イボができる原因は? 治すには液体窒素しかない?

  • 作成日:2017.06.22
  • 更新日:2017.06.13
健康

指にいつの間にかできてしまうイボ。なぜイボはできてしまうのでしょうか。そして、イボを液体窒素で焼き切るという治療法以外にイボを解消する手立てはあるのでしょうか?

30代男性からの相談:「イボはなぜできる? 液体窒素を使うしか治す手段はないの?」

以前、手足の指にできたイボで悩んでいました。皮膚科に行ったら液体窒素で焼ききる治療をしていましたが、何度やっても再発してしまい痛い過去しかありません。そのあと食生活の改善とハトムギを摂取したことで徐々に改善し、今では完治しました。
ここで質問ですが、イボはなぜできるのでしょうか? また、その際の外科的治療は液体窒素で焼ききるしかないのでしょうか? かなり痛いので、相当我慢する必要がありますが子どもなどは耐えられないと思います。
ほかに何か方法があれば教えてください。再発時の参考にしたいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>専門家が紹介する、いぼ痔を治す手術

イボの原因とその対処法について

イボはなぜできるのでしょうか。そして、どのようなことをすればいいのでしょうか。専門家の回答です。

液体窒素を何度も経験されたとのこと、辛かったでしょうね。いぼの原因はウィルスなのですが、世の中何処にでもウィルスはあるのに、いぼができる人と出来ない人がいる。お気の毒ですが、もうこれは体質としか言いようがないのです。(看護師)
いぼとは、脂漏性角化症と尋常性疣贅がほとんどです。主に、脂漏性角化症は顔や手背・体幹でできます。表面の凹凸があり皮膚の色が黒くい物から皮膚の近い色まであります。良性腫瘍です。(医師)
尋常性疣贅(いぼ)はウイルスが皮膚の上皮に感染し、足底以外では、隆起して表面の凹凸も多く、足底では、深部に表皮が脂厚していくものが多いです。色はほとんど常色です。(医師)
治療してもまた出てくるのは、表皮いぼを撮っただけですので時間が経つと出てきます。治療は液体窒素が一般的です。痛いのと再発があります。高周波メスによって取るのもあります。(医師)
いずれにしても、ウイルスがいる限り再発は出てきます。根本的に治療するのであれば現在は、手術で深層部まで抉り取る方法が有りますが、医師は進めない療法です。入院や予後に時間がかかりますので推奨しません。(医師)
ではどんな対策ができるのか。いぼができる人の共通していることは乾燥肌や敏感肌など肌が弱い方が多いです。肌は菌から身を守るバリアですから、乾燥や炎症で皮膚に穴が開けば、そこにウィルスがついてしまうんです。なので、ベースにある乾燥などのケアを普段からしてあげる事が大事ですね。(看護師)
お風呂上りにローションや白色ワセリンを塗るだけでも違います。また、いぼの治療に漢方薬でヨクイニン酸エキスを使うことがあります。皮膚科で処方してくれますので、今度は皮膚科を変えて相談なさってもいいかもしれませんね。(看護師)

イボはウィルスに感染することによって生じてしまいます。しかし、体質によってはいぼができない人もいるとのこと。一度イボができたことがある人はイボができやすい体質なのかもしれません。イボ対策で日頃から気をつけていきましょう。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!