よく使う「利き眼」が片方の目だけ悪くなる原因に

  • 作成日:2017.03.23
  • 更新日:2017.03.22
健康

両眼の視力が同じではない人は多くいます。しかし、どちらか一方の目だけが悪くなってしまうのはなぜなのでしょうか? 実は利き腕と同じように目にも利き眼があります。それが片方の視力だけが悪くなる理由だというのです。

30代男性からの相談:「どうして片方の目だけが悪くなってしまうのですか?」

ここ数年どんどんどんどん視力が低下しています。免許の更新など、ギリギリで眼鏡使用にはならなかったのですが、次回の更新ではきっと通らないと思います。特に自分では左目の方が悪いと思うのですが、何故片方が一方的に悪くなってしまうのでしょうか?
また私はコンタクトを入れることができず、夜の運転の時などは、メガネをかけているのですが、とても疲れ、眉間が痛くなってしまって困っています。最近レーシック手術というものがあると聞いたのですが、安全性の問題は大丈夫なのでしょうか?

似た質問もチェックしてみましょう

>>レーシック以外で視力を回復させる方法は他に何がある?

片方の目だけが悪くなる理由

なぜ利き眼が片方の目の視力が悪くなる原因となっているのでしょうか。専門家の解説です。

目は、いつも同じように見ているので同じように悪くなったり同じような視力になったりするのではないかと思ってしまいます。ですが、パソコンや携帯などを両目で見ていても人は気が付かないうちに片目で見やすい方の目で見ているのです。そのことで、よく見ている片目の方だけが悪くなってしまうということが起こってしまいます。(看護師)
片目だけ視力が落ちることはあり得ます。手にも利き手があるように目にも利き眼というのがあります。利き手と同じ側のこともあるし、違うこともあります。そして利き眼の方を無意識に使っているのです。そのため、利き眼の視力が落ちやすい傾向にあります。(看護師)
その他、横に寝転んでテレビを見ている時にも見やすい方の目で見ていたリストレスやカラーコンタクト、ピントが合っていない眼鏡などが原因となります。(看護師)

視力矯正としてのレーシック手術について

視力矯正の方法には、レーシック手術があります。しかし、安全性に疑問を感じている人もいるかもしれません。レーシック手術について専門家にお聞きしました。

視力に左右差がある場合、メガネでの矯正は目の疲れが出やすいです。コンタクトレンズが使えないということですので、レーシック手術による視力矯正は有効な面もあります。(看護師)
最近、一部クリニックによる医療ミスなどがニュースになったこともあり、医師によってはおすすめしないと言う人もいます。安全性に関しては、レーシックに限らず、全ての手術にはリスク、メリットとデメリットがあり、副作用や後遺症の可能性もあります。(看護師)
レーシックに関して深い知識と技術を持つクリニックで、十分な説明を受けたうえで納得して手術を受けるようにしてください。(看護師)
レーシック手術ができるかどうかは、眼科で相談されてみなくては分かりません。ですが、安全性は高い方ではあります。完全に安全かといえば体調や目の状態などによって違うので必ずしもそうは言い切れません。(看護師)

眼は酷使するほどに不具合を生じるようになります。日常、意識せずとも利き眼は酷使されており、それが視力低下につながっているといいます。それぞれの目に合った視力矯正が必要のため、コンタクトレンズは手軽な方法となります。

レーシック手術は、メディアでの報道で安全性が問題視され、危険だというイメージが付きまとっています。しかし、全国すべての施術で遍く問題が起きたわけではないということをしっかりと認識しましょう。メディアによってある物事への印象が変わることはありますが、誤った認識を取り払い、自分にとって正しい選択ができるようにしておきましょう。

【10月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!