マスクをすると口のニオイでイヤな気分に…口臭をチェック方法は?

  • 作成日:2017.03.30
  • 更新日:2017.03.30
口臭

様々な理由で年中マスクをしている人もいるかもしれません。マスクをつけた時に自分の口のニオイがダイレクトに分かってしまうという経験はありませんか? 自分の口臭がどれくらいのレベルなのか知るにはどうすればいいのでしょうか。

40代男性からの相談:「歯を磨いていても口が臭い…ニオイを確認する方法は?」

歯磨きはきちんとしているのですが、マスクをした時など自分の口臭が自分で分かり、気持ち悪くなることがあるので気になります。手を口の前に持っていき息をしてみてもそれほど気になる臭いではないので、マスクの臭いなのかなとも思いティッシュを挟めたりもするのですが、それでも臭う時があります。
長時間すると頭痛がしてくることもあるため、そんなに悪臭なのかと悩むことがあります。口臭を軽減させる方法を教えて欲しいです。また、自分の口臭がどの程度なのか知る方法も教えて欲しいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>歯石・虫歯がないのに口臭が…ニオイのもとはどこ?

自分の口臭を客観的に知るためには

自分の口臭が本当に臭いのか、臭いとしたらどれくらいのレベルなのか。それを知ることは口臭対策の第一歩かもしれません。

マスクをしたときに口臭を感じることはよくあるようです。特にマスクを長時間していると、マスクに着いた唾液が乾燥し、細菌が繁殖して強いニオイを発生させます。(歯科衛生士)
自分の口臭で気持ち悪くなるのであれば周囲への影響も考えると気が気ではないことでしょう。まず「自分の口臭がどのくらいか」ということですが、マスクをして気分が悪いということなので、それだけ臭いという判断でよろしいのではないでしょうか。(看護師)
自分の口臭がどの程度なのかを確かめるためには、口臭治療に力を入れている歯科医院で口臭を機械でチェックしてもらうのがよいかと思います。口臭が数値化されてわかるとともに、歯周病や虫歯など、口臭の原因となっているものが口腔内にあれば、それも見つけてもらうことができます。(歯科衛生士)
わかりやすく知りたいのであれば、口臭を計測する機械も数千円程度から販売されているので試されてみてはどうでしょうか。対策後の効果も評価しやすいでしょう。(看護師)

口臭対策のために必要なこと

口臭を改善するために必要なことについて専門家にお聞きしました。

歯磨きが不十分でも磨き残しからニオイが発生しますので、それも診てもらいましょう。40歳は年齢的にも歯周病が重症化しやすい年齢です。口の中のトラブルも増えてくる年齢ですので、歯医者で相談していただくのがよいのではないでしょうか。(歯科衛生士)
口臭改善ですが、原因が分からなければ対策もできません。口臭の原因は虫歯、歯槽膿漏、歯垢、歯石、舌苔、扁桃に付着する膿栓(臭い玉)、胃腸障害、肝障害などがあります。肝障害はよほど悪くない限りは可能性は低いですが、これらの原因がないか見直し、原因の目星がついたらその改善をしてみましょう。(看護師)

口臭を治したいのであれば、その口臭がどこから発せられているのかを知る必要があります。そして、それを知るためには、自分一人の力では不十分でしょう。しかるべき医療機関を受診することが重要です。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。