亜鉛の効果を徹底紹介! 亜鉛で男性の悩みを解消しよう!

  • 作成日:2015.01.27
  • 更新日:2018.06.20
薄毛

男性向けのサプリに配合されていることの多い亜鉛ですが、その効果を具体的にご存知でしょうか? 亜鉛を摂取すれば男性機能が向上する? 亜鉛が足りないとどうなるのか? 亜鉛にはリスクはないのか? ここでは、亜鉛の効果についてまとめています。

スポンサーリンク

40代男性からの相談:「亜鉛を摂取するとどんな効果がある?」

亜鉛は男性にとって欠かせないと思いますが、実際に継続して摂取すると効果が現われるのでしょうか?

例えば、抜け毛が収まったりしますか? 最近抜け毛が増えていて、薬には頼りたくないのですが、サプリか食事か何かで抜け毛を防ぐようにしたいと思っています。

また、亜鉛の持つ効果についても教えて下さい。

亜鉛の効果

亜鉛には様々な効能があります。専門家の解説から、いくつかの主要な効果についてご紹介します。

亜鉛は男性ホルモンの分泌の促進、精子の生成、生殖機能の促進や育毛にも効果があると言われています。亜鉛が牡蠣に多く含まれていることは有名です。いろいろなものをバランスよく摂ることが必要です。(看護師)

また、2008年の論文「亜鉛と生殖」において、亜鉛を欠乏させたラットについて、

補助生殖腺の発育低下は極度の亜鉛欠乏により引き起こされる二次的効果であり,ゴナドトロピンの生産抑制,アンドロゲンの生産量低下などホルモンと一連の関連を有していることが示唆される.また,睾丸の萎縮や精子形成能不全は亜鉛欠乏の直接の影響であることから,十分量の亜鉛が精子の成熟後期に精子中に高濃度に取り込まれることが,精子形成や胚上皮の生存には不可欠であると思われる.

と論じられています。亜鉛は男性機能、そして男性自身にとってなくてはならない物質なのです。では、亜鉛が持つ効果について詳しく見ていきましょう。

生殖機能の改善

亜鉛は前立腺や精子に多く存在しています。亜鉛は精子をつくるのに必要不可欠なのです。そのことから、亜鉛は「セックス・ミネラル」とも呼ばれているのです。

前立腺における亜鉛の役割として精子形成への関与が考えられる.前立腺では亜鉛の局在性があり,組織化学的には尿道周囲組織ではなく,正常前立腺の側葉部(背側前立腺)に確認される.

精液中には亜鉛は 10 ~ 35 mg / dL と高濃度に存在している.しかもこの精液中の亜鉛量が精子数に有意に相関する

亜鉛を摂ることで精子を生成し、量と質を高めてくれるのです。受精し子供を作りやすい精子をもたらしてくれるかもしれません。

また、前立腺の働きを助け、前立腺障害やEDを予防する効果もあります。男性ホルモンであるテストステロンの生成にもかかわっているため、性欲の維持にも繋がるとされています。

亜鉛は精子の中に含まれているため、射精のたびに亜鉛を失っていることになります。男性機能を補うためには亜鉛が力強い味方になってくれるでしょう。

身体の調整や維持をして成長を支える

亜鉛は身体づくりに欠かせない物質です。細胞分裂に関係することから、毛髪や肌の生成を助けてくれるのです。薄毛や抜け毛を予防したり、肌をきれいに維持したりします。加えて、傷の治りを早くする効果もあるといわれています。また、筋肉の生成も促進されていき、男性らしい体つきを手に入れることもできるかもしれません。

2008年の「亜鉛の骨形成促進因子としての役割」では、亜鉛が骨生成にも深く関与していることが、以下のように記されています。

生体必須金属の1つである亜鉛が骨形成促進因子として大きな役割を果たしており,この作用が成長期に加えて老齢期においても発現されることは,骨代謝における亜鉛の役割の重要性を強く示唆するものである.成長期を過ぎた骨の一部は常に新しいものに置き代わり,再構築(リモデリング)されている.すなわち,骨の細胞のはたらきによって骨の破壊(骨吸収)と骨の形成(骨形成)が入れ替わりたちかわり行われている.骨の老化は,骨形成と骨吸収のバランスの乱れによってもたらされ,まず骨形成能が低下していることは確実であり,さらには骨形成と骨吸収のカップリングが障害されていると考えられている.このような骨の老化の過程において,骨細胞中の亜鉛の変動が何らかの影響を及ぼしているものと想定される.

