EDはゴキブリ体操で予防できる! 簡単にできるストレッチ法

  • 作成日:2017.01.11
  • 更新日:2017.07.31
ED
監修

Masahiko Shikaya
フリー医師

意中の女性といい雰囲気になり、ラブホテルにチェックイン。お互いシャワーを浴びて、いざ行為が始まるといったときに一向に勃ちあがってくれない自分の男性器。男性ももちろんショックですが、女性への精神的ダメージも相当なものです。この記事でEDについて正しい知識を学んでいきましょう。

勃起不全(ED)とは?

Erectile Dysfunctionの略称でED。これは勃起不全、勃起機能不全を現す言葉です。男性器が健全に勃起しない、射精ができないなど様々な障害が引き起こります。

もともと男性器は性的興奮を覚えると脳から神経伝達物質が出て陰茎にある陰茎海綿体に多くの血流が流れ込みます。それにより勃起状態になるのですが、これが正常に機能していない状態のことをEDと呼びます。

こういった身体的な要素と心因的な要素が大きく関わって勃起が成立します。例えば、身体的に何も異常のない状態にあっても、極度の緊張感から勃起ができなくなるといったようなこともあります。

まさに、心身が複雑に作用して勃起という現象が起きているのです。そして、EDは身体的な要素、精神的な要素、またはその両方の要素により勃起が正常にできなくなっている状態の事を言います。

男性にとって勃起ができなくなるということは大きな精神的ショックとなります。特に、最近は生活習慣の乱れなどから20代の弱年齢層でもEDになってしまうケースがあり、重度になってくると薬物療法を行うようなこともあります。

また、一旦は勃起するものの、勃起の継続時間が極端に短い状態のこともEDと呼びます。

EDの症状

とにかく勃起がうまく機能しないことを総称してEDと呼びます。一瞬勃ったけれども数分と待たずに萎えてしまう。そもそも一切勃起ができない、勃起をしても固さがなく挿入ができないなど、その症状は様々です。

勃起に関しては自覚症状が非常に大きな病気です。この自覚症状がさらにEDを悪化させることにもなります。勃起には身体的な要因と精神的な要因とが関わり、一度自分がEDと自覚してしまうと、自分はEDで勃起ができないと思い込んでしまい、健康的には問題なくともEDの症状が続いてしまうケースがあるのです。

全く勃起しない、少しだけ勃起する、勃起はするものの継続しない、EDになるとそういった症状が起こります。精神的な不安感が強くなってくると、実際には勃起ができるのに不安感から自分はもう性行為ができないなどふさぎ込んでしまうケースもあります。

身体的な変化はもちろんですが、EDになってしまうとこういった精神的不安定をもたらしてしまうのも症状の特徴と言っていいかもしれません。

EDの原因

EDの原因は人により様々ですが、中には先天的に勃起がしにくいという人もいます。しかし、ほとんどの人が後天的な理由によりEDにかかってしまいます。

一番の原因はやはり生活習慣の乱れです。お酒の飲み過ぎ、喫煙、睡眠時間不足、運動不足、栄養不足など様々な要因が考えられます。

その他にも高血圧、高脂血症、糖尿病などの場合、EDになるリスクが普通の人に比べると高くなります。つまり、EDと食生活は密接な関係にあるということです。

運動不足もEDを引き起こす原因となります。勃起は、性的興奮や性的刺激を受けたときに神経伝達物質が働き、陰茎海綿体に血流を送り込んで陰茎を増大させるというメカニズムになっています。極度の運動不足からその神経伝達がうまくいかなくなったり、そもそも陰茎周辺の筋肉量が少なく勃起に至るまでの体力が備わっていないなどの原因も考えられます。

いずれにしても、健康状態が悪い人がEDになると覚えておくといいでしょう。

EDの治療法

EDを治療するための方法はいくつかあります。まずいちばんはじめに思い浮かぶのがバイアグラやレビトラ、シアリスなどといったED治療薬を用いた服薬治療です。これらの薬は泌尿器科で処方してもらうことができます。海外からの輸入により自分で購入することも可能です。

しかし、安全面から必ず医院で処方してもらうようにしましょう。

これらの薬を誤って服用して死者が出たなどの事例も少なからず起きています。男性器に関する悩みで相談しにくい気持ちはわかりますが、安全に着実に治療を行っていくほうが大事です。

その他にも漢方薬を利用した治療や、陰圧式勃起補助具と呼ばれる勃起を補助する器具をつける治療。陰茎に勃起を促進する薬剤を注射する陰茎海綿体注射や自分の陰茎に人口陰茎を埋め込むような治療方法も用意されています。

これらの治療法はあまり一般的ではなく、やはりED治療薬を用いた服薬管理がより効果があるとされています。

EDの予防・対策法

勃起不全にならないための予防法として、規則正しい食生活や適度な運動、勢力を増強させる食材やサプリメントを摂取するという方法があります。特に効果的なのが葉酸と亜鉛です。コンビニエンスストアでも販売されており料金も比較的良心的となっています。亜鉛は精子を作る源となる成分ですので是非とも日常的に摂取しておきたいものです。

EDを予防するための体操などもあります。特に腰回りから太ももあたりに掛けての血流を促進するためのゴキブリ体操(仰向けに寝て手足両足を天に向け上げてブルブルと震わせる体操)や睾丸マッサージなども挙げられます。

精子は熱に弱い声質を持っているため、あまり温めすぎないということを意識するのもいいでしょう。特にデスクワークが多い方は腰辺りに熱がこもり精子にとって良くない環境に鳴ってしまいます。休憩時間中にストレッチをする、それ以外にも定期的に運動を心がけるなどの工夫が必要でしょう。

EDに効く食べ物・飲み物

EDに聞く食べ物や飲み物もたくさんあります。しかも、特別手に入れにくいものではなく、日常的に簡単に摂取できるものも多いので是非参考にしてみて下さい。EDは血流の停滞により起こりやすい症状ですから血流を促進してくれるものを摂取するように心がけましょう。

・EDに効く食べ物

海藻類、貝類、魚類、納豆等の発酵食品、きのこ類、ネギ・玉ねぎ類、にんにく、すっぽん、生姜など

・EDに効く飲み物

生姜湯、ごぼう茶、なたまめ茶、緑茶など

血流を促進し、陰茎に十分な血液が流れるような環境を作ればEDの予防となります。

【12月最新】精力UPサプリランキング
間違いなし!36ヶ月売り上げNo.1の人気商品!
>>詳細はこちら
信頼の指定医薬部外品!お試しパック有り!
>>詳細はこちら
口コミで大人気!トリプル有効成分が効く!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

ED・中折れで悩む方におすすめ!

【厳選】精力剤おすすめランキング!効果の高い商品はコレ!

使ってみたいけど種類が多すぎて選べない方のために、今回は精力剤の効果と選び方をランキングで紹介していきます!

精力剤でEDや中折れは改善できる?効果・成分を徹底調査!

EDや中折れ、勃起力の低下など年齢を重ねるごとに精力が落ちてきた…。そんな方におすすめの精力剤を解説します!