デスクワークで指がつるのはなぜなのか?

  • 作成日:2017.05.28
  • 更新日:2017.05.22
健康

長時間のデスクワークでは身体に色々な不調を感じる人も多いです。今回の相談者さんは、指が頻繁につってしまうことに悩んでいます。デスクワークで指がつってしまうのはなぜなのでしょうか。

50代男性からの相談:「パソコン仕事で指がつる…何かの病気の予兆?」

私は仕事がらパソコンを使うことが日常的にあるのですが、最近パソコンの操作中に手の指が攣るという症状があらわれるようになりました。

もともと、脚のふくらはぎは攣りやすいたちでしたが、今まで手の指が攣るということはありませんでした。それが、この1年ほど、たまに右手の親指と人差し指の間が攣るようになったのです。自分で指を動かして調整すると、比較的短時間でもとに戻りますので、今のところ仕事に支障は出ていません。

しかし、指が攣るのは何かの病気の前兆という話を聞いたような気もしますし、なんだか不安に感じてもいます。これが病気の前兆だとすれば、どんな病気が考えられるのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>目の疲れを取るための工夫でデスクワークを効率的に

デスクワークで指がつってしまう原因について

なぜデスクワークで指がつってしまうのか。その原因として考えられることについて専門家にお聞きしました。

まず、今回の手の症状は、足がつりやすい体質とは別のことであろうと思われます。また、比較的短時間で治ることを考えると、大きな疾患の前兆であることは考えにくいと思われます。大きな疾患があれば症状は不可逆性であり、悪くなったり治ったりと繰り返すことは無いからです。(看護師)
お仕事でパソコンをよく使われること、痛みの部位と年齢的なことを考えますと、狭窄腱鞘炎の可能性が高いです。(看護師)
手を動かすには多くの腱と筋肉が使われます。腱を束ねている部分が年齢的な変化で狭くなり、使い合過ぎにより炎症を起こしているのです。(看護師)
一番の治療は安静。手を休めればよくなります。お仕事で休めるわけにいかなければ、整形外科では腱鞘部分にステロイドの注射を打つ場合があります。整形の受診をお勧めします。(看護師)
指だけに限ったことではありませんが、「つる」のはその部分の筋肉への負担がかかりすぎているために起こることがほとんどです。とくにパソコンを使うことが日常ということですので、やはり指の使いすぎが最も考えられやすい原因です。(看護師)
他に指がつる原因としては急激な温度変化、とくに急に冷えることに関しては筋肉がつる原因となります。「なぜ冷えるといけないのか」と思われるかもしれません。その理由は血液の流れが悪くなるからです。冷えるとそれ以上体温を逃さないように血管が細くなり、血液の流れが減少するのです。(看護師)
これ以外にもつってしまう原因としては「酸素不足」「ミネラル不足」「マグネシウム不足」などもあります。とくに病気ではないと思いますが、腱鞘炎でもそのような症状が出ることもあります。(看護師)

デスクワークは長時間同じ姿勢だったり、身体には無理を強いていることが多いです。なので、仕事に支障のない限りは、できる限り体を動かすようにしたり、少しでも環境を変えられるようにしておくといいかもしれません。

【10月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!