こうした身体づくりが疲労回復にもつながっていくと考えられています。

抗酸化作用

亜鉛はビタミンAの代謝を促進する効果があります。ビタミンAには抗酸化作用があり、老化の原因といわれている過酸化脂質の悪影響を抑えることができます。

また、同じように老化に関わっていると考えられる活性酸素を防ぐ効果もあるといわれています。活性酸素によって生じるダメージを軽減したりする過程で生体のバランスが崩れてしまうことを酸化ストレスといいます。スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)というの活性酸素消去酸素は、活性酸素を抑制し、酸化ストレスを抑制すると考えられています。

SODはヒトには、Cu,Zn-SOD、Mn-SOD、ECSODの3種類のアイソエンザイムが存在している。Cu,Zn-SODは活性中心に銅を、構造安定性に寄与する亜鉛をサブユニットあたり1個ずつ有し、肝臓や赤血球のほか、すべての細胞に普遍的に発現している。

上記は「酸化ストレスと健康」という2009年の論文から引用しています。これによれば、活性酸素を抑制し酸化ストレスを軽減するSODには亜鉛が含まれているとされています。つまり、抗酸化作用に亜鉛は不可欠だというわけです。

免疫力の向上

免疫という視点から見れば、亜鉛には2つの役割があります。

ひとつは、免疫細胞の活性化。もうひとつが、粘膜を保護するビタミンAを身体に留める効果。この2つの働きが外部から侵入してくる細菌やウィルスを撃退し、病気になりにくい状況を作り上げるのです。

2013年には、「ここまで分かった亜鉛の免疫システムにおける役割」という論文の中で、

免疫システムにおいて,免疫担当細胞の分化・機能発現に亜鉛が深く関わっていることが示されつつある。これらの研究成果は亜鉛キレート剤や,細胞内の亜鉛恒常性維持を司っている亜鉛トランスポーターなどの亜鉛関連遺伝子の発現を人為的に操作することにより証明されている。

とされ、亜鉛が持つ免疫力向上の効果については科学的にも裏付けが得られています。

精神神経疾患の緩和

亜鉛は神経細胞を活性化させる効果も持っています。そのため、気持ちを穏やかにする効果も期待できるといいます。

「微量元素と精神神経疾患」では、亜鉛の持つ重要な働きについて次のように記されています。

亜鉛の不足はDNAポリメラーゼ活性が抑制され、ニューロンの修復機構が障害されることにより、中枢神経変性に関与する可能性があり、神経細胞活性に不可欠な微量元素である。

注意欠陥多動性障害(Attention Deficit Hyperactivity Syndrome: ADHD)の子どもの毛髪に含まれる亜鉛が健常児より低下しているという報告が見られる。

神経性無食欲症の思春期の子どもに亜鉛を含む栄養補助食品を与えたところ、補助食品を与えられていない子供より、“うつ”と不安が低いレベルに収まることが可能であった。

神経の働きを正常化することで精神神経疾患の緩和につながるといわれています。亜鉛は精神の正常化にも効果が期待できる栄養素なのです。

味覚を正常に保つ

味覚は舌にある味蕾という器官によってもたらされます。亜鉛は味蕾にある味細胞の入れ替わりに関わる栄養素です。味細胞が正常な状態を維持することで味覚を正常に保つことができるのです。

味覚障害について、「味覚障害患者の動向」では次のように述べられています。

患者数は徐々に増加しており,特に高齢者の割合が増加する傾向が見られた.原因別の頻度は,特発性が半
数を占めていたが,亜鉛欠乏や薬剤が大きな影響を及ぼしていると考えられた.また血清亜鉛値の低い患者が
増加する傾向にあった.

亜鉛は年齢と共に体内から減少する傾向にあります。そして、そのことが味覚障害患者の増加につながっているのでは、と示唆されています。

日本人の平均的な食事からの亜鉛摂取量は 8~9mg/日程度であり,亜鉛摂取量が必要量に達していない者の比率は18~38%と推定されているとの報告もある.すなわち,食生活からの亜鉛摂取の減少が潜在的に存在し,その結果として味覚障害患者が増加している事が推測される.

上でご紹介した以外にも、亜鉛はホルモンの調整に関わる効果を持っており、血圧や血糖を下げる働きもあるといわれています。

また、亜鉛によってアルコールの分解酵素を活性化されることで、肝機能の向上も見込めます。さらには、毒性を抑える効果と共に、排泄されるたんぱく質の誘導も行うことができ、デトックス効果も期待されています。

亜鉛は、このように必要不可欠な栄養素でありながら、すぐに排出され蓄積することができず体内で生成もされません。よく運動をしている方は汗と共に亜鉛も失っていますから、意識的に摂取するのがいいかもしれません。

亜鉛を多く含む食品

亜鉛は様々な食品に含まれており、普通の食生活を送っていれば決して不足することはありません。亜鉛はたんぱく質を含む魚介類や肉類、穀類、野菜に多く含まれています。

  • 牡蠣
  • 豚レバー
  • 高野豆腐
  • 牛もも肉(赤身)
  • うなぎ(蒲焼)
  • ほたて(生)
  • しじみ
  • 鶏もも肉(皮なし)
  • 納豆
  • 卵黄

亜鉛といえば牡蠣というほど、牡蠣の亜鉛含有量は群を抜いています。牡蠣を5個食べるだけで必要な亜鉛を摂ることができます。日常的に摂りやすいのは、肉類や卵でしょう。こうした食材をバランスよく食事に取り入れると、亜鉛不足に悩むことはなくなります。

