りんご酢や黒酢でコレステロールが下がる?お酢が血液をサラサラにするワケ

  • 作成日:2017.08.29
  • 更新日:2017.09.22
健康

健康のために、お酢を取り入れようか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

お酢は、ドロドロの血液をサラサラにする働きがあります。

血液がサラサラになることで、動脈硬化の予防にもつながるのです。

この記事では、お酢が血液をサラサラにする成分と働きを紹介します!

スポンサーリンク

お酢が血液をサラサラにする


お酢には、血液をサラサラにする働きがあります。

お酢は、血行を促進して代謝を上げるのです。
さらに免疫力を向上させます。

お酢に含まれる成分と働きを紹介します。

豊富に含まれているアミノ酸でコレステロールを下げる

お酢には、アミノ酸が豊富に含まれています。

お酢に含まれているアミノ酸は、中性脂肪を減らすのです。

さらに、悪玉(LDL)コレステロールを減らす働きがあります。

骨粗鬆症や美肌の予防にもおすすめ

お酢は、骨粗鬆症の予防にもなるのです。

お酢に含まれているクエン酸は、カルシウムを吸収しやすくします。
カルシウムは食品からの吸収率が低く、日本人が不足しがちな栄養素です。

そのため、カルシウムが豊富に含まれている食品を摂取するさいは、お酢を加えて食べるとよいでしょう。

カルシウムが吸収しやい状態だと、骨粗鬆症の予防になります。

さらにお酢は、肌老化の原因となる「過酸化脂質」が増えるのを防ぎます。
そのため、美肌にもよいのです。

おすすめのお酢5選!身体のなかでの働きを紹介

お酢は、果物や穀類からつくられます。
ここでは、おすすめのお酢と働きを紹介するので参考にしてみてください。

1.塩分を排出する「りんご酢」

りんご酢には、身体に摂り過ぎた塩分を外に出す「カリウム」が含まれています。

塩分の摂り過ぎは、高血圧の原因になるのです。

そのため、りんご酢(お酢)に含まれているカリウムの働きが血液を下げます。

2.アミノ酸の量が多い「黒酢」

黒酢は、アミノ酸の量が多いです。
さらに悪玉(LDL)コレステロールのみを減少させます。

悪玉(LDL)コレステロールが減少することで、善玉(HDL)コレステロールの量が高くなります。

また黒酢は、毎日飲み続けることが大切です。
飲むのをやめてしまうと、コレステロール値が再び上がる場合もあります。

3.ポリフェノールが豊富な「バルサミコ酢」

バルサミコ酢は、イタリアでつくられているお酢です。

バルサミコ酢は、料理の仕上げなどに使用されることが多いのです。

また、バルサミコ酢はぶどうの皮や種も一緒に煮詰めてつくられています。

そのためポリフェノールが豊富なのです。
ポリフェノールには、血液をサラサラにする働きがあります。

血液がサラサラになることで、高血圧の予防にもなるのです。

4.酸味が少なく飲みやすい「もろみ酢」

もろみ酢は、沖縄などでつくられています。

クエン酸やアミノ酸が豊富に含まれているのですが、酸味が少なめなので飲みやすいのが特徴です。

5.酢玉ねぎ

酢玉ねぎに使われる玉ねぎには、硫化プロピルという辛み成分が含まれています。
硫化プロピルは、血糖値を下げる働きがあるのです。

また硫化プロピルは、長い時間空気に触れると「トリスルヒィド」に変化します。

トリスルヒィドには、悪玉(LDL)コレステロールを減少させる働きがあるのです。

さらに長い時間熱を加えると、硫化プロピルは「セパエン」に変化します。
セパエンは、中性脂肪を下げて血液をサラサラにする働きがあるのです。

そのため、中性脂肪値やコレステロール値を下げる働きがより強くなるのです。

このことから「酢玉ねぎ」には、高血圧や脳梗塞の予防にもよいのです。

「お酢」の摂取目安は1日大さじ1杯!


お酢は、飲み過ぎたり空腹時に飲むと、食道や胃を傷めてしまうことがあります。
そのためお酢は、1日大さじ1杯(約15ml)にしましょう。

またお酢には、そのまま飲めるお酢と水やジュースで薄めるお酢があります。

薄めるお酢は、商品によって3~4倍薄めるものとあるので説明書はしっかり読みましょう。
さらにお酢が濃い場合は、過剰摂取をすると歯が溶けてしまう酸蝕歯(さんしょくし)が、起こる原因です。

そのため、用量・用法は守ってお酢を摂取しましょう!

お酢の摂取と一緒にすると良いコレステロールを下げる方法は、以下の記事に書いてあります!

コレステロールを下げるためには大豆もおすすめ!


コレステロールを下げるために、大豆もおすすめです。

大豆には、コレステロール値を下げて動脈硬化を予防する成分が含まれています。

【大豆に含まれている成分と働き】

成分 働き
大豆たんぱく質 身体の中にコレステロールが吸収されるもを防ぎ、コレステロールを下げる
不飽和脂肪酸
(大豆脂質)
悪玉コレステロールを身体の外に出して、善玉コレステロールを上げる
大豆イソフラボン
大豆サポニン
強い抗酸化作用。

動脈硬化の原因となる「血栓」を予防

お酢を摂取して健康的にコレステロールを下げましょう!


コレステロールを下げるためには、お酢を摂取するのがよいでしょう。

疲労回復だけではなく、コレステロールを下げることで高血圧の予防にも繋がります。

またお酢は、手軽に購入できるため取り入れやすいのではないでしょうか。

お酢の摂り過ぎに注意して、コレステロールを下げましょう。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!