ガムで口臭が悪化することも! 賢く口臭を抑えるためのガムとの付き合い方

  • 作成日:2017.02.02
  • 更新日:2017.07.31
口臭
監修

Masahiko Shikaya
フリー医師

通勤の電車内、近くから口臭が漂ってきてウッっとなってしまった経験をお持ちの方も少なくないことでしょう。どんな時も自信ある男でいるために口臭のケアは必須のエチケットです。口臭を抑えるために身近なものがガム。でも、ガムでも防ぐことができない口臭があります。ガムと口臭の関係を知って、賢く口臭対策していきましょう。

そもそも、口臭はなぜ発生するのでしょうか?

最近、朝起きると以前より増して口臭が強くなった気がする…。密室の会議室で話しかけた女性社員が険しい顔をしていた…。男性が年を取るにつれて、気になってくるのが口臭です。

スメルハラスメントという言葉とともに、口臭をはじめとしたニオイは、会社でも敬遠される風潮にあります。「年とってきたのだから、しょうがないじゃないか!」と開き直って、おざなりにしておくわけにもいきません。

一般的に口臭には大きく分けて外的要因によるもの、病的要因によるものの2つがあります。外的要因とは、ニンニクや発酵食品などのニオイの強い食べ物をとったため、お酒を飲んだため、口内の食べカスなどが原因のもの。対して、病的要因は虫歯や歯周病、胃腸など内蔵の疾患が原因であるものを指します。

口臭を抑えるために、ガムが効果的な理由とは!?

本来、人間の口内には約200種類以上の細菌が存在しています。細菌のなかには、嫌気性菌といって酸素が少ない環境を好むものがあり、増殖とともにニオイを発生させます。朝、寝起きのとき、口臭をとくに目立って感じるのは、就寝中に酸素を多く含む唾液の分泌量が少ないため。

唾液はサラサラで酸素を多く含む漿液性(しょうえきせい)唾液と、酸素をあまり含まないネバネバの粘液性唾液に分けられます。就寝中は後者の粘液性唾液が分泌されるので、寝起きに強く口臭が発せられるのです。

逆にいうと、酸素を多く含むサラサラの漿液性唾液を多く分泌させ、口内に細菌を増殖させない環境をつくることが重要。そこで、ガムが効果的というわけです。言わずもがなですが、唾液は咀嚼を行なうことによって分泌が促されますので、ガムを噛むことは唾液の分泌を大きく助けるのです。

また現在、市販されているガムの多くはミントやフルーツの香料が含まれているため、口臭に対してマスキング効果をもたらすことも期待されます。マスキング効果とは、ひとつのニオイをもう一方のニオイで覆い隠し消してしまうこと。根っこからの解決ではないですが、唾液の分泌以外にもガムはマスキング効果もあることは頭に入れておくとよいでしょう。

ガムで解決できない口臭。本質的な原因を考えよう

ガムによる唾液分泌が口臭の抑制に大きな効果があることを説明してきました。しかし…口臭の原因は、単に唾液だけでないことももちろんあります。それでは、ガムでは解決できない口臭の原因をご紹介します。


・虫歯

虫歯が進行すると、ミュータンス菌をはじめとする細菌の付着により、歯はしだいに溶けていきます。そして、虫歯によって溶けた隙間に食べカスが詰まると、なかなか歯磨きやガムではとることはできません。食べかすが残ったままだと発酵し、口臭のもととなるのです。

また、親知らずによって、奥深くに食ベカスが詰まってしまうケースも同様に口臭の原因となります。


・歯周病

プラーク(歯垢)の蓄積により歯や歯茎に炎症をもたらす歯周病ですが、このプラークは歯周病を進行させる毒素を出し続け、メチルメルカプタンという臭いガスを発生させます。また、歯周病が進行すると歯茎から出血し、場合によっては膿が出ることもあるため口臭に大きな影響を与えます。


・呼吸器系の疾患

気管支拡張症、肺がん、肺結核、肺腫瘍などの病状の場合、肉の腐ったようなニオイが発せられるケースがあります。


・消化器系の疾患

胃がん、食道気管支瘻(しろう)、食道ヘルニアの場合、肉の腐ったようなニオイが発せられるケースがあります。


・肝機能障害

肝硬変や肝臓がんなどの症状の場合、アンモニア臭が発せられるケースがあります。


・糖尿病

糖尿病の場合、アセトン臭(リンゴの腐ったような甘酸っぱいニオイ)が発せられるケースがあります。

日常でできる対策はガム! でも、根治を考えるなら医師の診察を

ガムは唾液の分泌を促しますので口臭対策には効果的。でも、唾液が原因ではない場合、ガムは一時しのぎの抑制策でしかありません。「これまでと違う口臭がする…」というのは、身体の変化のあらわれ。何かの病状を暗示しているのかもしれません。

年をとっても自信をもって振る舞い、コミュニケーションできる男であるために、口臭が気になったらまずはお医者さんに相談してみることをオススメします。そのうえで、日頃の対策としてガムを使用してみるのがいいでしょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。