心臓の鼓動と寿命には関係がある?心臓はなぜ動きなぜ止まるのか

  • 作成日:2017.07.21
  • 更新日:2017.10.03
健康
監修

Masahiko Shikaya
フリー医師

脈拍が1分間に60回あるとします。その人が80年生きる頃には、およそ25億回の脈が打たれることになります。

心臓の鼓動には制限はあるのでしょうか。心臓の鼓動と寿命とは関係があるのでしょうか。

今回は心臓の動きや心臓が止まる原因についてみていきます。

スポンサーリンク

心臓の鼓動と寿命の関連性は?

39301_1

心臓の心拍数と寿命には、関連性があります。

心臓は、ポンプとして、体全身に血液を送りだします。一回の鼓動のことを心拍数と言います。一生の間に打つ回数は、哺乳類ではどのような動物もほぼ同じです。

一般的に身体が大きく体重が重い動物ほど1分間に打つ心拍数が少なく長生きできる。それとは、別に体が小さい体重が軽い動物ほど心拍数が多く、寿命が短いのです。

心拍数と寿命の間には一定の法則があります。心拍数が少ないほど長生きできるわけです。

しかし、人間は自律神経の異常により、心拍の変動が大きくかかわります。一般的には、体重が重く心拍数が多いと寿命が短くなるといわれています。

心臓はなぜ動くのか

39301_2

生まれてから死ぬまで、心臓は働いてます。筋肉は人の意識で動きをコントロールできる随意筋と、できない不随意筋とに分類されてます。

心臓は、心筋という心臓独自の筋肉できてます。心臓は、1分間に平均60回、1時間に3,600回、1日に約9~10万回収縮しています。

心臓は、4つの部屋で構成されています。上の2つの部屋を心室と言います。下の2つの部屋を心房て言います。上下2つの部屋を壁で右左に仕切られています。

では、この4つの部屋の仕事ぶりを解説いたします。

 

  • 全身から帰ってきた血液を集めるるのが、右心房
  • 肺に送り出すのが、右心室
  • 酸素と二酸化炭素を交換して再度心臓に戻すのが、左心室
  • 最後に全身に送り出すのが、左心房

この4つの部屋の役割で心臓が働きをしています。

全身に血液を送り出す役割の部屋左心室は、最もポンプのパワーが必要な為、筋肉で出来た壁の厚みも分厚くなっています。

しかし、上記の筋肉だけでは、心臓は動かせません。心臓を動かすには、命令が無ければ動きません、

心臓には洞房結節という部分があります。この洞房結節が電気信号を作り出すことで、心臓の動きのリズムを決めています。

洞房結節で起こった電気信号は心房に伝わり、心房が収縮します。この収縮が、今度の房室結節と呼ばれる部分に電気信号を起こさせます。電気信号は心室へと伝わり、心室が収縮します。

こうして心房と心室が交互に収縮することで、スムーズな血液の流れています。

 

心臓はなぜ止まるのか

39301_3

心臓が止まるときは、死に直結いたします。心臓が止まる原因は、大きく2つになります。

1、突然死症候群

突発的に心臓が停止します。通常は健康で検診も異常がなく先天性の病気もない人が突然心停止します。現在は医学的に不明が多い交通事故・胸に衝撃を受ける場合も心停止となる可能性はあります。心臓振盪といいます。

2、心臓の病気・先天性異常

心臓に関わる病気によって、心臓の動きが止まってしまうことがあります。虚血性心疾患などが心臓を止めてしまう要因になります。また、心臓に先天的な異常がある場合も、心臓が止まってしまう原因の一つになります。

先天的な異常

もともと心房中隔欠損や心室中隔欠損と血管奇形の異常が原因となります。早期手術治療を必要です。

虚血性心疾患

高血圧、動脈硬化などの生活習慣病が原因となる事が多い。生活の改善が大切になります。

心筋梗塞・心臓に血流が流れない状態、冠動脈にコレステロールや血栓が蓄積され動脈を狭窄を起こすと心臓に栄養が減少し心筋の組織も弱っていきます。心筋梗塞を起こす原因は、狭心症とどうようです。

心臓を止めてしまう異常・病気にはどのようなものがあるか

39301_4

狭心症

心臓に血液を送り込んでいる冠動脈の狭窄です。心臓が貧血状態となり狭心症発作を起こします。狭心症にはいくつかの種類があります。

  • 労作性狭心症:運動時の発作が起こる
  • 安静性狭心症:寝ているときに起こる安静時に発作が起こる
  • 安定性狭心症:発作がある程度周期的に起こる
  • 不安定狭心症:発作や痛みが出る場所が一定しない状態

不整脈

脈に異常が出たら起こる症状です。不整脈にもいくつかの種類があります。

  • 徐脈性不整脈
    1分間当たりの心拍数が50回以下まで下回る症状です。貧血をよく起こす方に見られます。
  • 頻脈性不整脈
    1分間当たりの心拍数が100回大きく上回ること。血圧が低下を引き起こします。
  • 期外収縮
    脈が飛ぶ不整脈です。1秒間に1回の拍動が、1秒飛んで、2秒後に拍動する。発作が多くなった時は危険です。

心不全

心臓の機能低下を指します。心不全は、心停止と同じものとして扱われて、患者さんが息を引き取った時につける病名です。死亡診断書に心停止とは、書けないので心不全と診断されます。

