子供の頃に頭の中に聞こえた声…医学的見地からの考察

  • 作成日:2017.03.02
  • 更新日:2017.03.01
メンタル

子供の頃に不思議な体験をしたことはありませんか? 今回の相談は、頭の中に声が聞こえ頭重感に悩まされていたというものです。医学的な見地からはどのようなことが考えられるのでしょうか?

30代男性からの相談:「子供の頃に襲われた頭が重くなる状態は病気だったのでしょうか?」

今ではすっかり見られなくなったのですが、小学生の中頃から中学生にかけて奇妙な経験をしました。
それは、起きていながら悪夢のような感覚に襲われるというものでした。例えば、テレビを見ていたりゲームをしている最中に不意に頭の中に性別不詳で怒っているのか優しいのかという感情も曖昧な声が聞こえたのです。声の内容まではわかりませんでしたが、この状態になると頭がズーンと重くなり、なにもすることができなくなってしまいました。頻度は不定期でしたが、多くはありませんでした。
後々、宗教学などをかじるようになって巫病というものがあると知りました。巫病は医学的な解明には至っていないようですが、子供の頃に襲われたあの感覚は巫病だったのではと感じています。
そこで質問なのですが、このような状態は医学的には何かの病気に当たるのでしょうか? 当時は年齢柄、希死念慮や自殺願望もありましたが、今ではもうそのようなことはありません。

似た質問もチェックしてみましょう

>>必ず夢を見るのは、睡眠の質が悪いからですか?

頭の中に聞こえる声や頭重感の正体とは?

専門家に、頭の中の声や頭が重くなる症状について解説していただきました。

子供のころに体験した不思議な感覚のことを知りたいのですね。私は巫病というものが何を指すか判りませんが、あなたは小学校から中学校の頃、ストレスを感じる環境にいることが多かったでしょうか。(心理カウンセラー)
相談者様が子供のころに体験された頭の中で人の声が聞こえたという体験は、医学的には幻聴といいます。幻聴は、過度のストレスがかかっている時に起こりやすく、精神的な病気としては、統合失調症やノイローゼ、急性ストレス障害で多く見られる症状です。(医師)
子供の頃に起こった症状が、幻聴に加えて、希死念慮や自殺願望があったことを考えますと、当時、何かしら非常に大きな精神的ストレスを抱えておられ、その結果、幻聴が起こっていたものと考えられ、一過性の急性ストレス反応であった可能性が医学的には考えられます。(医師)
起きていながら夢を見る感覚だけであれば、白昼夢と呼ばれるものと思います。ですが、何かをしている最中にもう不意に声が聞こえたり、頭がズーンと重くなったりするなどの症状もあったのであれば、他にも思考を中断するようなストレスなどがあった可能性も窺えます。(心理カウンセラー)
短い文面の中でのことですのではっきりとはわかりかねますが、医学的には解離症状などが起こっていたのかもしれません。希死念慮などもあったとのこと、きっと心のバランスが不安定な時期があったのだと推測されます。ですが、今はそのような症状は落ち着かれたご様子。特に、その頃の症状が何かを知ることは、その時のあなたを見ていない状況では、正確に病気だったのか、一時的なストレスだったのかをいうことはできません。(心理カウンセラー)

過去の出来事で悩まないように

専門家はもし過去の出来事で悩んでいるのであれば、その必要はないといいます。なぜなら、それを乗り越えて今があるのですから。

子供のころだけで、今現在は、全くそのようなことは起こっていないのであれば、病院を受診して治療を受ける必要はありません。(医師)
白昼夢を見たり、自分の中に違う声を聴いた体験をしたことがある人は、意外に多いものです。私も、幼いころには、もう1人の自分に話しかけることがありました。たぶん、今思えば、家庭環境のなせる業だったと思いますが、幼い自分がその時期を乗り越えるための方法だったと思っています。そんなこともあったなあと、自分の成長記録としてとどめておくことがいいように考えます。(心理カウンセラー)

ある種のシャーマニズムでは、思春期の時期に巫病と呼ばれる精神異常が起こります。例えば、沖縄のシャーマンであるユタはほとんどがこの巫病を経ているといわれています。この症状は、宗教学では「神に選ばれた」ものとして捉えられており、それがシャーマンになるきっかけになると考えられています。

特にユタは幼い頃に家族に不幸があったりといった精神的なストレスのかかる環境にいることが多いとされ、そういた観点からもストレスによる心のバランスの乱れが幻聴などの症状をもたらしているのだと考えられそうです。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。