下の方でもご紹介しますが、亜鉛は吸収率が高い栄養素ではありません。しかし、他の栄養素と組み合わせることで、より効率よく摂取することができます。それがビタミンCや乳糖です。ビタミンCはレモンなどの柑橘類、乳糖は牛乳などに含まれています。

反対に、エンドウ豆やソラマメなどの豆類に含まれるフィチン酸は亜鉛の吸収を妨げてしまう可能性がありますので、一緒に摂るのは控えましょう。

また、亜鉛は水溶性のため、水に溶け出てしまいます。煮汁やスープなどは残さずに飲み干してしまいましょう。

亜鉛は食品から摂取ることもできますが、より効率よく取り入れることができるのがサプリです。

おすすめ亜鉛サプリ

男性用妊活サプリメント マイシード-亜鉛配合-for Men



子供を授かれずに悩んでいませんか? マイシードは妊活に着目したサプリメントです。亜鉛の他、コエンザイムQ10などの有効成分を配合。夫婦で妊活を進める力になるでしょう。

マイシード

マカ&クラチャイダム20000プラス



亜鉛と一緒に摂ることで相乗効果を発揮するマカが配合された男性のためのサプリメント。アルギニンをはじめとする身体にいい成分をいいとこどり。専門家も推薦しています。

マカ&クラチャイダム20000プラス

亜鉛摂取量の目安

厚生労働省は「日本人の食事摂取基準」を設けています。亜鉛にも摂取基準が設けられています。国が定める摂取基準をチェックしておきましょう。なお、データは2015年のものとなります。

男性の年代別亜鉛摂取基準

必要量
推奨量
上限量
18~29歳
8mg
10mg
40mg
30~49歳
8mg
10mg
45mg
50~69歳
8mg
10mg
45mg
70歳以上
8mg
9mg
40mg

亜鉛が不足しがちになる理由とは

亜鉛が多くの人にとって不足しがちな栄養素なのはなぜなのでしょうか? その答えは亜鉛の吸収率に隠されています。

亜鉛の吸収率は約30%ほどといわれています。つまり、多く摂っても体内に吸収される量はもともと少ないのです。また、亜鉛は腸からされますので、普段の食生活やサプリなどの飲み合わせによっては吸収率も大きく下がってしまうことがあります。

また、これまで見てきたように多くの酵素の働きに関わっていることもあり、消費されやすい栄養素でもあります。だからこそ、食事などで積極的に亜鉛を摂取していくことが大切なのです。

そして、普段の食事から十分な亜鉛を摂取できていないのであれば、サプリなどで効率よく亜鉛を取り入れていかなければなりません。

亜鉛を摂りすぎるとどうなるか

亜鉛が身体にいいということは理解いただけたでしょうか。しかし、いくら亜鉛が身体にとてもいい効果を持っているからといって、大量に摂ればいいというものではありません。大量に摂ることで効果は倍増するどころか、身体に悪影響を及ぼしてしまうのです。

上で紹介した目安の摂取量を超えて亜鉛を摂り続けると、亜鉛過剰症を引き起こしてしまいます。1日100mg以上を長期にわたって取り続けることがボーダーラインとなっています。亜鉛過剰症になってしまうと、以下のような症状が身体に現れます。

鉄や銅の吸収を妨げる

鉄や銅も亜鉛と同じく必須ミネラルです。しかし、亜鉛を過剰に摂取することで、それらの必須ミネラルが体内に取り込まれづらくなってしまうのです。

鉄や銅が不足すると貧血や免疫力低下、代謝の異常を引き起こします。

抗生物質の効果が弱まる

亜鉛を過剰に摂取することで、テトラサイクリンやフルオロキノロンといった抗生物質が体内に吸収されるのを妨げてしまいます。過剰摂取でなくとも、薬を飲んでいて亜鉛のサプリを始めたいという場合は、医師や薬剤師に相談するのが望ましいでしょう。

他にも様々な症状が現れます。

  • 肌荒れ
  • 抜け毛
  • 免疫力の低下
  • 嘔吐
  • 吐き気
  • 脱水症状
  • 発熱
  • 倦怠感
  • イライラ
  • 不安感
  • 腎臓障害
  • 神経障害

また、1日2000mgという過剰な量の亜鉛を摂取すると急性中毒に発展します。危険で辛い症状に見舞われることになってしまいますので、くれぐれも摂りすぎには注意してください。

サプリはあくまで健康食品です。普段不足しがちな栄養素を補うためのものになります。たくさん摂ればいいというものではありません。サプリの正しい取り方もしっかりと理解しておきましょう。

まとめ

亜鉛の効果についてご紹介しました。亜鉛は人間の身体に必要不可欠な栄養素。そして、男性にとって嬉しい効果があります。亜鉛について詳しく知り、取り入れていくことで、健康な身体を作り出すこともできるかもしれません。亜鉛で健康な食生活を送りましょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

1人あたり1000円でセフレを作れる最強の○○の正体とは…!?

私は山梨から上京して2年になる20代半ばの男です。 大学卒業まで付き合った人数は2人、経験人数は1人と殆ど女性経験がないまま、社会人になりました。

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!