心臓弁膜症

心臓の弁膜が正常な動かない状態です。以下の様々な病気があります。

  • 大動脈弁狭窄症
    全身に血液を送り出す大動脈の大動脈弁が狭窄してしまいます。
  • 大動脈弁閉鎖不全
    大動脈の閉じる力が弱まったことで、血液が逆流してしまいます。
  • 僧帽弁狭窄症
    肺から酸素を取り入れた血液を逆流を防ぐ増棒弁が狭窄してしまいます。
  • 三尖弁狭窄症
    大動脈から送られた血液を右心房に逆流させないようにして、三尖弁が狭窄してしまいます。

動脈瘤

動脈に瘤が出来て血管が破裂してしまいます。

  • 胸部大動脈瘤
    心臓に近い位置の大動脈に瘤ができるのが特徴です。
  • 大動脈乖離
    心臓の内膜に損傷が起こる病気です。心臓の拍動を邪魔をして、心タンポナーデを引き起こします。
    (註:心タンポナーデ/心臓と心臓を覆う心外膜の間に液体が溜まり心臓の拍動が阻害された状態のこと)
  • 川崎病
    乳幼児に見られるウイルス性の動脈瘤です。心臓の冠動脈や大動脈に動脈瘤が発生します。原因のウイルスは特定できていません。

心筋症

心臓の筋肉に現れる病気です。

心筋症とは、発病する原因は、現在も特定できてません。遺伝性の疾患ともいわれています。C型肝炎ウイルスによりウイルス性心筋炎が心筋症の原因ともせつがあります。

心臓肥大

心臓が大きくなり機能低下する病気です。

心臓肥大の原因は、高血圧によって、心臓に送られる血液の量が多くなり通常より負担が多くなり、心臓肥大は、心臓弁膜症の合併症として起こる場合があります。

心室細動

不整脈の一種で、健康な方も起こします。血液中のカリウムの不足が原因で起こります。

心臓の仕組み

39301_5

心臓の構造と仕組み

心臓の大きさは、その人の握りこぶし大、重さは250~300gです。心臓は左右の肺に挟まれて、心膜に包まれて横隔膜の上に位置します。

心臓の壁は心内膜・心筋層・心外膜の3層からなっています。心臓の内部は右心房・右心室・左心房・左心室の4つの部屋に分かれています、

 

全身へ血液を送る左心室の心筋層が一番厚くなっています。心房から心室に移るところ、心室かせ動脈へ出るところは、血液の逆流を防ぐ弁膜があり、右心房と右心室の間に弁がありそれを僧帽弁といいます。

血液の循環には肺を通る肺循環と肺以外の体内をめぐる体循環があります。

循環の流れ

  • 肺循環・・・右心室→肺動脈→肺→肺静脈→左心房
  • 体循環・・・左心室→大動脈→全身器官→組織→上下2本の大静脈→右心房

心臓は一回の鼓動でどれくらいの血液を送り出すのか

心臓が1分間に約5リットルで1日に送り出す血液量は、約7200リットルです。強度の運動や重労働などでかわります。

今のところ、医学的に寿命はどのように捉えられているか

39301_6

医学的に寿命はまた、正式には回答は、ありません。

  • 宗教上の問題
  • 病気による問題
  • 遺伝性の問題
  • 環境因子
  • 生活習慣
  • 食生活

人間が生きていく為のものが一つでも欠けると、病気になる。突然死として扱われるものもあります。交通事故により命をなくすものもあります。

寿命とは、人が亡くなった時と関連付けられています。よく、若くして病気で亡くなられましたねとか、この方の寿命だったんだねといますが、亡くなったという結果に対して寿命という言葉が使われています。

寿命を延ばすにはどのような方法が考えられる?

39301_7

寿命を延ばす方法は、現在の状況に影響を与える以下のようなポイントに気をつける必要があると考えられます。

  • 環境の良い場所に住む
  • 生活習慣病をなくす
  • ストレスをためない
  • 化学調味料や環境汚染物資の食物はとせない
  • 時間の管理を行い。行動する
  • 農薬の使用をやめる

上記の内容を全部行うのは、無理ですが近いところまで行うのもよいです。しかし、病気をすればいくら自然療法を行っても意味はありません。

まずは、生活習慣を見直していくのが長生きの方法と思います。

まとめ

心臓の働きと寿命について見てきました。現在の医学では寿命はあらかじめ知ることはできません。亡くなったその時が寿命という捉えられ方が一般的です。

人は誰もがいずれ死を経験することになりますが、それがいつになるかは誰にも知ることはできません。偶然の事故、これまでの生活習慣が蓄積して発症する病気…。

私たちの周囲には無数の環境因子が存在し、それらと関わらざるを得ません。生きていくうえで様々な情報を獲得し、そして発散させていく。人の営みはなにかを得つつも失っていくことの繰り返しです。いつかどこかで、その繰り返しに終止符が打たれることになります。それが寿命なのです。

死のその時まで、心臓は動き続けます。人の一生を休むことなく動き続ける心臓は私たちの生命の要です。日頃の生活で心臓に負担を与えるようなことはしていませんか? 今こそ、自分の生活を振り返ってみる時なのかもしれません。

【10月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!