尿酸値を下げる1番良い方法は?食べ物・サプリ・運動で尿酸値を抑える!

  • 作成日:2017.03.19
  • 更新日:2017.11.07
健康

自分では健康なつもりでも、いつの間にか体に異常が起こっていることも少なくありません。

「尿酸値」はそれの最たるものであり、自覚症状がないため尿酸値の値が高くなっていてもまったく気がつかないという人がほとんどです。

尿酸値の上昇は体にとってマイナスである以上に、様々な問題や病気の素となるため食い止めなければいけません。

健康診断などで尿酸値の数値が上昇している人は、何が原因なのかを理解する必要があり、原因を知ることで対処法も理解できるでしょう。

尿酸値を下げる対処法を知ることで、健康な状態を維持し病気のリスクも軽減できます。

スポンサーリンク

なぜ尿酸値が高くなるのかを知る!

尿酸値が高くなると痛風を発症してしまう原因にもなります。

痛風は風が吹いただけで痛いと言われるほど、日常生活に支障をきたしてしまう病気のため、発症しないようにすることがとても重要です。

そのためには、まず尿酸値が高くなる理由を知ることから始めなければいけません。

高くなる原因を知ることで自分の生活に問題があるかどうかを知ることに繋がり、それが尿酸値を下げる意識改革にもなるからです。

尿酸値が高くなるのには必ず原因があり、特に問題となるのがプリン体です。

また、尿酸値の上昇にもタイプがありますので、その違いを知ることも尿酸値を下げるためには大事なポイントとなるでしょう。

プリン体は尿酸値上昇の原因になる!?

プリン体は尿酸値の上昇を引き起こす原因とされている物質ですが、実は体にとっては必要不可欠となるものであることはあまり知られていません。

人の体を構成する細胞には必ずDNAがあり、そのDNAを構成している一つがプリン体です。プリン体が無ければDNAを構成することが出来ないばかりか、エネルギー伝達にも支障が出るため、生命を維持することにも影響が及びます。

このように体には欠かせないプリン体ですが、体内で増え過ぎてしまうとそれはそれで大きな問題が生じてしまいます。

プリン体は体内で使用されることで尿酸となり体外に排出されるのですが、プリン体が増え過ぎてしまうと尿酸が増えすぎることになり、処理しきれない尿酸は体内に残り尿酸値を上昇させる原因となるのです。

処理しきれない尿酸は、結晶化して関節などに付着することになり、結晶化することで炎症を引き起こしてしまうわけです。

この炎症がいわゆる痛風という症状なので、プリン体が必要以上に増えることは体にとってあまりいいことではありません。

このプリン体は体内で生成されるだけでなく、日々の食事からも体に取り入れられます。

肉や魚、野菜などにもプリン体があり、特にビールなどにプリン体が多く含まれています。
食事やお酒を飲む以上はプリン体を全く取り入れなくするということは不可能と言えるでしょう。

あなたはどれ?尿酸値が高くなるタイプとは?

