なにが抜け毛の原因になる? 脱毛症の種類と抜け毛予防法

  • 作成日:2017.06.13
  • 更新日:2017.08.09
薄毛

抜け毛は何が原因で起こるのでしょうか。ここでは、抜け毛の原因や抜け毛を引き起こす脱毛症、抜け毛の予防法をまとめています。抜け毛が気になる人はぜひご一読ください。

スポンサーリンク

抜け毛の原因

36850_1

抜け毛の原因は以下の3つのパターンが考えられます。

1、ホルモンバランスの変化

発毛には男性ホルモンが関与します。成長期までは多かった男性ホルモンが年齢とともに変化していくことによって起こるのがAGAです。遺伝的なものもあり、自己流で直すことは難しいので、ホルモンが原因の薄毛は専門のクリニックでの治療がお勧めです。

2、ストレス

ストレスは頭皮の血流を悪くしたり、体が摂取した栄養を体にいきわたらせることを阻むことがあります。発毛に関与する毛母細胞周囲の血流が悪くなることで、毛周期のサイクルが狂い、脱毛の原因となります。円形脱毛症もこうしたことが原因となっているでしょう。原因となっているストレスをうまく取り除けるといいですね。

3、頭皮の状態の悪化

アトピー性皮膚炎・脂漏性皮膚炎など頭皮の皮膚疾患が健やかな発毛のサイクルを阻んでいるのです。毛髪にとっての頭皮は作物にとっての畑と同じです。清潔で、栄養がたっぷりあり、必要な潤いがないといけません。炎症を起こしていたり、汚れていたりすると、せっかく毛髪のもととなる細胞があってもうまく育たないのです。頭皮にこうした疾患がある場合は、皮膚科を受診し、早めに直しておくと良いでしょう。

ストレスと抜け毛

髪の毛が健康に育つためには、頭部の血行が良いことと髪に必要な「亜鉛」という栄養が十分になくてはいけません。ですが、ストレスがかかってしまうとカラダの体調が悪くなるだけでなく、神経のバランスも崩れてしまいます。すると、カラダには体調が良くなく栄養が偏った部分に必要な栄養を送るという機能が働きます。

このことによって必要な場所に先に送ってしまうために、頭皮や髪の毛に栄養が行くまでに時間がかかってしまったり、神経のバランスが崩れてしまうことで血行が悪くなってしまいます。このように、ストレスと抜け毛は関連があるのです。

ストレスによる抜け毛を防ぐ方法

ストレスによる抜け毛を防ぐためには、

  • ストレスを溜めない
  • ストレスが溜まったら解消すること

が一番の解決策です。

ストレス解消法と言えば、友人と話をすることでも音楽を聴くことでも、一人で静かな時間を過ごすことでもどのようなストレス解消法でもいいです。自分のストレス解消法がないという人は、自分の好きなことを見つけてみましょう。

この他にも、抜け毛が気になる時には育毛剤を使って頭皮マッサージなどを行い、頭皮の状態を良くしたり血行を良くしてみましょう。そうすることで、頭皮の状態や血行が改善され必要な栄養が補給されるようになります。

抜け毛を引き起こす病気

36850_2

誰でも抜け毛になることはあり、1日に50~100本抜けるのは問題ありません。それ以上に抜けたり、抜けた髪の毛を見て、細くなっていたり抜け落ちた髪が短いなどという時には異常な抜け毛のサインです。

髪の毛は、正常であれば頭皮の血行が良いことで根元から必要な栄養を吸収して、太い毛になり長く成長していきます。時期がくると新しい髪の毛ができ、新しい髪の毛に生え変わるために古い毛は抜けていきます。これが、ヘアサイクルです。

男性型脱毛症(AGA)

遺伝や栄養不足、生活習慣の乱れや男性ホルモンが多いことで正常のヘアサイクルが乱れて、髪が成長する前に抜けてしまう男性型脱毛症が多くの人に発症しています。

粃糠性脱毛症(ひこうせい―)

頭皮のフケが原因で頭皮の環境が悪くなり髪の毛の成長を妨げてしまうことで起こります。

脂漏性脱毛症

皮脂が多いことで汚れが毛穴に詰まってしまうために起こります。

神経性脱毛症

ストレスなどが原因でカラダの不調が起こることで神経が崩れてしまい、それらを補給するために頭皮の栄養や血行が悪くなることで起こります。

さらには、内臓関係の病気や血液、心疾患など循環器関係の病気などが原因で、カラダの不調な部分で生命に必要な場所に必要な栄養や血行が補給されていくために、生命維持には支障がない頭皮の栄養や血行が補給できなくなることで抜け毛が起こることもあります。

抜け毛の予防

36850_3

抜け毛の予防でまず自宅で出来ることは、次の4つでしょう。

1、正しいシャンプー

シャンプーをするときに爪を立てたり指を立てて強くこすると頭皮を傷つけます。シャンプー液は液体のまま頭皮に直につけるのではなく、手にとってしっかり泡立て、頭皮は指の腹で優しくこすりましょう。すすぎをしっかりすることも忘れずに。

2、十分な睡眠をとる

人は寝ている間にホルモンを出しています。(一番毛中濃度が高いのは10時から2時です)夜更かしはホルモンバランスを崩しますので、早寝早起きをし睡眠時間もしっかり確保しましょう。質の良い睡眠はストレスを軽減します。

3、十分な栄養を摂る

たんぱく質やミネラルは毛髪の材料です。また、ホルモンを運ぶ血液にもたんぱく質が含まれます。偏食せず、バランスの良い食事をとることを心がけるといいですね。

4、マッサージ

マッサージがなぜいいのかというと、頭皮の血流・リンパの流れが良くなれば、毛髪を生やす毛母細胞に十分な栄養がいきわたり、発毛が促進されるからです。

頭皮が健康でないと毛髪サイクルが乱れます。頭皮が荒れていると、本来なら4~6年ほどもつ毛髪が、早いと数ヵ月で抜けてしまうのです。頭皮は常に清潔を保ち、乾燥している方は乾燥も防ぐようにしましょう。

抜け毛とシャンプー

シャンプーの選び方

抜け毛が気になる時こそ、シャンプー選びや洗い方に気をつけなくてはいけません。専用のシャンプーには、頭皮の環境に良い成分が含まれているため専用のモノを選んだ方が良いです。

専用のシャンプーと言っても種類があります。シャンプーを選ぶ時には、低刺激で洗浄力が強すぎず必要な皮脂を落としすぎないモノが良いです。また、保湿力が高いモノを選びましょう。

正しい洗い方

最初にフケやほこりを取るために、髪を洗う前に髪をブラッシングします。そして、シャンプーを使っていきますが、頭皮に直接液を落とすのではなく手のひらに落として十分に泡立ててから使います。

泡をつける順としては、毛先を洗い全体を洗っていきます。全体に付けた後には、頭皮の血行を良くするために指の腹でマッサージをするように洗っていきます。

洗い終えたら、マッサージをしながら洗い流していきます。この洗い流す時には、シャンプーの時よりも念入りしましょう。シャンプーが残っているだけでも抜け毛の原因となります。

シャンプーをする頻度としては、3日か2日に1度で大丈夫です。シャンプーをしない日には、髪をブラッシングし、ぬるま湯で頭皮をマッサージするように洗うだけでいいです。

※この記事は、看護師の資格を保有している方によって執筆されました。
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。