五十肩に効く栄養素や漢方は? 肩の痛みを解消して快適ライフを

  • 作成日:2017.02.17
  • 更新日:2017.02.16
健康

年齢を重ねて肩の動きが悪くなってきた…。それだけでなく、肩を動かすことで痛みが走るように。この状態をいかに改善していけばいいのでしょうか。専門家にお聞きしました。

40代男性からの相談:「五十肩を治したり、痛みを和らげる薬やサプリはありますか?」

肩の痛みで悩んでいます。いわゆる「五十肩」というものだと思うのですが、腕が一定以上に上がりづらいのです。そして、ゆっくりと上げていくと今度は下ろす時に、もう片方の手で介添えをしなければいけないような状況になってしまいます。
ちょっと肩のまわりをほぐそうと思ってグルグル回したりもするのですが、ボキボキいうだけでスムーズにはまわりません。
日常生活では洗顔とかで困ってしまいますし、趣味のゴルフなどでも支障が出てきます。痛みをやわらげるにはどうしたらいいか教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう

>>腰痛や四十肩は糖尿病と関連があるのでしょうか?

五十肩の痛みを解消するにはどうすればいいのか?

専門家に五十肩の痛みを階諸王する方法をお聞きしました。

五十肩は肩のまわりの筋肉が緊張し、血液の循環が悪くなっています。筋肉のコリを和らげるビタミンB1、傷ついた神経を修復するビタミンB12、血流改善を促すビタミンEなどのビタミン剤も有効です。(薬剤師)
強い痛みが出ているときは、内服の消炎鎮痛剤(痛み止め)が処方されると思います。消炎鎮痛剤は胃のむかつきなどの副作用が出ることがあるので、胃腸薬もあわせて服用されることが推奨されています。(薬剤師)
漢方薬では「独活葛根湯(どっかつかっこんとう)」がおすすめです。身体を温め血流を改善することで、しびれや痛みを緩和してくれます。(薬剤師)
痛みが強い時は、重いものや動作で肩に負担をかけずに安静にすることが大切ですが、痛みが落ち着いてきましたら、痛みのない範囲で運動療法を取り入れることも五十肩の改善には有効です。(薬剤師)

五十肩の治療法はどのようなものか

専門家に五十肩の治療法についてお聞きしました。

五十肩とは、肩関節周囲の組織が炎症を起こして、肩の痛みや動きが悪くなる状態です。五十肩に対する薬物療法は、痛みを和らげる対症療法となります。(薬剤師)
五十肩の治療は、肩を動かそうとすると強い痛みがある急性期と徐々に腕が上がらなくなる慢性期では異なり、主に薬物療法が行われるのは、急性期になります。(薬剤師)
急性期には、ロキソニンなどの非ステロイド性消炎鎮痛剤(NSAIDs)で炎症を抑え、痛みを緩和します。内服薬の他に、パップ剤やテープ剤などの外用貼り薬もあります。(薬剤師)
五十肩は1年以上かかって自然に治っていく場合もあるといわれていますが、腕が動かしにくい状態が続く場合もあるようです。(薬剤師)
五十肩は、運動療法や理学療法で改善が見込めるといわれていますので、早めに整形外科を受診されることをおすすめします。(薬剤師)

年齢を重ねて五十肩で悩んでいる方も少なからずいらっしゃるでしょう。歳のせいと諦めてしまうこともあるかもしれませんが、痛みを解消するための方法はあるようなので、自分に合った方法で改善に取り組んでみるのもいいかもしれません。

【11月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
製薬会社エーザイが開発した血圧サプリ
>>詳細はこちら
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!