから問題ないと安易に考えていると、突然血圧が急上昇し血圧サージを引き起こす可能性もあります。
そうならないためには日々の生活を見直し予防や対策を徹底することが重要です。

タバコや飲酒の習慣を見直す、BMIを知り体型にも注意する、食生活や不規則な生活を正すことも血圧サージのリスクを軽減できますので、自分で意識して予防や対策を行ないましょう!

最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!