風邪薬が効いている時にコーヒーを飲むのはNG?

  • 作成日:2017.10.09
  • 更新日:2017.10.06
健康

薬を飲む前後に、薬の効果に競合してしまうかもしれない飲み物を飲むのは、身体に悪い影響を与えてしまうのでしょうか。

今回は、風邪薬とコーヒーの関係についてご紹介いたします。

スポンサーリンク

30代男性からの相談:「風邪薬が効いている時にコーヒーを飲んだら効果は落ちる?」

風邪薬によっては、眠気が起きる成分が配合されている場合があります。そのような風邪薬を飲む前後や薬の効果がある時間帯にコーヒーやお茶は控えた方が良いのでしょうか。

コーヒーやお茶にはカフェインが含まれており、覚醒作用から風邪薬の効果が半減することもあるのでしょうか。コーヒーが好きで日常的に飲んでいるので、上手な風邪薬などの付き合い方を知りたいです。

また、風邪の時には、コーヒーなどを控えた方が良いのか教えて下さい。

風邪薬とコーヒーの組み合わせはNGなのか?

風邪薬とコーヒーの組み合わせはどのようなポイントに注意すべきなのでしょうか。専門家にお聞きしました。

薬を飲むときはコーヒーや緑茶などカフェインなどが含まれているものは、作用を阻害する因子があるために良くないと言われています。その他にも、グレープフルーツは降圧剤を飲むときは作用を促進してしまうので禁止されています。その為に、薬の作用に影響を与えない白湯が一番薬を飲むのには適しています。(看護師)
少しの水分で薬を飲むよりか多くの水分、出来ればコップ一杯程度の水で飲んだ方が吸収もしやすくなります。コーヒーは量を摂るには適していません。(看護師)
普段コーヒーを飲んでいる人の場合は、覚醒作用自体は関係ないと思います。風邪薬では全くダメというわけではありませんが、水やイオン飲料を飲むことをお勧めします。(看護師)
風邪の時にコーヒーを飲んでもいいのかですが、まず、コーヒーに含まれるカフェインが頭痛を和らげる効果があります。これは、カフェインにより、血管収縮効果があります。血管が普段より広がり、周囲の筋肉などに圧迫してしまうことです。特に脳の血管が拡張して、脳内神経を刺激してズキズキとした頭痛となってしまいます。このような時は、コーヒーの成分であるカフェインが血管収縮を抑えて脳内神経刺激がなくなるので、自然に頭痛がやわらぎます。(医師)
他にコーヒーを飲むとカフェインが交感神経を刺激して血圧が上がり、汗をかきやすい状態になります。その汗をかくことで新陳代謝が良くなり風邪の症状を緩和いたします。咳やたんにも効果があり気管支を拡張する効果があります。(医師)
コーヒーには利尿作用もあり、体内の老廃物やウイルスも排尿します。コーヒーで胃液を分泌量が増えて食欲改善効果も期待できます。(医師)
今まで申し上げたのは、医学的なものは薄いですが、カフェインが影響を起こしているのは間違いないです。ただし大量にカフェインを摂ると体に異常が出てきますので、摂りすぎに注意してください。風邪薬と併用するのは、おすすめいたしません。成分により効き目か薄れる場合があります。(医師)

基本的に、薬は水かぬるま湯で飲むことが推奨されています。それは薬に大きな影響を与えないことが分かっているからです。

飲み物の中には、薬の効果を強めすぎてしまうものや阻害してしまうものがあります。せっかく処方されたり、自分で選んで薬を買っても効果が出にくい方法で薬を飲むのはあまりにももったいないことです。

しっかりと薬の効果を得られるように工夫してみるのがいいでしょう。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!