中性脂肪を下げるサプリはどの成分に注目?口コミやランキングも!

  • 作成日:2017.11.16
  • 更新日:2017.11.16
健康

健康診断の時期になると、中性脂肪が高いと指摘される人も少なくありません。中性脂肪が高くなると生活習慣病など様々な問題が体に生じてしまいます。

食事の見直しや運動などを行うことで中性脂肪を下げることができますが、なかなかそれを続けるのは難しいでしょう。

そんな時に便利なのが中性脂肪を下げる効果のあるサプリです。

サプリを使用することで中性脂肪濃度を下げることができますが、本当に効き目があるのか、どんなサプリを選べばいいのか分からない人もいるでしょう。

そこでそんな人のために効果のある成分や選ぶときのポイントなどを考えて、おすすめのサプリを紹介いたします。

≫中性脂肪を下げたい人におすすめのサプリ

スポンサーリンク

消費者庁が発表した血中中性脂肪低下作用がある成分とは!?


平成24年4月に、消費者庁が発表した「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告というデータの中に、血中中性脂肪低下作用の評価が高い成分という項目が含まれています。

そのデータの中で、中性脂肪に効果があると評価されたのが「DHA・EPA」という成分です。

消費者庁の調査結果では、DHA・EPAを使用した際の中性脂肪に対する影響が認められており、データをもとにした効果の有無が記載されています。

報告書の中には「作用機序は明確になっている」という言葉を使用し、DHA・EPAの効果が明確であると決定づけています。

効果がある理由に関しても

「転写因子PPARαのリガンドとして脂肪分解酵素の発現を上げ、脂肪分解を促進すると共に、脂肪合成に必要な転写因子SREBP1c の量を低下させ、脂肪合成を阻害する。以上の機序により、末梢組織や血中での脂質蓄積を抑制し、血中中性脂肪低下作用を示す。」

と科学的な根拠が示されているため、中性脂肪にはDHA・EPAの摂取が効果的だと分かるのではないでしょうか。

中性脂肪を下げるサプリは何を基準で選ぶべき?


中性脂肪を下げる効果が期待できるDHA・EPAですが、それを含むサプリを選ぶ際には何を基準にすればいいのでしょうか。

市場にはDHA・EPAを配合したサプリが数多く売られていますが、基準とすべきはDHA・EPAの「含有量」を基準にするのがポイントとなります。

それと同時に酸化防止ができているか、安全性に問題は無いか、継続して使用可能な価格かどうかも選ぶ際に必ず確認するのがポイントです。

1、DHA・EPAの含有量を確認

サプリ選びではDHA・EPAがどれだけ入っているか含有量を確認しましょう。

この含有量が少ないとサプリの効果が実感しにくいこともありますし、1日に必要なDHA・EPAを補うことができない可能性があります。

サプリで十分なDHA・EPAを補えるかどうかが重要です。

DHA

DHAとはドコサヘキサエン酸という名前の成分で、主に青魚に含まれています。

DHAを摂取することで体内の悪玉コレステロールを減らし、中性脂肪の濃度を下げる働きがあります。

DHAは脳に作用するため、脳神経の伝達をスムーズにし脳神経活性化による記憶力アップなどの効果も得られますので複数の効果が期待できるでしょう。

EPA

EPAとはDHAと同じく青魚に多く含まれる成分です。

体内の悪玉コレステロールを減らす効果はDHAと同じですが、DHAよりも血液をサラサラにしてくれる機能が高いため、動脈硬化などの予防に高い効果が期待できます。

厚生労働省推奨のDHA・EPA摂取目安は?

DHA・EPAは毎日摂取することで中性脂肪を下げたり、血液をサラサラにすることが可能です。

厚生労働省の推奨するDHA・EPAの1日当たりの摂取量は、1,000mgが理想的となっています。

1,000mgを摂取することによって、動脈硬化や脳梗塞などのリスクを軽減できますし、中性脂肪が原因となる病気の発症も抑えることが可能です。

しかし、1,000mgを摂取するにはイワシなら2~3匹、サンマの場合は1匹を毎日食べ続けなければいけません。

DHA・EPAは体内では生成できないので、外部から摂取するしか方法がないため、健康を考えた場合、魚を食べ続けるという生活が必須となります。

魚嫌いの場合はこれは難しいでしょうし、毎日魚を食べるのも困難なので、DHA・EPAが入っているサプリの使用が非常に効果的です。

2、酸化防止ができているか

DHAやEPAは体内に取り込むとよい影響を与えてくれますが、それは成分に問題が無い場合に限られます。

DHAやEPAは酸化しやすいという弱点があるため、サプリに関しても酸化防止ができているかどうかが選ぶポイントです。

酸化してしまっては、DHAやEPAは摂取しても効果を得られないことになりますので、抗酸化作用のあるビタミンEアスタキサンチンなどの成分が一緒に入っているものを選ぶとよいでしょう。

