男性型脱毛症”AGA”かどうか、セルフチェックできる?

  • 作成日:2015.01.08
  • 更新日:2016.10.27
薄毛

生え際や頭頂部の頭髪が薄くなっていく男性特有の薄毛はAGA(エージーエー)と呼ばれます。AGAとはandrogenetic alopeciaで「男性型脱毛症」のこと。自分の頭髪がAGAかどうか自分でチェックすることはできるのでしょうか?

30代男性からの相談:「AGAのセルフチェックについて」

自分の薄毛がAGAによるものかどうかわかりません。いきなり病院に行くのはハードルが高いです。セルフチェックする方法はないですか?あからさまに病院へ誘導しているチェック項目などは不安です。本当にチェックすべき項目を知りたいです。

病院のチェック項目は原因特定に必要。自分でできる検査キットも。

自分でできるAGAの検査キットはあるものの、高額のようです。病院のチェック項目は薄毛の原因を知るために必要なものとの指摘もありました。

薄毛の原因には、遺伝、体質、生活習慣、ストレス、頭皮の血行不良、シャンプーがあっていないなど、いろいろあります。生活習慣や食生活が原因であれば、生活指導だけですみます。シャンプーが原因ならシャンプーを変えればよいことです。しかし、遺伝や体質が原因なら、それだけでは改善できず、薬を使う必要があります。(看護師)
AGAのチェック項目は、いつごろから薄毛が気になるようになったか、どのへんがどれくらい薄毛なのか、家族に薄毛の人はいるか、食生活や飲酒、喫煙、睡眠時間などの生活習慣、運動量、使っているシャンプーなど、細かい内容になっています。これらは薄毛の原因を調べるために必要なものです。原因がわからなければ対策もわからないからです。プライバシーに関わるような質問はありません。(看護師)
原因によって治療法は異なりますし、頭皮の状態には個人差があります。あからさまに病院へ誘導しているわけではなく、治療する上で必要な情報で、どの機関も同じような質問をされると思います。(看護師)
より効率よいのは検査キットです。簡単にインターネットで購入できますので、他人に知られずに自分の髪の状態を知ることができます。(看護師)
質問形式のチェックが嫌なら自宅でできるAGAの検査キットがあります。自分で口腔内の組織を採取して郵送し、数週間後に結果が届きます。簡単に誰にも知られずに検査ができます。ただ、直接、頭皮を検査するわけではなく、組織がうまくとれていなかったりなど、正しい結果がでるかはわかりません。病院であれば無料のカウンセリングが受けられますが、検査キットの費用は1万円ほどかかります。(看護師)

セルフチェックできる検査キットはあるものの、費用が高い割に正確さに若干の不安があるようです。場合によっては病院で無料カウンセリングを受けることも検討してみるとよいかもしれません。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。