尿酸値が高くなるのは大きく分けて3つのタイプに分けられます。

どのタイプの場合でも尿酸に異常をきたし、体内の尿酸値が上昇することになります。

産生過剰:排泄量は正常・産生量が過剰タイプ

産生過剰は尿酸の排出量には問題がありませんが、産生量に問題があるタイプです。

産生過剰の場合、排出量を上回る尿酸を体内で産生してしまい、結果的に尿酸過多が続き尿酸値が上昇してしまいます。

過剰に尿酸を産生し続けるため、いくら正常に排出を繰り返しても尿酸値が下がることはありません。

痛風患者の1割程度がこの産生過剰タイプになります。

排泄低下:産生量は正常・排泄量が低下タイプ

排泄低下は、体内での尿酸の産生量は問題なく正常ですが、排出量が低下しているタイプです。

尿酸は体内でプリン体が使用されることで増えますが、産生量に問題が無い場合、尿酸過多となることはまずありません。

しかし、産生された尿酸を正常に排出できない場合、少しずつ体内の尿酸が増えていくことになります。

排出低下が続けば続くほど尿酸値は上昇することになるため、このタイプの場合も尿酸値上昇を食い止めるのが難しいと言えるでしょう。

痛風を発症する人の7割程度がこの排泄低下に当たるので、最も多いタイプとなります。

混合型:産生量も過剰・排泄量も低下タイプ

混合型は産生量と排泄量の両方に問題を抱えているタイプです。

混合型の場合通常よりも尿酸の産生量が多く、排泄量も少ないため体内の尿酸値が上昇しやすくなります。

混合型は痛風を発症する人の約2割が該当します。

それぞれのタイプを見てみると尿酸の産生量と排出量のどちらも尿酸値に関係していることが分かるでしょう。

尿酸値を下げるにはどちらか一方だけでなく、産生量を下げ排出量を上げることが必要となります。
どのタイプの場合も尿酸値が上昇することに変わりなく、自分がどのタイプなのかを正しく知ることが対策を考える場合に重要となるわけです。

尿酸値を下げるには、それぞれのタイプに合った対策を講じなくてはなりませんので、対処法に関しても3つの方法が存在します。

  • 両方同時に下げる方法(最も1番良い対策法!)
  • 生産量を抑える方法
  • 排出量を上げる方法

対処法別に紹介していきます。

【生産量を抑え・排出量を上げる】尿酸値を下げる最良の方法とは?

尿酸値を下げるために最も良い方法となるのが、生産量を抑えながらなおかつ排出量を上げるということです。

そうすることで体内の尿酸は大幅に減り、尿酸値もそれに伴って下がることになります。
尿酸が増えれば増えるほど痛風といった病気のリスクが高まりますし、それ以外の異常も生じやすくなります。

それを予防し改善するために有効な手段がアンセリンの摂取です。

尿酸値にはアンセリンの摂取が有効!

アンセリンはマグロやカツオなどの長距離を移動する魚や、鳥類の筋肉に多く含まれているペプチドで、アミノ酸が2つくっついた形状をしています。

このアンセリンには以下の効果が確認されており、体内に入ることでプラスに働きます。

  • 抗疲労効果
  • 活性酸素消去能
  • 血圧降下作用
  • 抗炎症作用
  • 尿酸値降下作用

尿酸値が高い人がアンセリンを摂取した場合には、体内での尿酸の生産量を大幅に抑え、排出量も増やす効果を発揮してくれます。

アンセリンを摂取し続けることで尿酸の悩みを解消するとともに、痛風のリスクも軽減できるわけです。

このアンセリンの効果は科学的にも証明されているため、継続的に摂取する方法が、最も最良の対策となると言えます。

アンセリンはサプリで摂取するのがおすすめ!

アンセリンを摂取するにはそれを含む魚や鶏肉などを食べ続ける必要があります。

しかし、アンセリンを含む食材だけで必要な量を摂取をするとなると、大量の食事を毎日続けなくてはいけません。

しかも、その際にはプリン体も同時に摂取することになるため、アンセリンだけを摂取することが難しいです。

摂取する量を考えると物理的にも難しいため、アンセリンの摂取にはサプリの利用が便利だと言えるでしょう。
無理なく長く摂取し続けることができます。

そこで、アンセリンサプリの中でも特におすすめのものをランキング形式で紹介しますので、尿酸値で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてください。

アンセリンのおすすめサプリランキング!

【1位】恵葉プレミアム


【公式サイト】

有効成分 アンセリン
ケルセチン
葉酸
キャッツクロー
価格 通常価格:7980円
※セット購入は割り引きあり

恵葉プレミアムは尿酸値を下げる効果のあるアンセリンを配合したサプリメントです。

含まれている成分はアンセリンを主成分としてケルセチンや葉酸、健康成分のキャッツクローを配合。
どの成分も品質にこだわり加えた良質なものであり、体の状態を改善する効果が期待できます。

高濃度アンセリンを他社と比較して10倍となる1日500mg摂取できるので、尿酸値を下げる効果が高いサプリです。

恵葉プレミアムの詳細をチェック

【2位】慈凰


【公式サイト】

有効成分 海洋性アンセリン
菊花ポリフェノール
シークワサーフラボノイド
葉酸
グルコサミン
クエン酸
ビタミンB2
ビタミンB6
赤ワインエキス
価格 通常価格:9,800円
初回価格:5,370円
慈凰は業界トップクラスの1箱15000mgのアンセリンを配合したサプリメントです。

