闇雲なダイエットは効果ゼロ。食事と運動の組み合わせで効率的に!

  • 作成日:2014.08.05
  • 更新日:2015.07.23
メタボ

太った体を改善するためには、ただ運動をして、食事の量を減らすだけでは効果は期待できません。食事と運動の関係が、効率のよいダイエットにつながります。

30代男性からの相談:「中年太りを効率よく解消したい」

食事の量が増えたため、太った体を改善したいという30代男性の方からの相談です。

30代になり、結婚をきっかけにだんだんと太るようになりました。独身の頃より、夕食の量が増えたのが原因だと思いますが、以前はどんなに食べても細身で体重の変化も少なかったです。
しかし、30歳を超えたあたりから、急にお腹周りに脂肪がつくようになりました。顔もなんだかむくみがちになりましたし。筋肉の衰えが原因だと思い、帰宅後は筋トレや出来る日は5キロ程度のランニングも生活に取り入れました。けれども、昔と同じ距離を走っても、筋肉のつくペースが落ちている、もしくは太るペースが早い気がします。夕食は食べない訳にはいかないので、効率よく体力や筋肉を戻すメニューがあれば教えて頂きたいです。

食事を変えると体も変わる!

食事の内容はもちろん、食事を取る時間や、一日のうちでいつの時間にたくさん食べるかによっても体重に影響します。

日本の食事は夕食中心ですが、米飯を朝か昼に摂取し、夕食は肉食から魚食など変更したり、油の多いものは避けるなど工夫して副食中心にすると体重増加は防げます。あまりあっさりした料理ばかりでも、体力、免疫力低下などきたしますので、バランスの良い食事をすることをお勧めします。(看護師)

お酒やビールなども体重増加の原因になりますので、お酒1合など適量を摂取するように心がけて下さい。(看護師)

運動後は、炭水化物は摂らずにたんぱく質と野菜を摂る程度にしておきます。たんぱく質と野菜は重量比で1:2が目安です。運動後はアルコールの吸収が良くなるため、少なくとも運動した日は避ける方が良いです。(看護師)

運動するタイミングと食事内容で筋肉のつき方は変わる!

体を動かすタイミングや、運動前後の食事の内容によって筋肉のつき方は変化します。

年齢とともに新陳代謝は落ちてきますので、スポーツをバリバリ行っていた10代20代とは違ってきます。同じ生活をしていても、成長期を過ぎると年に1%程度は筋肉が自然に落ちて行くと言われています。(看護師)

理論的には、運動能力が1日で一番高くなるのは夕方です。そして運動をするにあたっては、運動する時間の6時間前の食事内容が重要となります。夜9時ごろするのであれば、午後3時ということになります。ここでたんぱく質を取っておくと、運動して筋肉を再生するのに役立ちます。(看護師)

糖尿病などで血糖値の高い方は、血糖値の上昇をゆるやかにする目的で、夕食後30分から1時間ほど空けて運動を開始することが好ましいです。(看護師)

減量目的となりますと本当は夕食前が望ましいのです。それでも昼食後何も食べていない状態では気持ち悪くなってしまうので、運動開始の一時間くらい前までにおにぎり一個くらい食べておくと良いです。(看護師)

太った体を改善したいのであれば、食事制限や運動はもちろん必要です。ただし、闇雲に激しい運動と過剰な食事制限を行っても、継続できなかったり体調を壊す原因になります。食事と運動を連動させ、より効率的に行うことで、継続的に体型の改善に取り組めるでしょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

肥満で血圧が心配な方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

手軽に血圧を下げたい!1番簡単に下げる方法まとめ

血圧を下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のために血圧を下げる1番手軽な方法を紹介します!