前髪が薄くなってきた…生え際の薄毛をごまかす方法ってあるの?

  • 作成日:2017.01.16
  • 更新日:2017.08.09
薄毛

生え際が後退してきたことに悩んでいませんか? 前髪でハゲをごまかそうとしているあなた、この記事を読んで根本的な対策に打って出ましょう。専門家のアドバイスを頂いておりますので、参考にしてください。

30代男性からの相談:「生え際の薄毛を分かりづらくしたり治す方法はありますか?」

年々前髪の生え際が目立つようになり、前髪を上げるとM字ハゲのようになっています。
自分的には前髪で隠しているつもりはないのですが、ふと隙間から見える生え際のハゲが、他の人からは隠しているように思われ、度々指摘を受けます。
そこで、生え際をうまく隠す髪型や、生え際のハゲを治すような方法は何かあるのでしょうか?
今のところその他の部分に薄毛やハゲは見られていないので、とにかく生え際をどうにかしたいです。よろしくお願いいたします。

似た質問もチェックしてみましょう
>>前髪が薄くなった気が…20代から始める薄毛対策とは?

前頭部の薄毛をごまかす髪型はない

頭頂部と違い、前頭部の薄毛をごまかす髪型はありません。前髪を垂らすことで、どうしても隠してしまっているように見られてしまうのです。

生え際の薄毛ですが、髪の毛が細くなってきて生え際がすいたようになっているのではないでしょうか。それとM字とのことですので対処方法としては、髪の毛を太くする方法と抜毛をなくすことですが、かなり難しいです。(医師)
こめかみ部分の薄毛はなかなか隠しやすいものではありません。ロングヘアにすれば隠すことも可能だと思いますが、隠すのではなくM字ハゲを生かすようなヘアスタイルを探してみるのもいいかもしれません。(看護師)
頭頂部であれば隠す方法はございますが、前頭部では増毛を考えないといけません。今の状態を維持するのがいいです。維持の方法として、シャンプーは無添加を使ってください。使う際にも頭皮にかかる量をできるだけ少なくするようにしましょう。洗髪後、自然乾燥させ、ドライヤーの温風は避けるようにするといいです。(医師)
整髪料も頭皮にかからずに髪にだけセットしするようにしましょう。育毛剤の使用もいいです。髪に栄養を与えて太い髪にしていくことで薄毛予防となります。(医師)

これ以上薄毛が進行しないように早めの対策を

相談者さんの薄毛は、放置していても改善することは考えにくいものです。できるだけ早い対策が望まれます。

現在の薄毛は対処しなければ少しずつ進行していくAGA(男性型脱毛症)ではないかと考えられます。AGAとはDHT(ジヒドロテストステロン)というホルモンが関与する薄毛で生活習慣の改善などでは進行を抑制することができません。(看護師)
AGAに効果があるものは色々といわれていますが、医学的に効果が証明されているのはフィナステリドという成分です。基本的にはフィナステリドは病院を受診しなければ処方してもらえませんが、その他の方法でも入手することが可能なようです。ただし、通販などで手に入れる薬は信頼性が劣りますので、医師に処方してもらうのがいいでしょう。薄毛がこれ以上進行しないように早めの対処をお勧めします。(看護師)

前頭部のハゲはごまかしが効きにくいですので、髪は短くしておくといいでしょう。また、AGAは放っておけば進行してしまうものですので、薄毛の悪化を防ぎたい場合は、早めの行動が大切になります。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。