アンセリンは海洋性のものにこだわり、高品質なものだけを配合。
そして、アンセリン以外にも体の調子を整える「菊花ポリフェノール」や「シークワサーフラボノイド」などをバランスよく配合してあります。

厳しい基準を通過したGMP認定工場で製造しているため、サプリ自体の安全性も高く安心して使用できます。

慈凰の詳細をチェック

【3位】DHCアンセリン(市販)

有効成分 アンセリン
価格 通常価格:2,263円

DHCアンセリンは市販されているアンセリンサプリメントです。

他のランキングのサプリと異なり薬局やドラッグストアで手軽に購入することができるので、利便性に関しては最も良いサプリでしょう。

ただし、配合されている成分はアンセリンのみとなるため、他のサプリのように他の成分が含まれていません。

その分価格も安価になっており、30日分が2,263円で購入が可能です。
海洋性アンセリンを使用しており尿酸値を下げる効果も期待できますので、初めてアンセリンサプリを使用する人はこれから始めてみても良いでしょう。

【排出量を上げる】食べ物や飲み物は?

尿酸値を下げるためには、日々の食事にも気を配ることが必要不可欠です。

好きなものを好きなだけ食べるような生活のままでは、確実に尿酸値にも影響を与えますので、自分で意識的に食事を改善することが必要です。

尿酸値を下げるにはまず尿をアルカリ性にする必要があります。
それは、アルカリ性にすることで尿が排出されやすくなるからです。

尿の出る量が増えることは体内の尿酸を体外に多く排出できることに繋がるため、尿酸値を下げる効果が非常に高くなるといえます。

そのためには尿酸値を下げる効果のある食べ物や飲み物を知り、それを上手に食事に取り入れることがポイントです。

尿酸値を下げる食べ物とは?おすすめの食事とNGな食品を知ろう!

食べ物の中にも尿酸値を下げるものと、反対に上げてしまうものがありますので、それをしっかりと理解して食材を選ぶことが痛風予防にもつながります。

尿酸値を下げる食べ物

尿酸値を下げる食べ物は、摂取することで尿をアルカリ性に近づけることができます。
それに該当するのは海草のわかめや昆布、ひじきやもずくなどが有名です。

野菜では、ほうれん草やごぼう、ニンジンやキャベツなどは尿をアルカリ性にしてくれる効果が高いです。

また、ジャガイモやさつま芋、サトイモといったイモ類も尿酸値を下げるのに効果的な食材です。

果物ではバナナやメロン、クエン酸を含む柑橘類などが尿酸値を下げやすいので、デザートとして食後に食べることで尿を排出しやすくしてくれるでしょう。

尿酸値を下げるのにおすすめな食事は?

尿酸値を下げる食事を考えた場合、食事のメニューも大事になってきます。

下げる効果のある食材をいかに上手く利用してメニューを考えるかで、食事による尿酸値の改善にも影響があるためです。

いくら効果のある食材でも食事のメニューが美味しくなかったり不満が出るものでは意味がありません。

尿酸値を下げるためにおすすめのメニューとしては、海草を使用した「サラダ」やわかめをふんだんに使用した「わかめうどん」、「味噌汁」なども手軽に作れて美味しいメニューです。

サラダの場合、特に手をかけなくても作ることができますし、確実に食材を摂取できるため食事メニューに1品加えるのがベストでしょう。

野菜を使用したメニューとしては、人参とお酢を使用した「人参ハリハリ」がおすすめです。このメニューではお酢からクエン酸も摂取できるので、尿をアルカリにする効果が高いメニューとなります。

ほうれん草のおひたしやキャベツを使用した野菜炒めなどもおすすめです。

芋類はコロッケや煮物がおすすめのメニューとなります。芋類はどれも使い勝手が良いので色々なメニューがありますが、やはりコロッケが最も芋類を手軽に摂取できます。

また、サトイモの煮物も美味しいですし食べやすいのでおすすめです。

尿酸値を下げるのにNGな食品は?

