みんなが好きな○○はハゲを進行させる食べ物だった!

  • 作成日:2017.01.27
  • 更新日:2017.07.31
薄毛
監修

Masahiko Shikaya
フリー医師

ハゲの男性は男としてのセクシャルな魅力を決めるテストステロンを多く持つといわれています。テストステロンは性欲、バイタリティ、筋肉、骨格に影響するホルモンで、分泌する力が強ければ強いほど女性を魅了する男の中の男だと言われています。でも、どうせならハゲたくはない…。食事を見直すことでハゲの進行を防げるかもしれません。

そうだったの!? ハゲが悪化する食べ物5選


1、お酒

ビールや日本酒など、過度なアルコールの摂取は肝臓の働きを弱めます。肝臓は髪の毛を作るのに必要な栄養素、タンパク質を作る臓器なので大量に摂取しつづけると薄毛の原因になるのです。


2、脂っこい食事

ステーキやとんかつの脂身、ラーメンやスナック菓子などの動物性脂肪。好きな人も多いでしょうが、これらも薄毛の要因です。

これらを大量に摂取し続けていると、毛穴の皮脂の量が増えてしまい抜け毛に繋がります。また、血液がドロドロになるため、髪の毛を作るのに必要な栄養素が届きにくくなるのです。


3、ダイエット食品

低カロリーのものばかり食べていると頭皮まで栄養が回らなくなってしまい、結果薄毛に繋がってしまうとのこと。スリムな体型を目指すのはいいことですが、ダイエット食品だけに頼らず体を動かしてバランスの良い食事を心がけましょう。


4、加工食品

レトルト、インスタント、ファストフードなどの加工食品を、毎日食べるのが習慣という人が多いのではないでしょうか。実はこれも薄毛の原因の一つです。加工食品に含まれる食品添加物は髪を育てる栄養素の吸収を阻害し薄毛の元になってしまうのです。


5、糖分の多いお菓子

甘いお菓子やジュースなど、糖分の取り過ぎには注意です。糖分を分解する際、大量のビタミンBを消費する結果、体内の代謝機能が低下して皮脂の分泌量を増やしてしまいます。この皮脂が毛穴を詰まらせ血行不良や炎症を引き起こすことで抜け毛を増やします。

ハゲと内臓の関係

前頭部の抜け毛がある場合、心臓・循環器や腎臓機能に症状が出やすいので要注意です。頭頂部の抜け毛がある場合は、心臓疾患や慢性胃炎になりやすいので、将来腫瘍ができやすい身体になることもあります。

ハゲに良いとされる食べ物とは?


・タンパク質

髪の毛の約90%はケラチンというタンパク質です。良質なタンパク質を毎日欠かさず摂ることが大切です。動物性よりも納豆・豆腐・大豆製品などに含まれている植物性タンパク質がおすすめです。


・亜鉛

ケラチンの合成を助け発毛を促進します。牡蠣、うなぎ、レバー、大豆製品に多く含まれます。


・ビオチン

ビオチンはビタミンB7とも呼ばれています。育毛に必要なアミノ酸やコラーゲンの生成を助け、頭皮を健康に保って育毛の効率を良くしてくれる栄養素です。ピーナッツ、くるみ、アーモンドなどのナッツ類に多く含まれています。


・鉄分

毛根細胞に酸素と栄養素を送るのが血液中に含まれるヘモグロビンです。ヘモグロビンを構成する鉄が不足すると毛根に栄養が行き届かずに抜け毛が発生します。レバー、貝類、海藻類、大豆食品に多く含まれます。

一度にまとめて食べるのではなく、これらの食品のどれかを毎日欠かさず少しずつ摂取することが毛髪改善の効果を高めるポイントです。

まとめ

薄毛・抜け毛で悩む人は多いですが意外と食生活に気を止めている人は少ないのです。身体は毎日の食事によって変わります。100日で変化として表れてくるといわれているので、今日食べたものは3ヵ月後の身体を作っているわけです。薄毛や抜け毛の悩みを改善するには食生活を始め、ストレス軽減、頭皮のケア、適切な治療などあらゆる面から総合的にケアすることが大切です。食生活の改善は今日からできるはず。1日でも早く髪の毛対策をスタートさせましょう。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

精力剤の効果別おすすめランキング!即効性・勃起力のある市販商品は?

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきたいと思います。