口を開けるとガコッという音が…顎が外れそうなのは噛み合わせのせい?

  • 作成日:2017.03.22
  • 更新日:2017.03.21
健康

口を開けると異音が…その原因は噛み合わせなのでしょうか。この顎の異常を治すためにどのような方法が考えられるのでしょうか。専門家の回答です。

30代男性からの相談:「口を大きく開くと顎が外れるのではと思ってしまいます」

数年前からなのですが、口を大きく開くと左耳の下の顎の付け根部分だと思うのですが、ガコッとという音がします。また大きく口を開けあくびなどをするときに、顎が外れるような感覚に陥ることがあります。外れたことはないのですが、いつか外れるのではないかと少し怖いです。
これらの症状は何というものなのでしょうか。また噛み合わせが悪いのが原因ではないかと思うのですが、歯科で見てもらうことでこれらの症状は治めてもらう事は可能なのでしょうか。

顎から出る異音を解消する方法は?

口を大きく開けるたびに顎からする異常な音。これを解消するための方法を専門家にお聞きしました。また、このような状態を引き起こす原因についてもお聞きしました。

口を大きく開けると顎が外れてしまう方はいらっしゃいます。そのような気配があるようであれば、ご注意頂いた方がいいでしょう。しかし、顎から音がしたり、なんとなく外れそうな感覚になるということは、よくあることです。(歯科衛生士)
口を大きく開けた時に、音がするとびっくりしますし、何かわからないので不安にもなりますよね。これは、顎関節症の可能性が高いと思われます。(歯科医)
一般的に顎関節症といわれる症状の一種で、若い女性に特に多い疾患です。歯並びや噛み合わせ、顎習癖などによって引き起こされている可能性もありますので、一度歯科医院で相談されるといいかもしれません。場合によっては、マウスピース療法などっで症状が改善することもあります。(歯科衛生士)
音だけの症状であれば、基本的に治療の対象とはなりません。もし、口が開きにくくなった、開け閉めするときに痛くなってきた、このような音以外の症状が現れるようになれば、治療の対象となってきます。(歯科医)
噛み合せと顎関節症の関係は示唆されていません。現状では音のみを取り除く治療はないので、歯科で噛み合わせをみてもらっても、おそらく治すことは難しいと思われます。(歯科医)
顎関節症は症状に波があり、よくなったり悪くなったりを繰り返すことの多いものです。よほど症状がひどい場合には手術もありますが、通常は症状が出るのを予防する治療を行うことになるでしょう。(歯科衛生士)

なんで顎から音が出るの?

顎関節症だとして、なぜ音が出るのでしょうか。そのメカニズムについて専門家の解説です。

耳の穴の前に顎の関節があります。そのために口を開け閉めする際に生じる音を耳が拾ってしまいやすいのです。この音の原因は、関節円板にあります。関節円板とは、下顎と上顎の骨で構成される顎関節の中にあり、下顎と上顎の骨が直接擦れ合わないように、両者の骨の中に挟まっている丸い形をした枕のようなものをいいます。(歯科医)
口を開ける時に、この関節円板が下顎の骨の動きに合わせて一緒に動くのですが、まれにひっかかってしまうことがあります。このひっかかりが外れるときに出る音が、この音の正体です。(歯科医)

世の中には、口を大きく開けすぎて顎の関節を外してしまう人もいます。顎の関節からする音は、実はたいした音ではないという可能性もあります。顎の関節は耳のすぐそばにあるため、より大きく聞こえがちです。しかし、顎の関節が外れそうという不安を抱え続けるのは、精神的にいいとはいえないでしょう。気になってしまう場合は、早めに医療機関を受診するといいでしょう。

【12月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

血圧下げる一番効率の良い方法まとめ【上130以上は注意!】

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【悪玉コレステロールを下げる方法まとめ】健康診断で引っかかった人必見!

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!