反対に尿酸値を上げてしまう食べてはNGな食材もあります。
それに該当するのが青魚や白子、鶏レバーやアンキモといったものが該当します。

日本では使用する率の高い乾物も尿酸値を上昇させるため、干し椎茸やかつお節、煮干などはNGとなります。
魚の干物もプリン体を多く含むのでNGです。

少量であればそれほど問題のない食品ですが、毎日継続して食べ続けることで尿酸値が上昇することになるので、摂取する際には注意しましょう。

尿酸値を下げる飲み物とは?

尿酸値を下げる食べ物があるということは、飲み物にも尿酸値を下げる効果があるものがあるのは必然でしょう。

特に効果が高いとされている飲み物としては以下の3つが挙げられます。

  • 牛乳
  • お茶

これらの飲み物は日常的に意識せず飲んでいる人も多いと思いますが、実はその行動が尿酸値を下げることに繋がっていたと言えるでしょう。

逆に普段からジュースなどしか飲んでいない人は、尿酸値を下げる効果がある飲み物をあまり飲んでいないことになります。

そのため、水やお茶、牛乳を意識して飲むようにすると尿酸値を下げることができるでしょう。

効果のある飲み物を飲むことで尿の排出量も増やせますので、体内に溜まった尿酸の排出もスムーズになるでしょう。

尿酸値を下げるには牛乳がおすすめ!

牛乳には尿酸値を上げるプリン体が含まれていません。
しかも、牛乳自体がアルカリ性なので、飲むことにより尿をアルカリ性に近づけることができます。

実際に牛乳を日常的に飲んでいる人は痛風の発症率も低いことが研究により分かっています。

毎日牛乳を飲む習慣をつけることで、体内に尿酸を溜めてしまうことを防げますし、尿の排出量も増えるので痛風リスクも軽減できます。

尿酸値を下げるには水がおすすめ!

水は人間の体の大半を構成する重要なものですが、実は尿酸値を下げる効果もあります。

特に効果が高いのがアルカリイオン水で、この水はアルカリ性のイオンを含んでいるため、飲むだけで尿をアルカリ性にしてくれます。

水の良いところはカロリーも一切無く糖質や脂質といったものも含まれていません。

そのため、そのまま飲んでも体に対してマイナスとなることが無く、尿の排出量を増やすのに最適な飲み物だといえるでしょう。

毎日飲んでいる飲み物を水に変えるだけで、大幅な体の改善が可能になります。

尿酸値を下げるにはお茶がおすすめ!

お茶には飲むことで水分を取り入れることができる効果と、尿の排出を促す利尿作用の効果があります。

そのため尿を排出しやすくする効果が高く、尿酸値を下げるには最適な飲み物だと言えます。

お茶には様々な種類がありますが、一般的に飲まれているお茶であれば特に銘柄などを気にする必要はありません。

毎日の食事などの際にお茶を飲むことで速やかな尿の排出が可能になり、体内の尿酸を体外へ排出することが簡単に行えます。

継続して使用することが尿酸値を下げることに繋がるので、使い勝手の良いものをチョイスすると良いでしょう。

【生産量を抑える】には?効果のある飲み物や運動、NGな飲み物は?

尿酸値を下げるには体内の尿酸の生産量を抑えることが重要です。
尿酸の生産量が減れば相対的に尿酸値も減少することになるからです。

生産量を抑えるのに効果的なのが運動と生産量を抑える効果のある飲み物の利用です。
この2つを上手く生活に取り入れることで尿酸を無駄に増やすことを防止できます。

運動の場合は有酸素運動が効果的ですし、飲み物に関してはコーヒーが意外にも尿酸の生産を抑える働きをしてくれます。

尿酸値を下げるには有酸素運動が効果的!

