妊娠しやすくするために男性ができることとは?

  • 作成日:2017.03.04
  • 更新日:2017.02.27
男性不妊

子供がほしいのになかなかできない。どちらに原因があるのかはわからないけれど、男としてどのようなことができるのでしょうか。専門家にアドバイスを頂きました。

20代男性からの相談:「子供ができやすくなるように男性ができる対策はありますか?」

昔から精子の量が多く気にしてもいなかったのですが、大人になって子供を作りたくて性行為で挑戦をしても、なかなか子供ができません。
自分のせいなのかパートナーのせいなのかわからないのですが、そろそろ病院に行きお互い調べなくてはいけないと思っております。
病院に行く前に私自身でどのようなことを行えば子供ができやすくなるなどの対策はありますでしょうか。何でも良いので可能性があるような対策があるようであれば行ってみたいです。

関連する記事もチェックしてみましょう

>>妊娠しにくいのは男性側に原因があることも…男性不妊症とは?

不妊を解決するために男ができることとは?

専門家に不妊を解決したい時に、男性ができることについてお聞きしました。

男性が妊娠をしやすくするためには精子の量や精子の質を向上させることです。精子は酸化に弱くDNAが変化しやすいものです。これは喫煙が影響することが指摘されており、高熱が出たときに精巣がダメージを受けることでも起こりやすいようです。(看護師)
また、体内の酸化を防ぐために抗酸化作用のある食材を摂取するなども効果がありそうです。精子の質を高めるには栄養バランスのとれた食事を心がけましょう。(看護師)
精子の質を上げる栄養としてビタミンEや亜鉛、アルギニンなどがいわれていますが、そればかりに固執して他の栄養が疎かになってもいけません。(看護師)
ストレスの解消のためにもしっかり睡眠をとり、体力やホルモンバランスを整えることも重要です。まずはこのような基本的な生活習慣を見直してみましょう。(看護師)
不妊の原因は男女ともにある場合も多く、男性の場合は勃起障害と精液異常があります。勃起障害とは性行為において膣内射精ができないことです。精液異常は精液検査を受けないと判断はできません。(看護師)

パートナーの心を支えることも大切

不妊は夫婦の問題です。どちらかに問題があるからといって、もう一方は何もしなくていいというわけではありません。

不妊治療を始める前に男性ができることは、女性側の精神的な支えになることが一番です。(看護師)
男性の場合も体質やストレスなどにより、精液の質が変わるといわれています。規則正しい生活やバランスの取れた食事はもちろんのこと、ストレスや疲れを溜めすぎないことも重要です。(看護師)
妊娠のための性行為の直前には射精しないようにすることがいいですが、だからといって何日も禁欲することには効果はありません。排卵時期に毎日もしくは1日置きに性行為を行えるようにするといいでしょう。(看護師)

なぜ不妊になってしまっているのか、その原因を知ることから始めましょう。原因が分からないままでは素人考えの対処法は意味がありません。まずは夫婦で検査を受け、原因が分からないという不安を解消しましょう。できることを試していくのはそれからではないでしょうか。

【11月最新】精力UPサプリランキング
間違いなし!36ヶ月売り上げNo.1の人気商品!
>>詳細はこちら
信頼の指定医薬部外品!お試しパック有り!
>>詳細はこちら
口コミで大人気!トリプル有効成分が効く!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

妊娠しやすくしたい方におすすめ!

精力剤で精子の量は増やせるの?成分を徹底調査!

精子の量や薄さが気になる…。妻がなかなか妊娠しなくて心配。そんな方のためにおすすめの精力剤を紹介します!

妻だと勃たない!夜の悩みは精力剤で解決できる?

妻以外の女性の場合は元気なんだけどな…。セックスレスで不妊に悩む方におすすめの精力剤を調査!