割れた歯が原因の口臭…根本的な解決策は?

  • 作成日:2017.02.25
  • 更新日:2017.02.22
口臭

歯が割れてしまい、その穴に食べカスが詰まってしまうことで口臭が起こってしまっているという相談者さん。この状況を根本的に解決する方法はないのでしょうか? 専門家のアドバイスです。

50代男性からの相談:「割れた歯が口臭の原因に…根本的にニオイをなくすには?」

私は若い頃から歯並びが悪いせいか、よく虫歯になり、頻繁に歯医者通いをしていました。そのせいか奥歯を削りすぎて、歯が縦に割れてしまいました。
歯医者からは打つ手なしなので、そのまま放って置くしかないと言われ、大きな穴の開いたまま歯茎に刺さったままです。問題はその穴によく食べ物のカスが溜まり、口臭の原因となることです。
毎朝、歯を磨いても臭い状態が続いています。歯医者に相談したところ、液体の口内液で対処するしかないと言われました。もっと抜本的に口臭を根絶させる方法はないのでしょうか。

似た質問もチェックしてみましょう

>>唾液を増やせば口臭が防げるって本当?

割れた歯による口臭…根本的な解決方法とは?

専門家に割れた歯による口臭の解消法についてお聞きしました。

歯が割れてしまったとのことですが、穴が開いた状態になりますと、食べ物が詰まりやすいですから、困りますよね。相談者さんの歯を診たわけではないので、断言することは難しいのですが、歯が縦に割れて、しかもその破片が歯茎から覗いている状態ですと、大半の場合は、抜歯になります。(歯科医)
歯が残っている限り、その穴はなくなりません。そして、そこから虫歯になっていきますと、歯茎より下の方まで虫歯が進むため、歯が見えにくくなること、そして歯が薄くなることでもろくなりますから、抜歯も難しくなってきます。ですので、早目に抜歯したほうがいいのではないかと考えます。(歯科医)
口臭対策のためにも、抜歯をおすすめします。それまでの間は、食べ物が入りにくいように仮の詰め物をしてもらうのがいいでしょう。(歯科医)
このような状況で、根本的な解決方法といわれますと、抜歯になってしまうのではないかと思います。もちろん抜歯は避けたいと思いますが、この歯がニオイの原因になっていることが確実なのであれば、抜いてしまう以外に方法はないのではないでしょうか?(歯科衛生士)

抜歯以外に口臭を予防する方法はないのか?

抜歯できない場合、他にどのような対処法があるのでしょうか。専門家にお聞きしました。

抜歯が難しいなら、歯間ブラシを穴に差し込んで歯を磨くしかないでしょう。(歯科医)
根本的な解決にはならないのかもしれませんが、歯に穴が開いていて、そこに汚れが溜まるようであれば、穴を虫歯治療用の充填材や、セメントで塞いでしまうというのも手です。歯としての状態は改善しませんが、穴に食べカスが詰まるという問題は解決できるので、口臭の原因が少しは改善するかもしれません。(歯科衛生士)
ウォーターピックという水圧で歯を磨く器械もありますので、そういった器械を使うのもいいかもしれません。(歯科医)
もし今通院している歯医者で対応してもらえないようであれば、他の歯医者で何かいい方法はないか相談してもいいかもしれません。(歯科衛生士)

歯が割れたことで生じる口臭。基本的にはその歯を除去するのが最適な方法だと専門家はいいます。抜歯を避けるのだとすれば、日々の手入れをより念入りに行う必要があり、それは大きな負担になってしまうでしょう。歯科医と相談の上、最善の道を探っていきましょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。