運動をすることは健康を考えた場合、非常に良いことであるのは間違いありません。
しかし、尿酸値のことを考えた場合には、運動であれば何でもいいというわけではなく、選ぶべき運動というものがあります。

なぜなら、激しい運動を行う場合、体内では新陳代謝が活発化し、プリン体の量も一気に上昇するからです。

プリン体は筋肉を動かすためのエネルギー伝達に関係しており、激しい運動をするほどプリン体消費量も増え、尿酸も劇的に増加します。

これは厳しいトレーニングを行う無酸素運動やアスリート並みの有酸素運動が当てはまりますので、あまりにも体に負担がかかる運動はNGだと考えましょう。

では、尿酸値を下げる効果のある運動は何かといえば、軽めの有酸素運動が最適です。

軽めの有酸素運動の場合は基本的に激しい動きをしないため、体内でのプリン体生成量も抑えることができます。
さらに軽めの有酸素運動をすることで、プリン体が使用され、燃えカスとなっていき減少します。

最も効果的な運動としては、ウォーキングや軽めの水泳、スローペースでのジョギングがおすすめです。

これらの運動を継続的に続けていくことで、尿酸値を下げることに繋がるでしょう。

コーヒーには尿酸値を下げる効果が!?

毎日コーヒーを飲んでいる人は痛風を発症するリスクが低いことが研究によりわかっています。

コーヒーに含まれるカフェインは利尿作用があるとともに、交感神経を刺激し尿酸の生成を増やす効果があります。
そのため尿酸を増やす効果も同時に生じるため、尿酸値を下げる効果が無いようにも感じられるでしょう。

しかし、実際にはカフェインによる利尿作用とともに、コーヒーに含まれるポリフェノールなどの効果により、尿酸の生産量が下がることになります。

大量のコーヒー摂取は尿酸値を上昇させることも考えられますが、1日1~3杯程度の適量であれば、尿酸の生成を抑える働きのほうが上回るわけです。

プリン体が多いお酒は飲んではいけない?

毎日の晩酌を楽しみにしている人も少なくないでしょうし、仕事終わりの1杯は格別だと感じている人もいるでしょう。

しかし、このお酒の摂取は体内でのプリン体を増やしてしまうことに繋がり、尿酸値を上昇させてしまう原因となります。

特に、プリン体が多いお酒となるのがビールで、他のお酒や食べ物よりもプリン体が多いという特徴があります。

もし、ビールが好きで毎晩飲んでいた場合、その行為は自分で尿酸値を上昇させていることにもなるわけです。

ではビールを飲まなければプリン体は増えず尿酸値は上昇しないのかといえばそれも間違いです。

お酒の種類にもよりますがほとんどのお酒にはプリン体が含まれています。
一覧にしてみるとその量が良く分かります。

  • 焼酎25%:0.03mg/100mL
  • ウイスキー:0.12mg/100mL
  • ブランデー:0.38mg/100mL
  • ワイン:0.4~0.6mg/100mL
  • 日本酒:1.2mg/100mL
  • ビール:3.3~17mg/100mL

ビールは大手ビール会社の製品か地ビールかでプリン体の量が大きく異なりますが、他のお酒に比べてもプリン体が多いのが分かるでしょう。

尿酸値を下げるための薬とは?

尿酸値を下げるには食事やサプリの利用以外にも薬を使用することも選択肢の一つです。

現在、尿酸値を下げる効果のある薬は4種類が存在しており、どれを利用した場合でも尿酸を減らす効果が期待できます。

アロプリノール

アロプリノールは尿酸産生抑制薬と呼ばれる薬です。

アロプリノールを使用する事で体内での尿酸産生量を抑えることが出来るので、尿酸値を下げる効果が得られます。

特に産生過剰タイプの人が使用する事で過剰な生成を抑え排出をサポートできます。

使用した際の副作用に関しては重篤なものはありませんが、皮膚障害や血液障害、肝障害といった障害が出ることがあります。
食欲不振や胃の不快感、下痢や腹痛が起こることもあるのでその点は理解しておきましょう。

腎臓に病気を抱えている人は使用すると重い症状になることもあるので、使用する際には医師の指示に従う必要もあります。

フェブキソスタット

フェブキソスタットはアロプリノールと同様の尿酸生成抑制薬です。使用する事で体内の尿酸生成を抑制し、尿酸値を下げる効果を得られます。

基本的にはアロプリノールと似た効果を得られますので、産生過剰タイプの人におすすめの薬となります。

副作用に関しては飲みはじめに痛風関節炎を生じることがありますし、使用する事で下痢や吐き気、腹痛などの症状が出ることもあります、。

持病を抱えている場合は症状が重くなることもあるので、医師の指示を仰ぎ使用しなくてはいけません。

ベンズブロマロン

ベンズブロマロンは尿酸排泄促進薬にあたる薬です。体内の尿酸排泄に問題がある排泄低下タイプの人に向いている改善薬となります。

使用する事で尿酸の排泄をスムーズにしてくれますので、排泄時の尿酸量を増やし、尿酸値を下げる効果があります。

使用する事で起こる副作用としては、胃痛や腹痛、食欲不振や下痢といった症状が起こる場合があります。
これ以外にも発疹やじん麻疹、かゆみや排泄時の痛みといった症状も確認されています。

