【多汗症対策】汗を抑える方法

  • 作成日:2017.03.20
  • 更新日:2017.03.16
多汗症

汗っかきで悩んでいる人が知りたいのは、汗を抑える方法。ここでは、汗への対処法についてまとめています。専門家のアドバイスをもとに多汗症対策を進めていきましょう。

30代男性からの相談:「汗を抑える方法や対処法について教えて下さい」

多汗症ではないかと悩んでいます。もともと汗っかきですが、20代後半を過ぎてから異常と思えるほど汗をかきます。気にしすぎや緊張から来るものだと思いますが、気になって仕事に集中できなかったり、人と話すのが怖いときもあります。
少しでも改善できればとダイエットしたり、水分をなるべくとらないようにしていますが、改善は見られません。詳しくわかりませんが、自律神経系の問題など何か重大なことではないかと悩んでいます。汗を抑える方法や改善策など、病院に行ったほうがいいのかどうか教えてほしいです。

似た質問もチェックしてみましょう

>>彼女「ワキガじゃない?」→セルフチェックするにはどうすればいい?

汗が出る原因と対策

汗を抑えるためには、汗が出る原因を知る必要があります。専門家に汗の出る原因とその対処法についてお聞きしました。

汗が出る原因としては、体温が上がっている時や緊張している時、興奮状態だったりホルモンバランスが乱れている時だったりします。相談者さんの場合には、相談者さんが感じているように気にしすぎていたリ緊張から出ている汗という可能性が高いです。(看護師)
これらの対策としては、身体が熱くなりすぎているようであれば、身体を冷やしたり冷たいものを飲んだりするといいです。そして、緊張して出る場合には、気持ちを落ち着かせるような言葉や行動をするといいです。(看護師)
その他、汗を抑えるクリームを塗ったりすると汗を抑えることができます。それでも、汗が多かったりなかなか汗がひかないという場合には、病院に行き相談をした方がいいかもしれません。(看護師)

汗をかく部位によって多汗症かどうかわかる?

専門家は汗をかく位置によっては多汗症かそうでないか判別できるといいます。

「多汗症」と「気にしすぎ」の鑑別は、汗をかく部位です。限局性多汗症多くは、わきの下、手のひら、足裏です。相談者さんは当てはまりますでしょうか。(看護師)
汗と自律神経は多く関係しています。緊張や精神的不安でも汗が増えることがあるのです。人と話すのが怖く感じたり、集中できないことがあるとのことですので、相談者さんはとても繊細な方なのでしょう。(看護師)
自然な現象であり、体は汗を出して体温や水分のバランスをとっていることもあるので、出てくる汗を抑える必要などないとは思います。しかし、気になるようでしたらボトックス注射で部分的に抑えることもできます。美容クリニックや形成外科でやっています。効果は期間限定で、定期的に注射しなくてはいけません。興味があるようでしたら相談なさってはいかがでしょうか。(看護師)

まわりの人が涼しい顔をしている中、自分だけ汗だくというのは、恥ずかしく感じてしまうものです。こういった悩みを抱えているとネットで拾った対策をやみくもに取り入れてしまいがちですが、いったん冷静な視点で下人究明から始めてみるのもいいかもしれません。より適切な対処をしたい時には、医療機関を受診することで正しい対処法を医師に指示してもらえるでしょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。