病院でもらった薬、余ったらどうすればいい?

  • 作成日:2017.07.01
  • 更新日:2017.06.21
健康

風邪などで病院にかかり、処方薬をもらったものの、思いのほか早く完治してしまった…。そんな時、手元に残った薬はどうすればいいのでしょうか。次の機会に飲んでもいい? 捨てる時に気をつけることはない? 専門家にお聞きしました。

30代男性からの相談:「余った薬は処分した方がいい?」

風邪やインフルエンザなどに罹って病院で診察を受けますと、大体1~2週間分くらいのお薬を処方されることが多いと思います。最初の方は大人しく言われたとおりに薬を飲んでいるのですが、ほとんどの場合、処方された薬を全て飲み終える前に、風邪などの身体の不調が治ってしまうので、途中で飲むのを止めてしまいます。
そういうとき、余った薬はどうしたらよいのでしょうか。もう飲まないので捨ててしまってもよいのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>薬をもらうためだけの診察が面倒! どんな解決法がある?

余った薬をどうすればいいか

余ってしまった薬はどのように処理すればいいのでしょうか。薬剤師の回答です。

医師に処方される処方薬は「○日分」と服用が必要な日数を指示し、それ以上の量の薬は処方されません。質問者さまのように飲み忘れや、自己判断で服用をやめない限り、薬が余って残ってしまうということはありえません。(薬剤師)
余った分はとっておいて、類似の症状が出たとき、薬がきれたときなどに自己判断で服用することはやめましょう。医師に処方される薬は、その時点の症状にあわせて必要な薬を、必要な量、日数分だされているので、次に似たような症状がでたからといって、自己判断で過去の処方薬を使用することは危険です。(薬剤師)
風邪やインフルエンザの症状がおさまったからといって、自己判断で飲むのをやめるのではなく、必ず指示された日の分まで使用しましょう。(薬剤師)
もし、飲み残してしまった分があれば、いつ、なんの症状で処方されたのかをメモし、次回病院に行く際に医師または薬剤師にお渡しください。(薬剤師)
病院で処方された薬は、医師が診察により、症状や状態から必要な日数を判断して出されているため、飲み方に特別な指示があるもの以外は、原則的に飲み切るのがよいです。それでも、飲み忘れや飲み残しで余った処方薬については、廃棄しましょう。(薬剤師)
中には、また風邪を引いた際に使えるかもしれない、同じような症状のときに使えるようにと、保管しておくという方もいるかもしれませんが、薬には使用期限がありますし、同じような症状と思っても実は違う病気である場合もありますので、自己判断での服用はよくありません。(薬剤師)
廃棄方法としては、各自治体の指示に従って、容器と中身を分別して捨てましょう。液剤の中身は下水に流すのは、河川の汚染につながりますので、紙や布などにしみこませて廃棄するのがよいでしょう。(薬剤師)
薬の種類によっては、家庭ごみとして廃棄してはいけないものもありますので、廃棄に困ったら、病院や調剤してもらった薬局に持って行き、廃棄してもらうのがよいでしょう。(薬剤師)

基本的に、処方薬は医師が患者の状態を診て出してくれるものです。その服用計画から外れるということは、医師の診察の範疇外の行為に当たるわけですから、極端な話、何が起こってもおかしくはないということになります。

決められた量の薬を決められた期間飲むということが大切で、まずはもらった薬を余らせないように努めることが最優先といえるでしょう。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!