肝機能などに問題がある人は重篤な症状が起こることもあるので、定期的な検査も必要です。

プロベネシド

プロベネシドは尿酸の排泄量を増やすことができる尿酸排泄薬です。
基本的な効果はベンズプロマロンと似ており、尿酸を体外に排出しやすくしてくれる改善薬です。

痛風の場合症状を柔らげる効果が期待できます。

副作用としては尿路結石を生じることもあり、食欲不振や胃の不快感、吐き気といった症状も確認されています。
発疹やかゆみが出ることもありますし、頭痛や顔のほてりといった症状を感じることもあります。

尿酸値を下げる効果のある成分と栄養素とは?

尿酸値が気になる場合、下げる効果がある成分を含む食材やサプリの利用が効果的です。
しかし、なぜ効果があるのかを正しく理解していないと食材やサプリを正しく選ぶことも難しいでしょう。

尿酸値を下げる効果がある成分は大きく分けて7種類ありますので、それぞれの効果を理解しておくと良いでしょう。

アンセリン

アンセリンは尿酸排出と尿酸抑制の両方の効果がある成分なので、最も尿酸値を下げる効果が高い成分だといえるでしょう。

アンセリンを摂取した場合、排泄低下タイプの人も産生過剰タイプの人もその効果を得ることができ、混合タイプの場合も尿酸値を下げることが可能です。

最もオールマイティに使用できる成分であり、魚などの筋肉に含まれる成分なので安全性も高いという特徴があります。

クエン酸

クエン酸はかんきつ類の果物などにも多く含まれる成分です。
クエン酸はアルカリ性の性質を持つ成分で、酸性の性質を持つ尿酸とは間逆に位置しています。

酸性の尿酸にクエン酸が加わることで酸性を中和するとともに、尿酸を溶かし体外へ排出し安くする効果があります。

特に尿酸値が高くなると尿酸が結晶化しやすくなるので、それを防止する効果も得られます。

オルニチン

尿酸を体外に排出するためには肝臓の働きがとても重要になります。
その肝臓の働きをサポートするのがオルニチンです。

オルニチンが不足すると肝臓での尿を作り出すことができなくなり、血中に尿酸が増える原因になります。

オルニチンを摂取することで肝臓の働きを助け尿を排出しやすくするため、尿酸を下げることにも繋がります。

キャッツクロー

キャッツクローは南米に生息しているハーブの一種です。
このキャッツクローを摂取した場合、主成分であるオキシインドールアルカロイドが免疫活性化作用をもたらしてくれます。

痛風を発症している場合、その痛みなどを軽減する効果が得られますし、免疫力アップにより痛風などの予防効果も得られます。

ケルセチン

ケルセチンは野菜や緑茶、柑橘類などに含まれているフラボノイドの一種です。

ケルセチンを摂取した場合、体内では尿酸の増加を抑制する作用が働きます。
生産量が増えなくなることで尿酸値を下げる効果も得られます。

免疫力を強化する効果などもあるので、痛風の症状を和らげることもできます。

サポニン

サポニンには血液をサラサラにする効果があり、その効果が尿酸値を下げることにも繋がります。

尿酸値が増える場合血中の尿酸濃度が上昇しているためで、その原因となるのが血液の流れが滞っていることが関係します。

サポニンを摂取すると血液の流れが改善し、その流れに乗って尿酸も体外へ排出されやすくなります。

DHA EPA

DHA EPAは血液の流れをスムーズにする効果があります。

これは血中のコレステロールや中性脂肪に対してDHA EPAが作用するためで、血中のコレステロールや中性脂肪を減らすことにより尿酸を体外へ排出しやすくしてくれます。

血液の流れは尿酸値に深く関係しているので、DHA EPAを摂取することが尿酸値を下げることにも繋がるわけです。

尿酸値が下がる期間は最短でどのくらい?

