縮毛矯正が抜け毛の原因になる?! 抜け毛を防ぐには

  • 作成日:2017.03.16
  • 更新日:2017.03.15
薄毛

縮毛矯正を気に抜け毛が多くなったという相談者さん。縮毛矯正が抜け毛の原因になったのでしょうか。専門家に抜け毛の原因と抜け毛の予防についてお聞きしました。

40代男性からの相談:「縮毛矯正で抜け毛が増えることはあるのでしょうか?」

数年前に縮毛矯正を何度か行ったのですが、直接の原因かは分かりませんが、する度に抜け毛が多くなりました。その後心配になり縮毛矯正は止めましたが、持病のアトピー性皮膚炎で頭の中が痒くなり始め、掻く度に髪が抜けています。本当は育毛剤等使用したいのですが、体質上出来ません。
髪が長いと目立つので短くしていますが、日に日に薄くなっているのが分かります。育毛剤等使用せずに、その他で何か良い方法はありませんでしょうか。宜しくお願い致します。

関連する記事もチェックしてみましょう

>>みんなが好きな○○はハゲを進行させる食べ物だった!

縮毛矯正は抜け毛の原因になりうるのか?

縮毛矯正が抜け毛の原因になっているのは、気のせいではないのでしょうか。縮毛矯正と抜け毛の関係について専門家の解説です。

肌の弱い方がパーマやカラーをすると脱毛することはよくあります。頭皮の炎症が、毛を生えさせている毛根の細胞を痛めるからです。(看護師)
縮毛矯正は髪の毛に大きな負担がかかってくるため、アトピーなどの疾患がなくても切れ毛の原因となり、薄毛に見えてしまうことにもなります。縮毛矯正に使用する薬剤が何らかの理由で頭皮に付着したりすることで、健康な頭皮の方でも炎症を起こして頭皮環境が一時的に悪化し、抜け毛の原因となることもあります。(看護師)
相談者さんの場合はアトピー性皮膚炎があるようですので、縮毛矯正で髪の毛が受ける刺激・ストレスはなおさら敏感に頭皮に影響を与えそうです。もちろん薬剤が絶対に頭皮に付着しないということはあり得ないでしょうから、縮毛矯正が薄毛の原因のひとつとなっていると考えられます。(看護師)

抜け毛改善させるためには

相談者さんが抜け出を改善させるためには、何をすればいいのか。専門家はアトピーの治療を優先すべきだとしています。

相談者さんの場合はまずは頭皮のアトピーを治療すること・改善させることが重要です。皮膚トラブルが残ったままだとしっかり髪が生えることができません。できるだけ頭皮の刺激になるようなことは控えましょう。(看護師)
相談者さんの場合、まず、頭皮のアトピー性皮膚炎の治療をすることが先決です。皮膚科では治療のための頭皮用のローションなどが処方されます。かゆみが強い場合は、内服が出ることもあります。(看護師)
シャンプーも刺激がない敏感肌用のものに変えましょう。頭皮のアトピー性皮膚炎があると、子供でも毛が薄くなりますからね。日に日に薄くなるのは、年齢的なものもあるかもしれません。(看護師)
育毛剤以外では、発毛専門クリニックで内服治療があります。肝機能が正常であるなど、いくつか条件がありますが、一度来院されてはいかがでしょうか。(看護師)

髪の毛を本来の状態から変えることは、自然に逆らう行為になります。こうした行為にはリスクがつきもので、例えば髪を染めたり、パーマをかけたりといったことは、頭皮にダメージを与えてしまうことなのです。

縮毛矯正は、いわばストレートのパーマをかけるということです。それが頭皮に重要なダメージを与えて、抜け毛の原因に繋がるということはごく自然な流れになるでしょう。そうなると、健康というのは、ありのままの自分でいるということが大切なのかもしれません。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。