3、安全性を確認する

DHA・EPAが配合されているサプリであれば何でも良いのではなく、体に取り込むものだからこそ安全性を確認する必要があります。

サプリには海外で作られたものには安全性に疑問が残るものもありますし、使用されている成分が添加物だらけというものも少なくありません。

そういったサプリを選んでしまうと体に対して悪影響を及ぼす可能性もあるので、国内で安全性に細心の注意を払って作られたサプリを選ぶのがポイントです。

4、継続できる価格か

DHA・EPAを毎日摂取するのに最適なサプリですが、継続して使用しないと効果を実感することは難しいです。

DHA・EPAの摂取を止めればまた中性脂肪の濃度が高くなることも考えられるので、継続して使用できるかが重要となります。

そのため、値段が高すぎるものは負担が増えてしまうので、成分と価格のバランスが良く、毎日飲んでもお財布の負担にならないよう考えてください。

価格だけで選ぶと安価だけど含有量が少ないという失敗もあるので、必ず含有量や安全性なども考慮してバランスのとれたサプリを選びましょう。

中性脂肪を下げる効果のある人気サプリランキング!

中性脂肪を下げる効果のあるサプリの中でも、特に人気が高いものをランキング形式で紹介いたします。

サプリを使用することで悩みを解消することができるとともに、毎日の生活を改善するためのサポート役としても期待できます。

それぞれに特徴があり配合されている成分にも違いがありますので、内容を確認して自分に合ったサプリを選んでください。

【1位】モンドセレクション3年連続金賞『きなり』


【公式サイト】

価格 5,695円→1,980円(税込)
DHA・EPAの量 500mg
その他有効成分 アスタキサンチン、クリルオイル、ナットウキナーゼ
特徴 ・モンドセレクション3年連続最高金賞受賞
・さかなのプロ「マルハニチロ」と共同開発
特典 【1】15日間の返金保証付
【2】モニターコースの解約・休止はいつでも可能
【3】送料無料

魚が足りていないと感じている人にはぴったりのDHA・EPAサプリメントです。

魚のプロであるマルハニチロと共同開発することで、良質で安全なDHA・EPAをしっかりと配合してあります。

1日に必要なDHA・EPAの半分となる500mgが摂取できるため、不足しがちな状態を改善することが可能です。

アスタキサンチンによる酸化防止も完璧ですし、ナットウキナーゼなどの成分も配合することで血液サラサラ効果をさらに高めています。

カロリーの心配もありませんし15日間の返金保証もついているので試しに使用して見たい場合でも安心です。

きなりの詳細をチェック

【2位】特定保健用食品『イマークS』


【公式サイト】

価格 3,000円→1,080円(税込)
DHA・EPAの量 860mg
その他有効成分 なし
特徴 ・特定保健用食品(トクホ)
特典 【1】お試し10本セットがお得
【2】送料無料

魚のことに関してはプロ中のプロであるニッスイが販売しているDHA・EPA飲料です。サプリ形状ではなく飲料にすることで素早くDHA・EPAを体に取り込むことができます。

特定保健用食品として登録されている商品ですので、ニッスイが自信を持って販売していることが伺えます。

イマークS1本あたりに健康成分のEPA600mg、DHA260mgが配合されていますので、無理なくDHA・EPAを摂取することが可能です。

ヨーグルト風味なので魚が嫌いな人でも美味しく飲みながらDHA・EPA不足の解消ができるでしょう。

お試し10本セットを購入すれば通常3,000円が送料無料の1,000円で購入可能です。

イマークSの詳細をチェック 

【3位】DHA&EPAオメガプラス


【公式サイト】

価格 1,851円→1,666円(税込)
DHA・EPAの量 328mg
その他有効成分 亜麻仁油、クリルオイル、アスタキサンチン、深海鮫肝油、オリーブスクワレン
特徴 ・関節痛にも効果あり
特典 【1】定期購入で今治ミニタオル付
【2】サプリメントプルケース付
【3】送料無料

有効成分量はDHA・EPAが328mgが4粒に配合されており、それ以外にもα-リノレン酸を含む亜麻仁油やアスタキサンチン、深海鮫肝油のスクワレンも配合してあります。

