抜歯したままの状態でインプラント治療は受けられる?

  • 作成日:2016.12.26
  • 更新日:2017.02.10
健康

相談者さんはかつて抜歯をした経験がありますが、未だに歯を抜歯したままの状態だといいます。歯並びの悪さに悩んでおり、インプラント治療を希望しているとのこと。このような状態でもインプラント治療は受けられるのでしょうか?

20代男性からの相談:「抜歯したまま歯列矯正するのは問題でしょうか」

私は、10代のころに下顎の歯が一本、噛み合わせが悪く割れて抜歯をしました。
ブリッジをしようと考えましたが、歯医者さんに聞くと抜歯した歯の両隣の歯を削らないといけないと聞き、削るのは怖くて嫌だと思い、結局、抜歯したままで歯が1本ない状態です。
また、私は全体的な歯並びが悪く気になっています。歯列矯正をしようと考えているのですが、抜歯したままの歯はインプラントの治療を受けてから、歯列矯正をすべきでしょうか? 教えてください。

似た質問もチェックしてみましょう
>>ダメになった歯を放置すると口が臭くなる

インプラント治療は事前に相談が必要

インプラント治療は歯科医院に行ってすぐにできるものではありません。しっかりとした事前の準備が必要になります。

矯正治療をお考えであれば、先に矯正のご相談をしていただき、その治療計画に基づき、必要であれば、必要な個所にインプラントを行う計画をされるのがいいと考えられます。(歯科衛生士)
歯列矯正をお考えであれば、必ずインプラント治療の前に矯正歯科医へ、ご相談をしてください。なぜかというと、インプラントは、一度入れてしまっては、その位置を変えることができないからです。(歯科衛生士)
被せ物の部分での隙間の調整や、歯の形の調整はできますが、インプラント体=歯根の部分の位置は変えることができないため、矯正治療前にインプラントをおこなってしまうと、矯正治療時にそのインプラントが邪魔になってしまうことがあるからです。(歯科衛生士)

インプラントが不要な場合もある

相談の結果、インプラントが必要ないと判断される場合もあります。

矯正で歯を動かすための固定源にすることの多い第1大臼歯(前から数えて6番目の大きい歯)の部分だとすれば、インプラントを先にという判断もあるかもしれません。また、顎の骨の大きさによってはスペースが足りなくて全ての歯を並べきれず、きれいに並べるためには抜歯が必要となる場合もあります。(歯科医)
場合によってはインプラントの必要はないかもしれないということもあります。(歯科衛生士)
すでに抜歯されている部位や歯並びの状況によってはインプラントが不要となる場合もあるかもしれません。矯正治療を受けるというのが前提でしたら、まず先に矯正専門医の診断を仰ぐことをお勧めします。必要であればインプラント治療を受けるつもりもあることを伝えて、インプラントの治療の時期についてもご相談されるとよいでしょう。(歯科医)
インプラントは一度骨にくっつくと、動かしたくてもほとんど動かすことができません。ですので、基本的には矯正治療を先行させ、インプラントの手術はインプラントを必要とする部位の最終的な状態が把握できてからということになりますが、抜歯した部位や歯並びの状況によってはインプラントが先の方がいいという判断もありえます。(歯科医)

インプラント治療は話題になっている方法ですので、希望したいという方もいらっしゃるかもしれません。ですが、インプラント治療を行うかどうかの判断は歯科医によって決まります。ただ、インプラントを希望している場合はそのことを伝えて相談するといいでしょう。

【10月最新】血圧・コレステロールサプリランキング
世界に認められた最高金賞のDHAサプリ!
>>詳細はこちら
野菜の力を含んだ日本唯一の特定保健用食品!
>>詳細はこちら
圧倒的なコスパ!15円でオメガプラスを摂取!
>>詳細はこちら
この記事を「いいね!」する

スポンサーリンク

血圧・コレステロールを下げたい方におすすめ!

【上130以上は注意!】血圧下げる一番効率の良い方法まとめ

医師から高血圧寸前の宣告を受けた方必見!血圧を下げる1番効率の良い方法を紹介します!

【数値が高いと危険】正常値まで悪玉(ldl)コレステロールを下げる方法まとめ

コレステロールを下げるために運動や食事を気にしている暇なんかない!そんな方のためにコレステロールを下げる1番手軽な方法を紹介します!