歯を磨いても口が臭い…口臭を引き起こす3つの病気とは

  • 作成日:2017.03.12
  • 更新日:2017.03.10
口臭

口臭は一度気になってしまうとストレスの源にもなってしまいます。毎日欠かさず口臭ケアをしている人もいるでしょう。しかし、歯を磨いているのに口が臭い時、疑うべき病気があるのをご存知でしょうか?

30代男性からの相談:「歯を磨いていても口が臭く、原因が分かりません」

私は、歯を磨いても臭い口臭がする気がして仕方がありません。
口臭チェッカーを購入して数値化してみましたが、朝起きた時より歯磨き後の方が数値が高い、という珍現象すら起こります。他人から指摘されたことがあるのは、大体お昼近くの空腹時や口が渇いている時です。しかし、歯を磨いて1~2時間程度で「におう」と言われたこともあるのです。
内臓の問題かもしれませんので、市販の胃薬も飲んでおりますが、あまり効果的ではないようです。これは磨き方に問題があるのでしょうか? それとも、本当に何かしら臓器の問題があってそうなるのでしょうか? 健康的には問題ないと思っておりますが。
大変お手数かとは存じますが、ご回答よろしくお願いいたします。

関連する記事もチェックしてみましょう

>>口臭が悪化する!? タバコと最悪な組み合わせの飲み物とは?

歯を磨いても口が臭い時に考えられる3つの病気とは?

歯を磨いても口が臭い原因は何があるのでしょうか。専門家は考えられる病気が3つあるといいます。詳しく見ていきましょう。

歯みがきをしても口臭がしてくるということで、こうなると悩みますよね。口臭の原因としては、歯周病が一番に挙げられますが、歯周病による口臭であれば、歯科医院で専用の器械を使って歯を磨いたり、食後の歯みがきをしたりすれば、そのあとは、一時的にでも改善してくるものです。(歯科医)
なぜ口臭がするのかという点ですが、一番可能性が高いのは、歯周病でしょう。歯科医院には通院していますか? 30代の約80%は歯周病に罹患しているといわれています。(歯科衛生士)
もし歯周病が進行していると、歯周病はかなりの口臭がすることがありますので、もし歯科を受診していないようであれば、一度診てもらうとよいかもしれません。(歯科衛生士)
そうでないなら、おっしゃる通り内科的な病気による口臭の可能性があります。代表的なものが、糖尿病による口臭です。糖尿病患者の口臭はアセトン臭とよばれる独特の臭いです。糖尿病の症状の1つに、口の乾きというものもありますので、糖尿病も疑ってみた方がいいかもしれません。(歯科医)
全身疾患で口臭の原因となるものに、糖尿病や腎臓疾患などが挙げられます。これらも健康診断などでわかると思いますので、お調べになってみてはいかがでしょうか?(歯科衛生士)
糖尿病の他に、腎臓病でも独特の口臭が生じることがあります。このように、内科的な病気の症状に、口臭があるものもあります。健康に問題はないと思っていても、一度内科で診てもらうことをおすすめします。(歯科医)

生理的な口臭であることもある

口臭には問題とならない生理的なものによる場合があります。そうした場合は、あまり気にしすぎないことも大切です。

歯を磨いた後の方が口臭チェッカーの数値が高いこともあるとのことですが、それに関して原因がはっきりは分かりません。使用している口臭チェッカーの精度や特性などがあるのではないでしょうか。他人から指摘される口臭のタイミングは一般的に口臭が強くなるタイミングと一致していますので、特に心配はいりません。(歯科衛生士)

歯を磨いても口が臭いとどこに問題があるのか分からずに悩んでしまうこともあるでしょう。その口臭の裏には病気が隠れている可能性もありますので、一度詳しく調べてみるのが賢明な判断といえるでしょう。こうした病気は放置していてもなにもいいことはありません。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。