口臭で困っている時にたった2分でできる究極の対処法*

  • 作成日:2017.01.10
  • 更新日:2017.07.31
口臭
監修

Masahiko Shikaya
フリー医師

唐突に口のニオイが気になることありますよね。でも、ガムもタブレットもない。歯磨きなんかしている時間はない。そんな時に誰にでもいつでもできる口臭の解消法を教えます。

口臭を解消するには歴史を紐解けばいい

27449_1

先人の知恵は日常生活でも頻繁に使われ、重宝されています。長い人類の営みの中で経験から練り上げた手法はいつの時代でも効果を発揮するのです。

今回お伝えする口臭消去法は、忍者が編み出したもの。つまり、忍術です。忍術と聞いて、姿を消したり素早く動いたりというイメージをされるかもしれません。しかし、実際の忍者というのは、薬草の知識や身体の構造を知り尽くし、日々の生活に利用できる術を多く知っていたと考えられています。

忍者は現在でいう潜入捜査などを行い、敵地の生活に溶け込んでいる必要がある場合もありました。時には、情報収取のために秘密裏に行動することも求められたのです。

そうした忍者としての活動を支える技法の中に、口臭を消すための忍術もあったのだといわれています。

口臭を消す忍術とは?

27449_2

口臭を消す忍術は、口のニオイによって存在をが発覚するのを防ぎました。また、同時に水分補給の手段がない時に口の渇きを癒すためにも使われたといいます。テレビなどで紹介されたこともある方法ですので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

それでは、その方法をご紹介しましょう。手順は3つ。2分もあればできます。


1、歯を36回カチカチと噛み合わせる
2、歯茎や歯の裏側などをなぞるように舌を右に12回、左に12回まわす
3、溜まった唾液を飲み干す

たったこれだけで、口臭を消すことができます。

ただし、この方法は虫歯や歯周病をきちんと治療していることが前提になります。忍術でも、口の病気は万病のもとと考えられ、まずはじめに口の環境を整えていることとあるようです。

なぜこれで口臭が消えるのか

27449_3

ご紹介した方法でなぜ口臭が消えるのでしょうか?

そもそも、口臭の原因の9割は口内にあるといわれています。口の中で舌を動かすことにより、汚れなどを取り除くことができます。口の中に残った食べカスなどはニオイの原因になってしまうのです。

また、歯をカチカチと噛み合わせることで、唾液が分泌されます。唾液には殺菌作用があり、ニオイのもととなっている細菌を抑えたり洗い流してくれる作用があります。唾液を分泌させた後で、舌を動かすことで口の中全体を洗う効果が期待できるのです。

もちろん、口臭の原因は口の中以外にもあります。そうした場合には、この方法でも効果が見られないかもしれませんので、注意してください。

食べカスが口臭に繋がるワケとは?

口内に残った食べカスは雑菌の温床になっています。食べ物にもよりますが、食べカス自体がニオイを発するのではなく、食べカスに集まる雑菌が成分を分解する時に、ニオイが生じるのです。

普段歯磨きをしていても、食べカスが残ることがあります。たとえば、歯並びが悪かったり、治療した詰め物が取れたりしていると食べカスが溜まりやすいです。

また、意外な盲点としては舌の裏側があります。歯磨きに集中していると見落としがちな場所になっていますので、歯磨きのついでにチェックするといいでしょう。

ドライマウスが口臭に繋がるのはなぜ?

口の中が乾燥すると、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。すでにお伝えしている通り、唾液には殺菌作用があるのです。また、唾液を飲み込むことで雑菌を口の中から洗い流してもいます。

ドライマウスが進行すると、歯周病や虫歯になりやすくなるといわれています。虫歯や歯周病は口臭の大きな原因ですから、ドライマウスを改善することで口臭の改善にも繋がります。

ドライマウスになってしまう原因の1つには、口呼吸があります。慢性的な鼻づまりなどで口呼吸をせざるを得ない場合や子どもの頃からの習慣で口呼吸が癖になっているケースも。鼻呼吸できる状態を整えることも大切だといえます。口呼吸は病気の要因となる物質やウィルスを直接体内に取り込んでしまう危険性もありますので、速やかに改善するのが望ましいです。

口臭を消す忍術が効かない場合はどうすればいいのか

虫歯や歯周病がないかを歯科医院にてチェックしましょう。歯周病は知らないうちにかかっていることもあり、口臭の原因になっている場合があります。

また、口の中以外の原因によって口臭が発生している可能性も考えられます。胃腸の不調、便秘などでも口臭に繋がることがあります。さらには、糖尿病や肝臓疾患といった重大な病気が隠れているケースも少なくありません。内臓に異常がないか医療機関で検査してもらうことも考えておくといいでしょう。

まとめ

口臭に気づくのはたいていガムなどを持ち合わせていない状況だったりします。歯磨きなどをしている時間もない時には、忍術で状況を乗り越えましょう。先人の知恵には、現代の知識で裏づけられるものも多くあります。忍術と聞くと眉に唾をつけてしまいたくなるかもしれませんが、試してみる価値のある口臭解消法であるといえそうです。

この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

いま注目の人気記事

AGAが気になるなら遺伝子検査…母方の家系の遺伝子がカギを握る[PR]

まだ薄毛ではないけれど、薄毛の家系で将来が不安…そんな人は将来薄毛になるリスクを今のうちに知っておくことが予防策になります。

身体からアンモニア臭がするのは汗が原因?それとも病気?

汗をかくとアンモニアの臭いが…。何かの病気や身体の異常ではないかと心配になりますよね。