鶏肉のコレステロールは高い? 部位によって違うの?

  • 作成日:2017.04.15
  • 更新日:2017.09.22
健康

食事に気を遣っている人にとっては、食べ物がコレステロールにどのような影響をもたらすのかは気になるところ。鶏肉はコレステロールが高いのでしょうか。また、部位によってコレステロールの数値は変わるのでしょうか。

30代男性からの相談:「鶏肉のコレステロールは? 部位によってコレステロールは違う?」

焼き鳥が好きで日常的にもよく食べています。中でもせせりやはつ、皮が好きでいくらでも食べられるくらいです。しかし、鶏肉はコレステロールが多いというイメージがあります。何となく、脂の少なそうな胸とかはコレステロールが低そうですが、鳥の部位によってコレステロールに違いはありますか? それから、鶏がらスープもコレステロールの観点から言うと高いですか?

鶏肉のコレステロールについて…部位によって数値は変わる?

専門家に鶏肉のコレステロールについてお聞きしました。食事に気をつけていきたいという方は参考にしてみて下さい。

鶏肉は他の肉類に比べてコレステロールは低い食材です。特にささみはカロリーやコレステロールも低めです。しかし、鶏皮や脂身にはコレステロールが高く含まれています。(看護師)
一方で、鶏皮にはコラーゲンも豊富に含まれています。鶏肉は、良質なタンパク質が豊富に含まれており、ビタミンAやビタミンB群も含まれています。また、不飽和脂肪酸が多く含まれており、悪玉コレステロールを抑制する効果もあります。(看護師)
鶏肉は150gくらいまでが許容摂取量です。ささみならもう少し多く、皮や脂身を多く含むなら少なめにしましょう。(看護師)
鶏肉は料理法が豊富ですので、唐揚げやフライドチキンはカロリーやコレステロールが高くなるため、食べ過ぎには注意しましょう。(看護師)
レバーの中でも鶏が一番レバーが多くなります。また砂肝はコレステロールが多くなるので控えめにしましょう。(看護師)
鶏や魚では内臓、卵にコレステロールが多く含まれています。レバーや砂肝以外のもも肉などの焼き鳥は問題がありません。(看護師)
鶏ガラスープは主にどの部分から出汁を取っているかで変わります。脂身の多い所から摂っていると脂肪分やコレステロールも多くなります。(看護師)
焼き鳥やレバーを食べるときは、その日の食事を肉類や揚げ物を控え目にすることをお勧めします。コレステロールは肉類、卵、魚卵、イカ、エビなどにも多く含まれています。(看護師)
野菜を多くとってバランスの良い食事を摂るようにしてください。焼き鳥などは塩分も多く含まれているので高血圧予防にも食べすぎには注意してください。(看護師)

食事は毎日行うものですから、身体づくりの基本になっています。つまり、健康は日々の食事を見直すことで得られるかもしれないのです。しかし、何事もほどほどにするというのが大切。バランスよく、色々なものを食べていきましょう。

バランスよくコレステロールを下げる方法は以下の記事でチェック!

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!