肌トラブルを予防する髭処理におすすめの商品・サービスは?*

  • 作成日:2017.01.19
  • 更新日:2017.07.31
髭・体毛
監修

Masahiko Shikaya
フリー医師

毎朝処理しなければいけないうっとおしい髭。なんとなくシェービングや毛抜きで処理しているけど、脱毛クリームとかサロンでの処理ってどうなの? そんな気になる髭の処理方法を集めて徹底解剖しました。ぜひ参考にしてください。

医師からの注意

脱毛は肌トラブルになるケースが多いため、自分でする時もサロンでしてもらう時も、はじめにパッチテストをしてから行ってください。脱毛後に皮膚トラブルで病院に受診しないといけません。

髭の処理方法6選


・脱毛クリーム

刃を使わない男性の髭の脱毛方法の一つとして、脱毛クリームがあります。脱毛クリームを塗ると毛がクリームの成分によって分解されるので、水で流すだけで脱毛が出来るというものです。

この方法なら刃で剃るわけではないので剃刀負け等の心配はありませんが、脱毛クリームが肌に合わずに荒れてしまうこともあります。そして独特の臭いがあるので苦手な方もいるかもしれません。

値段は1,000~5,000円くらいまでが一般的ですが、頻繁に使う場合は何度も買わなければならず、少しお金がかかるかもしれません。「NULLリムーバークリーム」は肌に優しいことでネットで人気となっており、おすすめです。


・抑毛ローション

除毛とは違ったアプローチで毛を処理出来るアイテムとしては、抑毛ローションがあります。肌に抑毛ローションを毎日塗り続けていると、毛が薄くなっていくというものです。抑毛ローションは肌が荒れにくいというメリットがありますが、即効性が無く、すぐに髭を処理したい人には向いていないかもしれません。

毎日忘れずに塗らなければいけないという、面倒さもあります。毎日塗るものですが、一度に大量に使用するわけではないので、コストパフォーマンスはよさそうです。

抑毛ローションとしておすすめの商品は1日1分塗るだけで効果が得られる「パイナップル豆乳ローション」です。髭にかける時間が1日1分で済むので、面倒さも軽減されます。


・シェービング

髭の処理方法としては、髭剃り用の剃刀でのシェービングが代表的です。専用の剃刀で直接髭を剃るのですが、手軽で簡単に出来る半面、剃刀の摩擦で肌が傷んだり、肌を切ってしまい血がでたりすることもあります。

肌を傷めないようにするには、シェービングクリームやソープなどで滑りをよくしてから剃刀を使うといいでしょう。

価格は数千円のものから1万円以上するものもあり、性能もさまざまです。替刃の価格によっては、少々お金がかかるものかもしれません。敏感肌でお悩みの方には肌を守る機能が満載の「シック・ハイドロ5・プレミアム」がおすすめです。


・毛抜き

毛を根元から処理したいなら毛抜きを使う方法があります。毛抜きのメリットは根元から毛を抜くため、脱毛後はしばらく毛が生えてこず、処理の頻度が減るということです。しかし、毛を抜く痛さと、一本一本抜く手間がかかるというデメリットがあります。

毛抜きは,1000円以下で買え、買い変える頻度も少ないです。「関孫六(先平)」は日本製でしっかり毛を挟むので、抜く時の痛みを感じにくく、おすすめです。


・家庭用脱毛器

家庭用脱毛器なら痛みも少なく脱毛ができます。これは光を照射して髭を薄くさせていくものです。痛みは少ないのですが、値段が数万円し、高額であるというデメリットがあります。おすすめは肌への負担が少ない「ケノン」です。


・脱毛サロン

脱毛サロンなら、プロの仕事によって肌も潤い、髭も綺麗に脱毛できます。方法は、業務用の脱毛器での光照射やシェービングなどと、さまざまですが、肌も綺麗にできるというメリットがあります。しかし、施術料は一度に数万円することもあり高額なので頻繁にできるものではありません。

おすすめのサロンは、「メンズTBC」です。ここなら男性の美容に特化しており、髭の脱毛も安心して任せられます。

>>たった1000円でヒゲ脱毛!?濃くて青い面倒なヒゲ達よさらば!!*

自己処理でおこるトラブル

自分で髭を処理することによって起こるトラブルもあります。


・埋没毛

埋没毛は、毛が肌の中に埋もれてしまうことをいいます。無理やり抜こうとして途中で毛が切れてしまうことで起こるトラブルです。埋没毛になると、その部分の毛の脱毛が難しくなります。防ぐには毛を無理に抜こうとしないこと、根元から抜くことを心掛けるようにしましょう。

埋没毛になってしまったら、スクラブ入りの洗顔せっけんなどを使ってその部分をマッサージしたり、ピーリングをしたりしましょう。埋没した毛が肌の外側にでやすくなります。


・毛嚢炎

毛の処理跡に雑菌が入ると、毛嚢炎という肌トラブルに繋がることがあります。雑菌が入ることでニキビのようにプツプツとしたできものができ、肌に炎症が起きてしまう状態です。

肌の滑りを良くしてから髭剃りをすれば、剃り跡が綺麗に保たれ、毛嚢炎になりにくくなります。しかし、毛嚢炎を発症させてしまった場合は、その部分をよく保湿し、炎症を抑える必要があるのです。もし症状が重ければ皮膚科に相談することをおすすめします。


・色素沈着

そして、髭の自己処理によって色素沈着が起こることもあります。これは同じ部分に刺激を与え続けることでメラニンの生成が促進されて起こるトラブルで、その部分の肌が黒っぽくなってしまいます。これを防ぐには、剃刀の替わりに除毛クリームや抑毛ローションを使用し、剃刀の使用頻度を抑えるといいでしょう。

色素沈着を改善させるには、肌のターンオーバーをうながすビタミンEをとることをおすすめします。ビタミンEはイチゴやアボカドなどに多く含まれているので、これらの食材を食生活に取り入れましょう。

処理後にするべきこと

肌トラブルを防ぎ、美肌を保つためにも、髭の処理後には必ずケアをしましょう。髭剃り後は化粧水を塗り保湿します。化粧水が肌に馴染んだら、次に、乳液やクリームでしっかりと水分を閉じ込めるようにしましょう。このようにして髭剃り後の処理を毎回欠かさないようにすることで、髭剃り後の肌を綺麗に保つことができます。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。