保険適用内で歯をきれいにできるか?

  • 作成日:2017.09.25
  • 更新日:2017.09.25
健康

歯の着色が気になっている人にとっては、歯を見せることに気後れしているかもしれません。手軽に歯を白くすることができればこれほど嬉しいことはないでしょう。

歯をきれいにするには、保険を使って行えるものなのでしょうか。

スポンサーリンク

40代男性からの相談:「保険適用内で歯をきれいにできる?」

20歳前後からヘビースモーカーだったために前歯の歯茎周辺がかなり汚くなってしまいコンプレックスになっています。
タバコをやめて5年ほど経つためヤニの茶色っぽさはだいぶ薄れてきたのですが、歯茎周辺についている白っぽい歯垢のようなものが目立ってしまってとても気になります。以前は身なりなど全く気にしなかったのですが、最近になって再婚をする可能性のある女性とお付き合いをするようになりその女性が頻繁に歯科医の話題を出すので、おそらく私の歯が汚いことを婉曲に伝えてくれているのだと思います。
保険診療で歯を綺麗にしてくれる治療というものがあるのなら教えていただきたいと思います。

保険適用内で歯をきれいにできるか

保険適用で手軽に歯をきれいにする方法はあるのでしょうか。専門家にお聞きしました。

前歯の着色だけであれば、よほどひどいものでなければ健康保険でもクリーニングである程度はきれいにしてくれるでしょう。(しかし、歯医者によっては健康保険ではタバコの着色除去はしてくれませんのでご注意ください。)(歯科衛生士)
歯茎周辺が汚くなっているとのことなので、おそらく歯茎にメラニンが沈着して黒くなってしまっているのかと思います。これは、健康保険できれいにする治療はありません。健康保険は機能回復を目的としており、審美回復を目的とした治療は原則健康保険適応外になります。(歯科衛生士)
患者さまの中には、健康保険でなんでもできると思っている方が多いのですが、健康保険はあくまで国が7割治療費を負担してくれている治療法です。タバコを吸って歯茎が汚くなった人の歯茎をきれいにするために、国から財源が出るとは考えられませんよね?(歯科衛生士)
見た目が気になるのであれば、禁煙をしていただくのがまずは一番費用を抑えられるかと思います。(歯科衛生士)
歯、特に前歯に汚れが付いていると目立ってしまいますので困りますよね。保険診療でも歯を綺麗にすることはできます。しかし、これはホワイトニングではありません。保険診療の治療は、病気の治療である必要があり、ホワイトニングは病気に対して行われるものではないからです。(歯科医)
では、保険診療で歯を綺麗にするとはどういうことなのでしょうか。それは、歯周病の治療をする過程で行われるスケーリング・ルートプレーニング、PMTCという治療です。これは、歯の表面についている歯石や歯垢、ヤニなどを取り除く治療です。この目的は、歯周病で傷んだ歯茎や歯を支えている骨の状態を良くすることです。(歯科医)
歯の表面についている歯石や歯垢、ヤニを取り除くと、歯の表面がツルツルになります。そして、歯の本来の色が見えるようになり、綺麗になるのです。しかし、ホワイトニングではありませんので、歯の本来の色以上には白くなりません。(歯科医)
ですのでスケーリング・ルートプレーニング、PMTCを受けて歯を綺麗にしたのち、さらに歯の色を白くすることを望む場合には、ホワイトニングを考えたほうがいいでしょう。(歯科医)

歯を白くするのに保険を適用することはできません。ですが、それに近い効果を得られる治療もあるといいます。まずはその方法を試してみて、もっと処置が必要だと感じたら歯科医に相談するのがいいでしょう。

ですが、まずは禁煙することから始めてみませんか?

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!