価格も買いやすい価格に押さえてあり通常でも1,851円、定期コースを利用すると10%OFFの1,666円で購入できるためお得です。

1日あたり55円ほどでDHA・EPAが3分の1を摂取できるので、コスパも良くバランスのとれたサプリだと言えるでしょう。

DHA&EPAオメガプラスの詳細をチェック

ドラッグストアなど市販で買える中性脂肪サプリ

ランキングで紹介した商品以外にも、ドラッグストアなどで気軽に購入できる中性脂肪を下げる効果のあるサプリはあります。

ネットショップは苦手、現物を見て購入したいという人も多いと思いますので、特に代表的なものを紹介いたします。

DHCの「DHA」サプリ

サプリ等で有名なDHCの販売しているDHAサプリです。

1日目安でDHA510mg、EPA110mg、ビタミンE60mgが摂取でき、カロリーも低いので使い勝手の良いサプリです。

アサヒディアナチュラ「EPA×DHA+ナットウキナーゼ」

アサヒのディアナチュラシリーズのEPA×DHA+ナットウキナーゼは、DHA・EPAにナットウキナーゼの効果をプラスしています。

1日当たりDHA154mg、EPA360mgが摂取でき、ビタミンE8.0mgとナットウキナーゼ5.5mgも摂取可能です。

血液をサラサラにする効果が高く、中性脂肪減少のサポートが出来るサプリです。

小林製薬「ナットウキナーゼ EPA DHA」

小林製薬のナットウキナーゼ EPA DHAは、ナットウキナーゼを主にEPAとDHAをプラスしています。

ナットウキナーゼの持つ血液サラサラ効果にDHAやEPAのサラサラ効果、たまねぎの持つケルセチンのサラサラ効果も入れることで体を中から改善してくれます。

中性脂肪を下げる効果が期待でき、生活習慣病リスクを軽減してくれます。

大正製薬「エパデールT」(薬)

大手製薬会社の大正製薬が製造販売しているエパデールTは、純度96.5%以上のEPAが配合されています。

EPAの働きによる中性脂肪濃度を下げる働きが期待でき、動脈硬化などの予防に効果的です。

サプリではなく薬という扱いなので、使用する際には認定薬剤師に相談の上使用する必要があります。

DHA・EPAはコレステロールも下げることができる!?


中性脂肪が高いということは、健康に問題が生じるリスクが高まりますが、コレステロールが増えるのも大きな問題となります。

DHA・EPAには中性脂肪を下げるだけでなく、コレステロールを減らす効果もあるのです。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり、増えてしまうと問題となるのが悪玉コレステロールです。

善玉コレステロールはHDLコレステロールと呼ばれ、血中のコレステロールを回収し肝臓に運ぶ役割をしています。

善玉コレステロールが多ければ悪玉コレステロールを血中から減らすことができますが、逆に悪玉コレステロールが善玉を上回ると、動脈硬化など重篤な症状になる可能性が高くなります。

悪玉コレステロールは運搬役として血中にコレステロールを運び入れるので、増えれば増えるほど体には悪い影響が及ぶことになるので注意が必要です。

DHA・EPAを摂取すると血中の悪玉コレステロールを廃除し、善玉コレステロールを増やすことができますので、コレステロールの増え過ぎという状態も改善できるわけです。

DHA・EPAサプリには副作用はある?


中性脂肪減少やコレステロール値の改善など、高い効果が期待できるDHA・EPAサプリですが、気になるのは副作用があるのかということでしょう。

基本的にDHA・EPAサプリに使用されている成分は、DHA・EPA以外にはビタミンやアスタキサンチンなど体に問題の無い成分です。

そのためサプリを使用しても、副作用が起こる心配はないと考えて良いですが、効果を高めようと過剰摂取した場合には問題が生じることがあります。

DHA・EPAは1日1,000mgが推奨ですが、過剰摂取となるのは3,000mgを超える摂取をした場合です。

サプリを過剰摂取すると、一時的に下痢や吐き気、嘔吐といったの症状が出ることがありますので注意しましょう。

また、食物アレルギーがある場合にも、DHAやEPAに対してアレルギー反応を起こすことがありますので、アレルギーを持っている人はサプリの使用に細心の注意を払う必要があります。

薬を服用している場合は特に注意を!

持病があり薬を服用している人もDHA・EPAサプリの使用には注意しなくてはいけません。

特に血液凝固阻止剤を使用している場合、DHA・EPAサプリの効果が加わることで、ケガをした際に血が止まらなくなることがあります。

血圧調整の薬を飲んでいる場合も、サプリにより血流がスムーズになることで問題が起こることが考えられるからです。

そのため、薬を使用している場合には必ず医師に相談して、OKが出た場合のみサプリの使用をするようにしましょう。

DHA・EPAサプリを安全に使用するために


中性脂肪を下げたいと考えている場合、サプリを使用することで手軽に改善をすることができるでしょう。

とはいえサプリだけに頼っても意味がありませんので、食生活の改善や運動を取り入れるなど、生活習慣全体を変えていくことが重要です。

サプリはあくまでもサポート役であり、意識を変えて体の改善に取り組む姿勢が、動脈硬化などの防止に繋がります。

DHA・EPAの効果を正しく知り、サプリなどを上手に使用することで、健康でアクティブな毎日を取り戻せるでしょう。

【12月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!