早漏には3種類あった! タイプ別の原因と対策法とは?

  • 作成日:2017.03.02
  • 更新日:2017.07.31
陰茎
監修

Masahiko Shikaya
フリー医師

セックスが男性にとって大切なものであると同時に、もし、早漏の問題を抱えていたら、それが人によっては大きな悩みとなり、セックスを避けたり、嫌いになってしまう原因にもなりかねません。今回は、様々な早漏の原因とその改善策についてご紹介しましょう。

早漏の3種類ってなに? その原因は?

早漏の種類としては、身体的な要因が関係している過敏性早漏、過去のトラウマやセックスへの思いが原因となる心因性早漏、そして体力の衰えが原因となる衰弱性早漏があげられます。それぞれどのような症状があり、どうすれば改善させることが出来るのか見ていきましょう。

1、過敏性早漏

過敏性早漏とは、ペニスやその付近の皮膚に少し刺激を受けただけですぐに射精してしまう状態のことをいいます。正常な人の場合、性的な刺激が脳に伝わってから体が射精の準備をし始めるものです。

しかし、過敏性早漏の人は、陰茎の神経が敏感なため、脳で性的刺激を感じる前に外からの刺激だけで脊髄にある射精中枢が反応し、性的興奮度が頂点に達し、射精してしまうのです。つまり、このタイプの人は脳の興奮状態が充分でなくても、自分の意思に反して射精してしまうのです。

過敏性早漏は、運動をよくする人や若い人に多く見られる症状といわれており、精神的、身体的に問題があるため起きるものではなく、むしろ、勃起欲も性欲も旺盛で健康な状態だから起きるものと考えられています。

また、包茎気味の人は、普段亀頭が皮に覆われているため、刺激に敏感になってしまい、過敏性早漏になりやすいともいわれています。オナニーを早く済ませるために、すぐ射精する癖をつくっている場合も、この状態に陥りやすいとされています。

2、心因性早漏

心因性早漏とは、性的な場面やセックスに関する想像をするだけで、外的刺激が無くても、ペニスが勃起してしまう状態のことをいいます。

この状態でペニスに刺激を与えずに放っておくと、大抵の場合は性的興奮はそのまま収まっていきます。しかし、症状が重い人の場合、外的刺激がなくても性的な想像や妄想だけで射精まで至ってしまうこともあります。

心因的早漏の原因としては、セックスに関するストレスやトラウマがあげられます。過去のセックスで早く射精してしまった経験があり、そのことをコンプレックスに感じていると「次のセックスでもすぐに射精してしまうかもしれない」という不安がストレスとなり、交感神経を活発化させ、興奮状態になりやすくなり、勃起、射精しやすくなります。

このような人は早く射精してしまったセックスがトラウマになり、更に症状が悪化していくケースがあります。また、セロトニンという心や体をリラックスさせる脳内物質が不足している場合にも、性的興奮状態になりやすくなり、早漏になってしまうことがあるいわれています。

3、衰弱性早漏

衰弱性早漏は、加齢や筋力の衰えによって陥りやすいといわれています。これは、年を重ねると射精を我慢する筋力が衰えてしまうため引き起こされる早漏の状態で、絶頂感を感じる前に射精してしまうこともあります。

男性は年を重ねると男性ホルモンが減少していき、それにより射精管閉鎖筋(射精をコントロールする筋肉)の筋力が弱まり、射精しやすい状態をつくってしまうのです。

衰弱性早漏の人の場合、射精する時の発射の勢いも弱く、ダラーッと射精することが多く、40、50代くらいの中年以降の男性に多く見られる状態といわれています。

また、学者やエンジニア等の頭脳を使うタイプの仕事をする人も、衰弱性早漏になりやすいと考えられています。

早漏はどうやって対処すればいいのか?

早漏を改善させるには、それぞれの早漏の原因別に対策を取る必要があります。

・過敏性早漏の改善策

包茎によって過敏性早漏になっている場合、包茎を手術によって治すことが早漏の体質改善のための第一歩となります。しかし、包茎を治すだけでは早漏は治りません。包茎が治ってからも、ペニスの皮膚が刺激に過敏に反応してしまう癖を治すためのトレーニングが必要になります。

そのトレーニングの一つとしては、寸止めオナニーがあげられます。射精の直前に寸止めするという行為を繰り返すことで、ペニスが性的刺激に慣れていき、射精をコントロール出来るようになっていくのです。

また、石鹸やローションをオナニーに使用することもおすすめです。素手でのオナニーはペニスの皮膚を傷つけたり、雑菌が入ったりする可能性があります。そのため、トレーニングを繰り返すなら、ペニスをなるべく清潔な状態に保ち、怪我なども防止するために石鹸やローションを使うと良いでしょう。

セックスの時に使うコンドームを分厚いものにすることも、外的刺激を感じにくくなるので、早漏防止に効果的です。

・心因性早漏の改善策

心因性早漏の人の場合、ストレスや過去のトラウマが原因となっていることがあるため、専門の医師に相談することで早漏の症状を改善させられる場合があります。

早漏の原因がセロトニン不足の場合も、同様に専門の医師への相談をおすすめします。また、もしその心因性早漏の原因が、セックスの経験不足の場合は、経験を何度も積むことで早漏が改善されることもあります。

・衰弱性早漏の改善策

衰弱性早漏の場合、早漏の原因は筋力の衰えなので、射精をコントロールする射精管閉鎖筋を鍛えるトレーニングをするといいでしょう。このトレーニングは、肛門をギュッと締めて緩めるというもので、家でも外出先でも簡単に出来るものです。

まとめ

いかがでしたか。早漏は大きな病気とはいえませんが、そのことを少なからずコンプレックスに思い、ストレスを感じる人は少なくないかと思います。自分の早漏の原因がどこにあるのかを見つけ出し、自分にマッチした方法で早漏を改善に導く参考にしていただけたらと思います。

【11月最新】ペニス増大サプリランキング
36ヶ月売り上げNo.1!不動の人気商品!
>>詳細はこちら
増大成分トップクラス!30日間の返金保証有
>>詳細はこちら
満足度92%!3大成分を豊富に配合!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

ペニスを大きくしたい方におすすめ!

【厳正】増大サプリおすすめランキング!効果の高い商品はコレ!

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は増大サプリの効果と選び方をランキングで紹介していきます!

増大サプリでペニスは大きくなる?効果・成分を徹底調査!

ペニスが小さくて人前で脱げない…。パートナーも多分満足してなき…。そんな方におすすめの増大サプリを解説します!