帽子を被り続けるのはハゲを防ぐ or 加速させる…どっちでしょう?

  • 作成日:2017.03.22
  • 更新日:2017.03.21
薄毛

髪が薄いとまわりの人の目が気になってしまい、ついつい隠したくなってしまうでしょう。今回の相談者さんは、そのために帽子を被り続けています。この対処法は薄毛にとってそのような意味があるのでしょうか。

20代男性からの相談:「帽子を被り続けるのは頭皮によくないのでしょうか?」

まだ20代前半ではありますが、以前より比べても頭頂部と側頭部が薄くなってきています。この若さで「あの人ハゲているな」と人から笑われるのが物凄く嫌で、外出する際は必ず帽子を被るようにしています。最近では外出中はずっと帽子を被っているため、頭皮が痒くなったり、頭皮に赤みが出るようにもなってきました。
そこで質問なのですが、帽子を被り続けると頭皮や髪に悪影響はあるのでしょうか。ご教授のほど宜しくお願い致します。

関連する記事もチェックしてみましょう

>>みんなが好きな○○はハゲを進行させる食べ物だった!

帽子を被り続けるのは、ハゲにとってOKかNGか

薄毛に悩む人にとって、帽子を被り続けるのはOK? それともNG? 専門家の答えを見てみましょう。

帽子を被ることで薄毛対策にもなりますが、帽子の素材や被っているタイミングや時間などにも大きく左右されるものです。帽子を被ることで頭皮への紫外線をより確実にカットできるので紫外線の多い日には有効です。(看護師)
通気性が悪い帽子だと湿度が高くなり、頭皮に雑菌が繁殖して炎症を起こす可能性もあり、薄毛の原因となります。通気性の良いものであれば被り続ていたほうがいいともいえます。(看護師)
通気性が悪いものであれば、前述したように頭皮環境が悪化する可能性もあります。帽子を長時間被り続けたい場合は、時折帽子を脱いで汗を拭いたりという工夫が必要でしょう。(看護師)
頭皮が気になると、外に出る時に帽子を被りたくなってしまいますが、長時間の被りすぎは頭皮が蒸れたり擦れたりするので、頭皮にとってはよくはありません。できれば、あまり被りすぎない方がいいかもしれません。(看護師)
また、帽子の締め付けが強ければ血行が悪くなることも考えられますね。(看護師)

薄毛への対処を今すぐ始めるのが先決

薄毛対策は進行してしまってからでは遅くなってしまうことがあります。そうなる前に、早めに医療機関を受診することが大切です。

相談者さんは20代ということで、若い年代で頭皮が薄くなってきているようなので気になってしまうと思います。頭皮が薄くなってしまうのは、遺伝やストレスや髪の痛めつけなど様々な原因が考えられます。遺伝であれば、なかなか薄くならないようにすることは難しいかもしれませんが、その他であれば何かしら対処はできます。(看護師)
頭皮が気になるのであれば、専門病院へ相談に行かれるか髪を剃って頭を気にしないようにしてみてはどうでしょうか。早めに、専門病院に相談されればいい対処法があるかもしれません。(看護師)

まずは、薄毛だからとまわりの人の目を必要以上に気にしないことが大切です。まわりの人の目を気にしすぎることで日々ストレスが溜まってしまい、それがさらに薄毛の原因になってしまう可能性もあります。帽子を被り続けるのであれば、細かいケアも欠かせません。薄毛を隠すということはリスクを生む行為でもあります。薄毛対策には、こうしたリスクを一つ一つ取り除いていくことも重要な意味合いを持っています。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。