尿酸値が高くなると、それに伴い痛風が発症するといった問題が起こります。

通常の尿酸値の基準は男女ともにこの7.0mg/dLとなっていますので、この値を超えている場合には痛風発症リスクが極めて高いといえるでしょう。

痛風を発症してしまうと日常生活に支障がでるほどの痛みを伴いますし、その状態が継続的に続くことになります。

そうならないためには尿酸値を下げることが必要で、食生活やサプリの利用などで徐々に尿酸値を基準値に下げなければいけません。

尿酸値はサプリなどを使用しても劇的に下がるということは無く、少しずつ下げていくしかありません。
最短でも1ヶ月程度の時間がかかりますし、一度基準値まで下がったとしても再度上昇しては意味がありませんので、痛風を発症したくない場合は継続して下げる努力が必要です。

痛風を発症している場合も同様で、症状を緩和するためには一生尿酸値を下げ続ける必要が出てきます。

尿酸値と血圧・コレステロール・中性脂肪は関係あるの?

尿酸値と血圧・コレステロール・中性脂肪にはそれぞれに関係性があることが分かっています。

そのため尿酸が増えるということは血圧にも影響しますし、血中コレステロールや中性脂肪増加にも大きな影響を与えることになります。

どうして尿酸が血圧などに関係しているのかを理解することで、尿酸値を下げる必要性もわかってくるでしょう。

尿酸値と血圧の関係

血圧が高くなる場合、それに尿酸値が関係していることはあまり知られていません。

血圧の上昇は塩分の摂りすぎ以外にも、血管が固くなることで起こりますので、その血管の状態に尿酸値が関わってきます。

尿酸が増えるのにはプリン体が関係していますが、プリン体から尿酸が生成される際には同時に活性酸素も増えることになります。

この活性酸素は細胞の老化を招くものでもあり、血管を固くしてしまう原因になっています。
血管が固くなれば血液の流れにも影響を及ぼし、高血圧を引き起こすわけです。

実際に高血圧の人は尿酸値も高いことが分かっていますので、尿酸値を下げることが血圧を下げることにも繋がります。

尿酸値とコレステロールの関係

コレステロールの増加は動脈硬化を招きますし、同時に肥満の原因にもなります。

コレステロール値が高い人は尿酸値も高いことが検査などで実証されており、コレステロールが増えるほど尿酸値の値も同時に高くなる危険性があります。

これはコレステロールが増えることで血液の流れにも問題が生じ、尿酸を体外へ排出しづらくなるためです。

もしコレステロール値が高いのであれば尿酸値の上昇にも気を配る必要があり、どちらも下げる努力をしないと体の状態を改善できないわけです。

尿酸値と中性脂肪の関係

中性脂肪が体内で増えると、それが原因となり尿酸値も上昇してしまいます。

これは中性脂肪が分解される際にできる遊離脂肪酸が関係しており、遊離脂肪酸が増えることでプリン体の代謝を活発にしてしまうためです。

体内でのプリン体が増えればそれに伴い尿酸値も上昇します。

さらに中性脂肪が増加すれば悪玉コレステロールが増えることもわかっています。
それに伴い血管の状態も悪化し血圧上昇にも繋がるので、尿酸値・血圧・コレステロール・中性脂肪はそれぞれに関係しているといえるでしょう。

尿酸値を下げて健康を取り戻すために

尿酸値が上昇することで確実に健康を害し、痛風などの病気を生むことになります。
そうならないためには一度自分の生活を見直し、改善を考えることが必要となるでしょう。

そのままの生活を続けることで、さらなる尿酸値上昇を招き、自分で自分の生活を壊すことにもなりかねません。

改善するために1番良い方法は、尿酸値を下げる効果のあるアンセリンのサプリを上手く取り入れることがおすすめです。

それと同時に運動なども取り入れながら食生活も一から見直すなどの、生活習慣を改善していくことで痛風のリスクを大幅に軽減できるでしょう。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!